記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

ブログ記事が書けない時の「ネタ探し」方法についてまとめるよ

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

ブログ記事 ネタ

いざブログを書こうと思ったとき、「ネタが見つからない・・・。」「何を書いていいのかわからない・・・。」と、記事のネタに困った時はないでしょうか。

私も長らくブログを運営していますが、初めはネタ探しにすごく苦労したことを思い出します。

数年経過した今も、時々何を記事にしたら良いかわからなくなることがあります。

今回は、私が実際にブログネタに困ったときや、普段ブログを書く時にどのようなことを意識しているか、まとめていきたいと思います。

ちなみに、以下はすべてネタ探しのためのインプットの方法だけをまとめています。

ブログは、インプットだけでは良い記事は書けません。

インプットしたら、アウトプット(ブログ記事を書く)を繰り返すことで、良い記事が書けるようになります。その点は、注意しながら見ていただければと思います。

ではいってみよ~。

「知識」を積み重ねてネタを生み出そう。

けぴお
全然ブログが書けない・・・。
ミニウサギさん
じゃあ、知識を記事にするコツを紹介するね!

ブログは知的生産の1つ。インプットの質がブログの質にもかかわることを覚えておこう。

ブログは、個人が情報発信する「メディア」です。

私達がメディアを運営するにあたっては、すでに存在しているメディアを参考にします。

すでに存在するメディアとは、テレビ、ラジオ、新聞、ニュースサイトなどがありますよね。

テレビは映像、ラジオは音声、新聞やニュースサイトやコラムサイトは文字で伝えるメディアです。

ブログは「文章を伝える」メディアです。つまり、メディアを運営するにあたっては、新聞やニュースサイト、コラムサイトなど、文章を通して情報発信するメディアが参考になります。

例えば、東洋経済オンライン日経ビジネスオンラインは、政治や経済を読み解いた上で、主張するメディアです。

読者は、ジャーナリストや記者など「文章にかかわる人」が愛読しています。

こういう人達は、どうやって記事を書くかというと、とにかく色々な文章に目を通し、自分の知識を増やして主張となる文章を作成していくのです。

ここで話を戻すと、ブログは経験や知識から生み出されるものであり、「知的生産活動」の1つです。

メディアはメディアに習えです。

ブログが書けない時は、意識的に本や新聞、ネット記事、雑誌、週刊誌など、質の高いインプットをすることで、「質の高いアウトプット」が出来るようになります。

ブログ運営者にとって、お金を出して知識を得ることは「質の良い文章をインプットできる投資活動」です。

積極的にお金を出して知識を増やしていくと、良いブログが書けます。

以上は、大事なことなので覚えておきましょう。

図書館に行って、興味のあるジャンルの本を読み込もう。

ネタ探しに困ったときは、図書館に行ってみましょう。

図書館には大量の本が並べられていますので、本の帯を流れるように眺めていきます。

そして、自分が気になった本を手に取って読みましょう。家でゆっくり読みたい時は借ります。

図書館の良いところは、発売されたばかりの本だけではなくて、以前の本も置いてあるところです。

手にとった本こそ、自分が興味のある本です。ネタが見つからない時は、自分の興味のあることを見つけ、強化していく方法が良いです。

自分の興味のある本を見つけたら、そのジャンルの本を5冊借ります。

初心者向けのイラストや図が多いものと、上級者向けの専門用語が多い、難しい専門書まで5冊借ります。

読み込めば、そのジャンルには詳しくなります。

知的生産は、知識と経験を上手く組み合わせることで、新たな記事ネタが生まれます。

新聞は毎日見よう。自分の興味のあるジャンルのネタが分かってくる。

新聞は、決して政治、経済、国際問題ばかりを扱っているわけでありません。

地方紙(例えば、秋田新聞などその県にしかない新聞)では、地域のことも網羅的に書いてあります。

一番初めに「ネタを探すときは、様々な文章に目を通すことが大事」と書きました。

いつ何どき、自分の脳にヒラメキが生まれるか分かりません。だからこそ、新聞は毎日読むことをオススメします。

私は、地方新聞を定期購読し、週2回朝日新聞と、日本経済新聞をコンビニで買って読んでいます。

近々、タブレットを購入してデジタル版を定期購読する予定です。

質の高いweb記事を見よう。

web記事は、個人ブログ含めてプロからアマチュアまで様々な人が記事を書いています。

ただ、一読者の立場で考えても、どの記事の質が高くいのかなんてあまり分からないと思います。

記事はブログの書き手としてレベルアップすることで、記事の質が高いか低いかというのは分かってきます。

ポイントとしては、記事が読みやすいか、読みやすくないかで判断しましょう。

読みやすい記事というのは、読者を意識して記事を書いているかという、書き手の愛情が表れています。

私はビジネス系など硬めの記事が多いので、以下は参考程度にしていただければと思います。

東洋経済オンライン

日経ビジネスオンライン

BLOGOS

朝日新聞デジタル

ライブドアニュース

気になったブログは定期的に見よう。

個人ブログでも、ブログのプロフェッショナルとして活動している方(ブロガーといいます)を多く見かけるようになりました。

以下は有名な方ですので、参考にしてみてください。

らふらく

やぎろぐ

株式会社 LIG

まじまじぱーてぃー

染谷昌利ブログ

面白ハンター

はあちゅう

ヨッセンス

多角的な視点を身に付けるための「海外メディア」にも目を通してみよう。

海外のメディアも脳に刺激を与えて、インプットの質を高くすることができます。

コツとしては、「海外の人ってこんな生活をしているんだー。」という素朴な驚きを持つと良いです。

国による考え方の違いや文化の違いなど、日本と比べてみることで新しい気付きを得ることができます。

以下の記事では、日本語対応している海外メディアを紹介していますので、参考にしてみてください。

多角的な視点を得るための「海外メディア」一覧を紹介するよ

ツイッターはネタの収集に便利なSNS。

ツイッターはネタを集めるためには、「使えるツール」と思っています。

先ほど紹介した上記のブロガーさんは、ブログ業界でプロとして活動し、影響力のある人達(インフルエンサーといいます。)です。

ツイッターをフォローして、毎日チェックしていくと、記事ネタの参考になるようなツイートや記事を紹介してくれます。

マメにチェックしてみましょう。

経験や体験を増やしてネタを生み出そう。

上の項目では、知識を積みかさねて「記事ネタ」を生み出す方法をまとめてきました。

次は、経験や体験を増やしてネタを生み出す方法をまとめていきます。

けぴお
なぜ、経験が多いと記事ネタが書けるんだろう?
ミニウサギさん
まずは、その理由から考えてみよう!

経験や体験が多いほど、記事が書ける。

プロのブロガーとして活動している、染谷昌利(染谷昌利公式ブログ)さんの言葉を借りたいと思います。

ブログは、記事の量×記事の質であり、これを分解していくと、

・量=数

・質=視点×文章力

・視点=知識×体験

・・・

と、掘り下げて分解していきます。

全て「掛け算」であり、どれかが欠けていても、結果は低くなるということを示しています。

この記事でも重要と見ているのは、「知識×体験」です。

色々な体験(経験)を増やすことで、マンネリ化した脳が刺激を受け、知識と組み合わさることで記事が書けるようになります。

では、具体的な方法については、以下で詳しくお話ししていきます。

町を歩いてみよう。

私は地方在住で、普段は車移動が多いです。

たまに町を歩いてみると、景色がゆっくりと流れるので、新しい発見をすることができます。

また、ウォーキングは有酸素運動であり、脳に酸素を供給しますので「脳が活性化」します。

私もジョギングやウォーキングで、ブログ記事を思いつくことがよくあります。

ドライブしてみよう。

逆に、都心部で普段歩くことが多い人は、休日に「車」で景色を見ながらドライブしてみましょう。

普段と違う景色の見え方に、驚くはずです。

素朴な驚きや発見の多い、体験を増やしていきましょう。

旅に出よう。

プロのブロガーさんは、積極的に旅に出ています。

中には国外にあえて住み、現地での生活や文化をつづる人もいます。

自分の体験や経験を増やす意味では、有効な方法です。

子供が小さくてなかなか遠出できない人も、日帰りで行けるコースで旅に出てみることをオススメします。

新しい人に会おう。

人と会うことも、体験や経験を増やす方法です。

いつも同じ職場、同じような会話では脳が刺激を受けず、体験が増えていきません。

プライベートでも、積極的に人と出会い、コミュニケーションを増やしていくことで経験値を増やしていきましょう。

ブロガーとして活動している人に会うのも、良い刺激になりますよ。

転職や異動も刺激になる。

転職や職場の異動も、経験を増やす方法です。

私の経験でも、同じ場所に5年以上とどまり続けるとマンネリ化してきます。

異動は自分で決められるわけではありませんし、組織の規模にもよります。

ブログのために、あえてプラスに考えるのも面白い方法だと思います。

まとめ

ブログのネタを探すには、インプットの質を高めることとお話をしてきました。

インプットの質を高めるには、

・知識を増やすこと

・体験、経験を増やすこと

以上を意識してみてください。

ただし、冒頭でも言ったように「インプット」と「アウトプット」は繰り返しの中で良い記事が生まれてきますので、書かなければ上達しないのも事実です。

最初から良い記事は書けないので、まずは1年間毎日繰り返すことで徐々に上達してくるでしょう。

毎日記事を書く方法は、以下でまとめていますので参考にしてみてください。

【1日1記事更新】毎日ブログを書くにはどうすれば良いかまとめるよ

以上、『ブログ記事が書けない時の「ネタ探し」方法についてまとめるよ』でした。

ではまた^^

この記事は、以下のまとめページに掲載されています。

ブログメディア運営で「新しい仕事を創る」起業方法まとめ

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

ブログ記事が書けない時の「ネタ探し」方法についてまとめるよ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス