今後は服の買い方を変えて、自分の価値観に合わせようと思う

価値観 服 買い方

先日ショッピングに行ったとき、ファッションについてアレコレ考えることがありました。

自分の価値観は、

・自分に合った服を長く身に付けていたい

・壊れたら補修したい(自分で直せば勉強にもなるけど、できない場合はプロにお願いする)

・トレンドは意識するけど、できれば流行に流されない服が欲しい

です。

このような価値観に合わせた服の買い方をしようじゃないかと。

今日はここを考えていきます。

安い服では、どんなにお気に入りでも長く着続けられない

私はユニクロとかGUなどで、よく買い物をします。

理由は簡単で、流行しているモノをそこそこの値段で買えるからです。

自分の体形にピッタリ合った服もあるので、好き。

でも、短くて1シーズン、長くても2~3シーズン着られればそれで終わり。

色あせもあるし、そもそも長く着続けようという気にならないのです。そうなると、店のリサイクルコーナーに出すか、捨てるしかありません。

ただ、イキルメディアのDIY記事一覧のように、自分の価値観とはズレがあるんです。

どんなにお気に入りでも、安い服は長く着続けられないことに改めて気付かされました。

お手入れとともに、「自分と一緒に育つモノ」を考えて買う

つい先日お手入れしたのは、アディダスのスタンスミスです。

毎日履き続けたシューズなのでかなり汚いです。でも、天然皮革なのでお手入れするとメチャクチャキレイになります。

シューズとしてはそれなりの値段もしますが、自分と一緒に育つことができます。

ちなみに、以下のビジネスシューズはブランド品ではありませんが本革です。

お気に入りなので、修理しながら10年間履いています。

▼革靴のしわの取り方、伸ばし方の方法をまとめるよ

これからは安いモノを毎年買うのではなく、値段が高くても長く身に付けられるモノを買おうと思っています。

本当に質の良いモノには「温かさ」がある

とはいえ、なんでもかんでも高いモノに価値があるかというと、実はそうでもありません。

例えば、無印良品のオーガニックコットン製品は値段はそれほどしませんが、肌触り感は最強です。

肌触りが良いだけでなく、温かみや優しさを感じます。

長袖Tシャツは肌に触れるとすごく気持ちが良くて、ずっと着続けていたい感覚があります。

ハンカチもすごくいい。でも500円くらいしかしません。環境とか人への配慮など、企業の姿勢も製品に現れるのかなと思います。

安いモノは「消耗が激しい部分」にする

では、「安いものは買わない!」と決めてしまうのもどうかと思います。

例えば、消耗が激しい部分はどうでしょうか。消耗品の見方として。

・パンツや、Yシャツの下に着るインナー

→ ユニクロのエアリズムやヒートテックにする

・会社用の靴下(黒)

→ GUの5足セットにする

・家で着るスウェット上下

→ユニクロかGUで

直接肌に触れるので、オーガニックコットンを取り入れたい気持ちもありますが、今までのメーカーを切り捨てるだけではもったいないですよね。

毎日身に付ける必要があって消耗するものに取り入れるのがいいかも。

他にも、シャツやジャケット、スプリングコートなどは質の高いものを買ってボタンを開け、下に着る長袖シャツや長袖TシャツをユニクロやGUにするという手もあります。

今後欲しいモノや服の買い方を考える

今後は、

・靴(ビジネスシューズ、スニーカー)は少々高いけど、長持ちするモノを

・ジャケットやコートも、安いモノは買わずに長く着続けられるモノを

・インナーなどの消耗部分のモノは、安くても良しとして

・アクセサリー系(時計、財布など)一点物は、一生モノを長く使うこととして

(オメガの腕時計は15年以上修理しながら使っています)

こんな感じで、自分の価値観を把握した上で、ポリシーに従ってモノを買う。

価値のあるモノを見極めて、自分に合ったモノを長く身に付ける。

以上のように生きていきたいと思います。

価値観を時々見直したり、合わせたり、軌道修正をしてみるのもいいですね。

以上、「今後は服の買い方を変えて、自分の価値観に合わせようと思う」でした。

ではでは^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
今後は服の買い方を変えて、自分の価値観に合わせようと思う
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

コメント

  1. ヨッシー より:

    ランキングより伺いました。
    いいものを長く大切に使ういいことですね!
    参考になりました。
    応援完了です。