書籍「レジリエンスの鍛え方」に学ぶ、精神的弾力性の重要さ

レジリエンス 鍛え方

久しく面白い本に出会ったので、「レジリエンス」=(精神的な強さや弾力性)について書こうと思います。

私は以前に心の病を患ったことがあり、レジリエンスの重要は痛感するところです。

私の気付きや発見も含めて、まとめていきます。

ネガティブな感情が沸いたら、即座に対処しよう

怒りがフツフツとこみ上げてきたり、悲しい、つらいなどのネガティブな感情がおこりますよね。

大事なのは、その日のうちにネガティブ感情に対処することと、自分なりの対処法を見極めておくことです。

私が実践しているのは、運動系(ジョギング、筋トレ)と、筆記系(ブログを書く)です。

最近思うのは、ブログとの向き合い方が以前と変わってきたことですね。

以前は、もっと心の叫びを文章にしていたし、文章がグチャグチャでまとまりがありませんでした。

今はブログを生産すること(書くこと)自体が癒しにつながるようになりました。

音楽もいいですね。カラオケを歌うとスッキリします。

自分に合った方法で、すぐにネガティブ感情に対処しましょう。

うつ病や燃え尽き症候群にも、日記は効果あり

私の経験上でも、日記が「うつ病」や「燃え尽き症候群」に効果を感じています。

書籍では、実際に医師がうつ病患者に勧めるそうです。

私は手書きの日記ではなく、ブログで書いています。

以下は、私が実際に書いた記事です。

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)の回復方法・克服方法まとめ

今は記事としてまとまっていますが、何度も何度も修正しています。

最初は、自分を癒す為だけに感情のみで必死に書きなぐり、半年以上書き続けて元気になりました。

ブログはレジリエンスを鍛えるツールです。

好きなこと、夢中になる「フロー状態」はストレス解消になる

時間と我を忘れて、何かに夢中になることの大事さについて書かれてありました。

夢中になっていて、いつの間にか時間を忘れてしまうことってありませんか?

私はブログそのものです。

1日中ブログを書いていても、全く苦痛ではありません。

むしろ、ずっと記事を書き、編集していたいです。

まさに、これがフロー状態と言えます。

夢中になって、1つ1つの記事が完成していく喜びは大変感動します。

自分にとっての「フロー状態は何か?」を探してみましょう。

自分の内面から生まれる「すべての感情を受け入れて」自然体で生きよう

自分の良い感情も悪い感情もすべて受け入れて、さらに「自然体で生きること」の大事さです。

感情を押し殺したり、感情をだまして生きるのではなく、

・自分に沸き起こる感情にきちんと向き合うこと、

・良い感情、悪い感情にきちんと気付くこと、

・そこを踏まえて、自然体で生きること、

これが最強のレジリエンスです。

自分という存在をよく知ることが、自然体で生きる方法につながるのかもしれないですね。

▼今回、読んだ本です。

この記事は、以下のコンテンツページに掲載されています。

色々な書籍レビューを書いています。

書籍・本のレビュー、感想、書評まとめ

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
書籍「レジリエンスの鍛え方」に学ぶ、精神的弾力性の重要さ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス