ブログのアウトプット力(記事を書く力)を強化する8つの方法

ブログ アウトプット力

ブロガーにとって重要なアウトプット力。

アウトプット力とは「書くチカラ」のことです。

ブログを続けることが難しいと言われる中で、私は継続的にブログを書かないだけでイライラしてきます。

それだけ「自分の居場所で書くこと」を愛しています。書くことが大好き。

ただブログを書く人の状況は人それぞれ。

好きで書いている人もいれば、伸びずに苦しくなっている人もいると思います。

ブログを始めたばかりで何をどうしたら良いのかわからない人もいるでしょう。

今回は、ブログのアウトプット力を強化するための方法をまとめていきます。

ブログのアウトプット力を強化する8つの考え方と方法

ブログのアウトプット力を強化する方法をまとめていきます。

ツイッターは手軽なアウトプットの場所

私はfacebookよりもツイッター派です。

ツイッターの方が、短い言葉で手軽にアウトプットできるのです。

気になったメディアの記事や、ブロガーのツイートなど、誰かの思いをサクサク読んで自分なりの言葉でリツイートしたりできます。

これは、短時間でインプットとアウトプットを繰り返していることになります。

注意点は、ボーっと眺めていると無駄に時間だけ過ぎてしまうことです。

自分にとって役に立つ情報を手に入れ、自分なりの言葉で出すということを繰り返してみましょう。

ツイッターはアウトプットの練習ができます。

先日行われた東北ブロガー会で、私がセミナー中にしたツイート数は41です。

メモ的にツイートした部分は大きいですが、聞いたことをすぐに出すことでアウトプット力を強化できます。

ツイートは誰かの役に立つことを意識しよう

ツイートは役立つ情報に良い反応があります。

ただ、自分の言葉が誰かの心を揺さぶり、刺さるかと言ったらそうでもありません。

なので、誰かの役に立つ情報を手に入れたら積極的にリツイートしてみましょう。

リツイートするだけでも、自分のフォロワーが反応します。

自分の言葉も重ねれば、それ自体もアウトプットになります。

私はブログ運営当初は自分の言葉や思いを書くだけで、決して誰かの為に役立つものではありませんでした。

ブログ記事を書くことイコール、誰かの役に立つ情報を書くことです。

だからこそ、ブログよりも簡単にできるツイッターをオススメします。

とにかく数をこなそう。

ブログは書かなければ書けなくなります。

私は今でもブログ記事を丸1週間書かなければ、記事の作成能力が落ちます。

できることなら毎日書きましょう。

サラリーマンとして働くようになると、1日最低でも8時間は拘束されます。

結婚し、子育てが始まればますます自分の時間が無くなります。

もし、あなたが学生であれば、お金はないけど「時間」があるのではないでしょうか。

だとしたら、毎日ブログを書きましょう。

ブログは書けば書くほどアウトプットの質が高くなり、同時に情報をキャッチできるインプットのアンテナも高くなります。

私は運営1年間で約650記事くらい書きました。

でも、サラリーマンとして働きながらだったので、風邪をこじらせてしまい2週間寝込んだことがあります。

寝床でも上半身を起こしてブログを書き続けました。(それが原因・・)

でも、それだけ数をこなしたからこそ書けるようになったと思っています。

沢山記事を書けば書き方の「型」ができる。後はセオリーに従って書くだけ。

記事を書く「型」は、沢山書くことによってできます。

この記事もセオリーに沿って見出しのタイトルを書き、文章を書いています。

私の場合、ブログの記事タイトルを思い付いたら、見出しを書いて項目にしていきます。

例えば、

ブログタイトル:ブログのアウトプット力(記事を書く力)を強化する8つの方法

(見出し)ツイッターは手軽なアウトプットの場所

(見出し)ツイートは誰かの役に立つことを意識しよう

(見出し)とにかく数をこなそう。

・・・・・

・・・・・

という形で、サラッと項目に出して全体構成だけ作ります。

その後文章を追加していきます。

記事の構成は特別に考え抜いたものではなく、単純に数をこなしたからこそ自然にできるようになりました。

文章を作成する仕事はweb関係だけじゃない。普通の会社にもチャンスはある。

「これから文章に携わる仕事をしたい!」と思う方もいると思います。

都会のようにwebメディアを運営する会社や、情報発信に理解のある会社であれば良いでしょう。

でも、地方にはそれほどカッコイイ(良く見える)仕事はないのが実情です。

なので、学校を卒業して地元で働きたいという人は、普通の会社でも文章作成の仕事につけば良いのです。

例えば職種としては、

広報、企画、総務、営業など多岐に渡ります。

・支店に対し、新しい規則や情報を収集した上でわかりやすく発信する仕事。

・営業企画では、提案書をまとめる。

・総務であれば、社内広報誌を記事としてまとめる。

・広報であれば、メディア向けプレスリリースを作成したり、メディアが動くようなリリース記事を書く。

などがあります。

地方の会社でも、文章を作成する仕事は意外に沢山あります。

何が何でも東京でしかできない仕事ではありません。

見渡せば色々あるんです。

書けば書くほどアウトプット力は向上する。

以上のように、ブログは書けば書くほどアウトプット力が向上します。

ぜひ、書きまくって自分の書くチカラを鍛えていってください。

書けば書くほど、自分が訴えたいことがスリムになり、分かりやすくなります。

無駄のない文章は、沢山書いたからできることなのです。

経験を増やそう

ブログの記事は【経験】×【経験】で幅がグンと広がります。

経験は知識になり、知識と知識がかけ合わさって「新たな知恵」を生み出します。

第3回東北ブロガー会 染谷昌利さんブログセミナーで分かったこと

以上でも学んだことですが、自分の専門分野を掘り起こすには、

・ 得意な事、好きな事、経験したことこそが優位性になり、
→専門分野を最大限活かす
●自分のできること、実績、他人からの評価をすべて書き出す

行動しよう、文章を読もう

ブログの書く力を身につけるためには、経験を増やすことだったり、行動したり、他の人が書く文章を読むことをオススメします。

経験増やすという意味では、社内異動で叶うならそれに越したことはありません。

今はサラリーマンを辞めて食べていく人が沢山います。

一方で、会社の異動で新しい風を自分に吹き込むこともできます。

経験が増えれば自ずと視点が変わり、ブログの作成能力が上がります。

文章を読むことも、書く力になります。

自分にとって最良の選択肢が得られるようにしましょう。

行動では、東北ブロガー会に参加し一気に視野が広がりました。

第3回東北ブロガー会 主催~ギガ盛りブログ飯 染谷昌利出前セミナー~で学んだことまとめ

これも、勇気を出して一歩踏み出した先にあります。

もし、あなたが東北でなければ関東や四国、九州などに同じような勉強会を探して参加してみましょう。

一人で必死にブログを書くことは大事ですが、上手くいっている人から吸収して自分なりに活用した方が効率が早いです。

文書では、本や新聞など積極的にプロが書いた文章を読んでみてください。

1日5分でも10分でも良いので、毎日継続して読むことをオススメします。

文章はネットメディアやNHKオンラインも良いでしょう。

文章でメシを食っている方々の文章は、息がつまることなくスラスラーっとリズムよく読めます。

何事にも興味を持とう

何事にも興味を持つとインプットのアンテナが高くなり、視点に変化がおきます。

普通の人が気付かない細かい部分や、角度を変えて物事を見る能力が上がります。

なので、何事にも 「え?何コレ?」「おやっ?」と好奇心を持ってみましょう。

興味を持って調べ、ブログに書いたりツイッターに投稿することで、頭の中で興味と興味が重なり合います。

興味の対象は知識になり、視点が増えると同時に記事の作成能力が向上します。

自分の視野に入るものには、何事にも興味を持ってみると、意外なインプットになりますよ。

もちろん、アウトプットと同時にすることが前提です。

以上、「ブログのアウトプット力(記事を書く力)を強化する8つの方法」でした。

この記事は、以下のまとめ記事へ掲載しています。

他にも役に立つ記事があると思いますので、チェックしてみてください!

ブログメディア運営で「新しい仕事を創る」起業方法まとめ

http://middle-managerblog.com/?page_id=6080

トップ画像Designed by FreepikDesigned by Freepik

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
ブログのアウトプット力(記事を書く力)を強化する8つの方法
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス