革・レザーベルトのDIYお手入れ方法を説明するよ

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

ベルト 革 お手入れ

長年使い込んだ革のベルトが、そろそろヤバイことになっているので、DIYでお手入れしていきたいと思います。

では行ってみましょう!

10年使い込んだベルトの状態チェック!

革 ベルト ハガレ

一番ヤバイ状態部分です。

革の縫い糸がほどけて、パックリ割れています。

今回は接着してから縫いますが、いずれは革全体を交換しなければならない部分

毎日仕事に着用し、10年間何もお手入れしないとこうなります。きちんとお手入れしていれば、ここまでは劣化しません。

ああ・・。悔やむ・・。

革 ベルト 劣化

割れた部分の表部分です。劣化が激しいですね。

スレてボロボロになっています。

バックル 劣化

同じく裏面も「すれ」が激しいです。

バックルを通す部分で、一番負担がかかるんでしょうねー。

ベルトのバックル部分。

曇った感じになってます。これも、キレイになるのかなーと不安に思いつつ。

バックル ヨゴレ

その裏側も同じく曇っています。

劣化は、日々進むので気付かないうちにここまで汚くなっています。

もっと早く手を打っておけば良かったなー。

バックル 汚れ

バックルの横部分。

バックル ハゲ

反対側の横も写しておきます。

さて、DIY修理の開始~!

革ベルトのDIY補修・お手入れスタート!

けぴお
それでは、革ベルトの補修をまとめていきますよ~。

「ウルトラ多用途ボンド」で、革を接着していきます。

ウルトラ多用途 ボンド

私のDIYで使用している、ボンドです。

ほとんどの素材が接着可能で、他のDIYでも相当使っています。

信頼があるのでいつも使ってます。1本あると超便利です。オススメ。

ウルトラ多用途 ボンド

ボンドのパッケージにも書いてありますが、ほとんどの組み合わせがOKです。

今回のように「革」と「革」をくっつけるのも大丈夫です。

以下の記事でもバンバン使っていますので、参考までにリンクを載せておきますね。

ビジネスバッグのふち(パイピング)修理方法をまとめます
ビジネスバッグのふち(パイピング)修理方法をまとめていきます。 今回の修理方法は、革を張り付ける方法でどちらかというと「簡易的...
【DIY修理】タンスの引き出しを修理する、いたって簡単な方法
タンスにの引き出しがボロボロに壊れてしまったので、以前修理したところも併せて、もう一度修理することにしました。 慣れると、結構楽しいで...
【簡単DIY】こたつの足のぐらつきを修理しました
こたつが恋しい季節になってきましたね。 我が家でも、こたつの準備をしていましたが、足が一本グラグラするんですよ。 今回は足のぐら...
ポメラDM100の、底面のゴム足をDIY修理しました
今日はブロガーの最強ツール「ポメラDM100」の裏面のゴム足(滑り止め)が取れていたので、自分で修理してみることにしました。 ...

このボンドは素材によってイチイチ接着方法を考えなくて良いので、面倒くさがりな人にオススメです。

本当は革専用のボンドもあるのですが、こっちの方を選んでしまいます。

ボンド 革 貼り付け

早速塗っていきます。

さきほど、「革と革をくっつける」と書いていますが、正確には「革」と「中に入っている布」との接着になります。

それでも大丈夫ですよ~。

革ベルト 圧着

指で押さえます。

あまりつけすぎると、ブジャ!っと中から出てくるので、慣れるまで加減が少し難しいかも。

15分で接着し、24時間で完全に硬化します。

ボンドが硬化した後に、革の両サイドを縫っていますが、あまりキレイにできなかったのでカットします・・・。

今後は、革自体の交換が必要です。

バックル部分を「鏡面磨き!」

コンパウンド

以前買った、車のボディ用の「液体コンパウンド」です。

今はバージョンアップ品を販売しているようなので、以下の商品でOKと思います。

コンパウンド 塗る

タオルを準備するのが面倒だったので、ちり紙を使ってみました。

コンパウンド 磨き

ちなみに、ちり紙では上手く磨けません!

しかも、ちり紙のカスが散乱するのでやめときましょう。

タオルやウエスをオススメします。

コンパウンド 磨き

一応参考まで。ちりがみで磨いています。

コンパウンド 黒くなる

ホラ!ちり紙が真っ黒!

うまく削れている証拠です。

タオル コンパウンド 磨く

部屋がちり紙だらけになるので、タオルを切って使うことにしました。

面倒くさがらずに、最初からタオルを使うことをオススメします・・。

磨く→コンパウンドを付ける→磨く→付ける・・・。

と、キレイになるまで繰り返し磨き続けます。

磨き続けると「キュキュキュキュ!!」と音がなるので、「おお磨かれてるぞ~!」と嬉しくなります。

タオル 汚い

ほら!タオルがこんなに真っ黒。

タオル 汚い

こんな感じでキレイになります。

バックル 鏡面磨き 完成

全然違いますね。

分かりやすいように、ビフォー、アフターも貼っておきます。

ビフォー アフター 1

ホラ!全然違うよ!うれしい!!

やったー!

バックル ピカピカ

横もツヤピカ。

ここまでキレイになるとは・・。

横の部分もビフォー・アフターしておきます。

ビフォー アフター 2

くはー!気持ちいい!!

さて最終工程にいきましょう。

ワックス「クレポリメイト」を使ってバックルを守ります。

クレポリメイト

これも、車用のものです。

せっかく鏡面磨きをしたので、長く保てるように吹き付けします。

こだわりが無い場合は、特にいらないと思います。

今回は、たまたま家にあったので使いました。

クレポリメイト 磨く

ちり紙を下にして、吹き付け。

ちり紙でサッと拭き上げるだけ。

クレポリメイト 磨き

というわけで、サクッと完成。

革のベルト全体に、栄養ワックスをかけていきます。

100円ショップで買った、革用ワックスです。

ちなみにベルトの場合は、無職タイプのものを使いましょう。私は以上の物を使って失敗しています。

スラックスが黒くなってしまいますから!

無色タイプのレビューは記事してありますので、以下参考にしてみてください。

スタンスミスがDIY予算「324円」でお手入れ!新品同様キレイになるよ
アディダスのスタンスミスは、ワタクシ大のお気に入りです。 スタンスミスはスニーカーですけど、天然革を使用しているのでそれなりの...

※ただし、100円ショップの物は信用性がないので、今後は少し高いものを使おうと思います。

ワックスを塗る。

磨き

ワックスがついていないタオルで磨く。

完成!

完成

ということで、完成!

これで、しばらくは使えそうですね!

ベルトの革はもう少ししたら交換しようと思います。

DIYは他にも色々やっていますので、以下参考にしてみてくださいね~。

【DIY】 修理する・直す・作る

【DIY】 修理する・直す・作る
DIYのページです。 私は自分で修理したり、作ることが大好き。 例えば、 ・少し高いものを買って補修や修理しながら...

ではまた^^

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

革・レザーベルトのDIYお手入れ方法を説明するよ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス