記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

ブログを書き続けると、本業でも人の心を揺さぶる文章をかけるようになる

pens-286528_640

ブログを書き続けるとふと気づいた仕事への影響

私は、もともと文章を書くのが好きな方です。

最近はブログを書けば書くほど、上手くなると同時に仕事にも影響が出てきています。もちろん良い影響の方です。

文章が確実に上手くなるのは確か

ブログを書き続けると、文章力が向上するのは確かです。

書けば書くほど上手くなるのがブログです。文章が整理され、研ぎ澄まされてくればくるほど、文章がソリッドに、スリムに、少ない文字数で伝わるようになります。

逆に言えば、文章力を身につけるにはブログを書きまくれば、おのずと上手くなるってこと。

私は先月から1ヶ月ちょっとで100記事くらい書いていますが、文章力が確実についています。

そりゃそうですよね。

今は3000文字を40分くらいで書けるようになっています。毎日ブログ書いていれば、上手くなるのも当然ですね。継続は力なり。

上層部に確実に文章で伝わる

ブログを鬼のように書きまくっていると、上層部に確実に伝わる文章を書くことができます。

大きい組織の場合、イチイチ全ての業務を口頭で報告するのが難しくなります。

直属の上司へ報連相するのは簡単ですが、例えば係長、課長代理、課長、次長、部長などと、とにかく上層部が多い場合は、文章1本書けば、その間他の仕事ができますよね。

文章力が身につくと、例えば報告書にも多くの上層部が注目します。

私の報告書は多くの情報が整理されており、かつ網羅されているので、事実関係だけをそのまま並べた報告書よりも、ソリッドでわかりやすい文章構成になっています。

例えば、1.その事に至った経緯。2.現在の状態 3.意見交換の結論 4.これからどうすれば良いのか 5.情報収集の結果、推論する 6.これからその問題を解決するには、どうすれば良いか。

以上をソリッドにわかりやすく表現すれば、何も言わずにハンコを押して終わります。

上層部だからといって、難しい言葉を自己満足に書かかないことです。あなたの学歴よりも優れた人はいるでしょうか。そうでなければ、上司を精神的に追いつめ、怒りを買うだけです。

単純明快に物事を整理し、ただその報告書のねらいにそって行動するだけです。たまに、アドバイスをもらうだけでOKです。

報告書類にも上司は全くケチをつけなくなる

私の報告書や決裁書関係は、上層部から全くケチをつけられることはありません。

そこに至るまでの内部交渉は、ほとんど済んでいることもありますが、明瞭簡潔に文章として整理されているので、ケチのつけようがないのです。

文章力が身につくことで、仕事の進捗状況が一目で分かる

文章力が身につくと、仕事の進捗状態を整理するのも容易になり、今自分の位置がどこにあるのか、頭の中でも、声に出しても整理されるようになります。

仕事の進捗状態が分かれば、これから自分がどんなアクションを取れば良いのかが一目瞭然です。

ブログを鬼のように書くとこのような効果もあるようです。

文章でも整理ができるように、言葉もわかりやすい言葉がスラスラと出てくる

minions-363019_640

文章がスラスラ書けるようになると、口からでる言葉もスラスラと出てくるようになります。

これには驚きました。

ブログは文章を書くために頭を使いますし、ブログを書くネタを自然に探すようになるので、必然的にアンテナが高くなります。

普段まったく興味がないことにも、興味を持って接することができるので、知的好奇心も高くなり、満足感に浸ることができます。

ブログって、何かすごいような気がしてきました。

頭が良くなると、言葉もスラスラ出てくる感じです。

文章力でFAXでも意思が伝わり、より多くの人の意識を引きつけることができるようになる

ブログで文章力が高くなってきたなあと思っている頃、自分の発信したFAX文章でも、多くの人が興味を持ったり、引きつけられたりすることがわかりました。

ブログとしての文章力だけではなく、フォントの大きさ、自体、見た目のバランスも相手の視覚にダイレクトに伝わります。

これもブログと同じですが、読み手の気持ちになって文章を作るということです。

読み手の年齢層、性別、知能的な面も考慮します。

今では1本のFAXで、多くの人が反応する文章を書けるようになってきました。

文章で相手が極端に反応することも可能になる。それは、確実に相手に文章が伝わっている証拠

多くの人達に読まれ、伝わる文章を書けるようになってくると、一定度の割合で反発する人が出てきます。

これは、ブログでもwebでも同じですが、読まれる文章、人の心を揺さぶる文章を書けるようになってくると、強烈に同意する人もいれば、反発をしてくる人もいます。

これは、文章が相手に確実に伝わっている証拠。

人の心を揺さぶるということは、プラスの影響も出せますし、マイナスの影響も引き出すことができるのです。

読み手が反応するということは、相手に確実に伝わっているってこと。

一定度の反発は相手に確実に伝わっているということで、許容してもOKです。

この記事は、以下のコンテンツページに掲載されています。

ブログ運営で向上するスキルや能力をまとめています。

ブログ運営や記事を書くことで手に入るスキル、向上する能力まとめ

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!



お仕事依頼はこちらから

ブログを書き続けると、本業でも人の心を揺さぶる文章をかけるようになる
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス