記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

ブログを書く時間を作るには「やらなくても良いことを決める」こと

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

ブログ 書く時間 やらなくても良いこと 決める

ブログを書く時間を作ることは、サラリーマンと兼業している方にとって重要なポイントの1つです。

私もそうですが、仕事をしながら毎日ブログを書くのは実に大変なことです。

今回は、ブログの時間を捻出する方法の1つとして「やらなくても良いことを決める」ことについてまとめていきます。

ブログ記事をコンスタントに生産するために「やらないことを決める」時間管理術まとめ

ブログを書く時間を作るには、毎日の時間の中にいかに意識的に時間を作れるかにかかっています。

ではまとめていきましょう。

行事は夫婦で分担し、全てに参加する必要はないと考えよう

子供がいる家族の場合、休日になると行事が沢山あります。

保育園、幼稚園、小学校、中学校まで行事はずっと続きます。

中学校になれば、部活動の送迎も出てきますし、地域行事への参加もあります。

会社員として働いていると、平日はビッシリ仕事があり、休日はPTA行事や部活動、地域活動に追われてしまい時間がありません。

私もそうでしたが、体の健康を維持するので精いっぱいです。

ブログを書く時間を作るには、学校行事は夫婦で交代参加することや、本当に出席の必要があるかどうかを考えて出席しましょう。

ただ、学校行事は子供の関係もあり、できるだけ参加した方が良いと思う人も多いはず。

その場合は、その他の行事で「自分が参加しなくても全く問題ない」ものから、除外していくことをオススメします。

何もすべて参加する必要はありません。

夜遅くまでお酒を飲む必要があるのか考えよう

やらなくても良いことの1つに、「お酒」があります。

私はお酒が好きなので、毎晩のお酒が楽しみの1つです。

ただ、お酒を飲みすぎると眠くなります。

眠くなると、ブログを書く時間が無くなりますし、頭が思うように働かない状態になり、生産性が落ちます。

お酒はごはんの際に1~2杯までにしておくことも良いですし、夜遅くまで飲み歩きすることが果たして本当にやるべきことなのかを考えてみましょう。

タバコは吸う必要があるのか考えよう

タバコも時間を食う行動の1つです。

例えば、2時間に1回10分の時間がかかるとすると、12時間のうち1時間はタバコを吸う時間に占領されてしまいます。

お酒は適量を飲めば健康に良いですが、タバコは百害あって一利もありません。

頭の中は常にニコチンに支配されていて、イライラもします。

タバコは吸う必要があるかどうか、やらなくても良いことの1つではないか考えてみましょう。

禁煙したい方は、以下の記事が参考になると思います。

禁煙方法ランキングの1位は以外にも「我慢」だった!

睡眠時間は6~7時間を確保する

私は以前、睡眠時間を削ってブログを書き、体を壊したことがあります。

人間の最適な睡眠時間は6~7時間が最適と言われていますので、睡眠時間は必ず確保しましょう。

そのためには、どうしたら良いかというと、毎日決まった生活リズムを作ることです。

最低限、起床時間と就寝時間を決めることで、睡眠時間を確保できます。

やらなくても良いことが分かると、生活にメリハリが生まれる

やらなくても良いことを決めると、心が楽になりますし時間が捻出できます。

また、生活にかかる無駄な時間がなくなり、同時にメリハリが生まれます。

・心身の安定と、

・時間が生まれること、

以上があって、初めてブログは書けます。

ブログに慣れてくると、コマギレ時間で書くこともできるようになりますが、疲れすぎていては書けません。

自分がやるべきこと、やらなくても良いことをきちんと決めておき、メンタルや体力を良好に保ち、そして時間を作ること。

それによって生活のメリハリがつき、安定的にブログ記事を書き続けられるのです。

この記事は、以下のまとめページに掲載されています。

ブログメディア運営で「新しい仕事を創る」起業方法まとめ

top image is Designed by Freepik

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!



お仕事依頼はこちらから

ブログを書く時間を作るには「やらなくても良いことを決める」こと
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス