記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

仕事がイヤでイヤでたまらなくても、1つ以上逃げ場所があれば、なんとか生きていけます。その理由とは?

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

entrepreneur-593371_640

会社って楽しい?そんなわけないですよね。その理由など

会社ってどうですか?ウンザリするほどイヤじゃありませんか?

私はもう大嫌いな存在です。もう面倒くさいんです。上司より社長より仕事しても、実績出しても、給料増えないんですもの。

変にライバル意識もたれるのも面倒くさいし。

それが、私の一番の大嫌いな理由です。

1日8時間以上、イヤな仕事を強制され、拘束されるから

1日8時間以上、会社に拘束されてどうですか?

私は毎日吐き気がするほどです。

しかも、結構な責任のある仕事をしているので、内部交渉も、外部の交渉も色々あります。

好きな仕事なら良いのですが、業界自体好きじゃないので、本当イヤでイヤでたまりません。仕事じゃなく、業界と組織がイヤでたまらないのです。

会社は、なぜ出勤しなければならないのか?と、考えたことはあります?

従業員は見張っていないと、遊び出すので、管理者が必要だ!という考えから出勤ということなんでしょうね。

出勤しなくても結果出せるので、もう会社行かなくても良くない?ってのはダメでしょうか。

自分で何も決めることができないから

結局、部門長などの管理職(課長以上)じゃないと、物事決められません。

全部、上司に相談しか実行しないと、外野から上司と相談したのか、おまえが勝手に決めたんじゃないかとか言われる始末。

「そんなに私の仕事は信頼ないんかい!!」と思わずツッコミを入れたくなります。

面倒なんですが、スムーズに仕事を進めるには、上司に相談したという結果さえあればいいんです。

いいんですよ。自分が進めたい方向で、上司を説得すればいいんですから。

自分で何でも決めることができないサラリーマンは、やっぱり面倒くさいです。

上司を選べないから

上司を決められないのは、サラリーマンの常識です。

でもよく考えてみはなれ。

管理職以上の上司は、ヌクヌクと毎日を過ごしていますよ。

上司を選べない部下が、ヒーヒー働されているときに、上司はのんびりPCで仕事するフリをして、ネットやゲームして遊んでいるんです。

上司を選べないサラリーマンのみなさん!そんな会社はサッサと辞めちまいましょう。

私は無理やり仕事を好きになろうとしました。その結果。

box-62867_640

若いときは、ガムシャラで良いと思います。

20代の頃にスキルを磨くために、努力してきた人はそれなりに食える技術は身についています。

でも30代になると、そろそろ自分の得意分野とか、適性というのが分かってくるはず。

私は30代になって分かったことは、自分が管理されるのを嫌がるように、人を管理するのが嫌です。

リーダーシップとかマネジメントの本も沢山読んで、実践してきましたが、やっぱり合わないものは合わないんです。

そして、私はどちらかといえば、クリエイター思考なので自分で創作するのが大好きです。

だから、昔ながらの安定企業とか公務員なんかは、そもそも体質が合わないのです。

仕事内容が究極に嫌いなので、大量の仕事で忙しくして、忘れようとした。その結果、バーンアウトとうつ病になる

タイトルそのまんまですが、私は交渉系の仕事はwinwinで納めようとしますが、そもそもそういうのが通じない、相手や業界ってのがあるんです。

嫌で嫌でたまらないけど、誰もできない仕事をやっているので、もうどこにも異動できないというジレンマを抱えています。

なので、自分がその仕事を嫌いとか、好きとか考えないように、大量の仕事を背負いました。

でもそれはダメってことが分かりました。

まず、イヤな仕事を無理矢理、大量の仕事で埋め尽くすと、拒否反応が出ます。

で、結局のところバーンアウトなり、うつ病になります。

嫌いな仕事は、好きになることはないんだなーとやっぱり思いました。

逃げ場所は絶対あるべき!その作り方。

girl-542841_640

追い込まれた動物が反撃に出るように、人も追い込まれると最終的には思ってもみないような行動に出るものです。

人間として生きていく上で、多少の追い込みは必要すが、あまりにも自分を追い込みすぎるのはキケンです。

逃げ場所の作り方について、お話していきます。

家族がいる人は、家族を大切にすることで、癒しの空間になる

家族がいる方は、家族を大事にした方が良いです。

仕事がイヤになっても、戻る場所があり、いやされる空間を持つのです。

なので、家族関係はなるべく良好になるように気をつけるべき。

もちろん私もケンカはしますが・・。

会社がほとほと嫌になっても、自分を守ってくれる家を大事にしましょう。

どうしても困ったときは、必ず気持ちの面で助けられますよ。

私はブログに逃げ道を作った。あなたは?

私は、今まで仕事オンリーの生活で生きてきたので、趣味を持ちませんでした。

唯一の趣味であるwebサイトの運営も、仕事がらみだったので、仕事が上手くいかなくなると、サイト運営のモチベーションもがっくり下がりました。

趣味のようで趣味でないような感じで、休んでいるようで、まったく休めていないような、そんな状況です。

今はブログがあるので、ヒマがあれば猛烈に書きまくっています。ヒマがなくても書いています。自分が考えたことをバーッと書いて、発信できるのは最高の趣味です。

サラリーマンのみなさんも、仕事オンリーで生きてきた人は、いまさら趣味なんて・・となると思います。

趣味を持つってのは、結構難しいと思います。

年齢を重ねるにつれて、友人が疎遠になったり、家族サービスが忙しくなったりしますよね。

コツは、1人でもできることで、すぐにできること、心から楽しいと思えること、を中心に考えてみてください。

会社はあなたを守ってくれませんよ。特にあなたが管理職以下なら。

会社は、基本的にあなたを守ってはくれません。

特に、あなたが管理職でないならなおさらです。

管理職というのは、基本的に幹部側の人間なので、トップマネジメントの任命責任があります。

自分で任命したにもかかわらず、管理職がダメな人なら、自分の判断に間違いがあったということ。

自分を否定することになるので、必死に管理職を守り、管理職以外は平気で切り捨てるという態度を取るのです。

なので、管理職になると大変重宝されます。ある程度の規模の会社であれば、退職するまで手厚くされるでしょう。

ね。サラリーマンってイヤでしょ。

だから、逃げ場所を作っておくかなくちゃいけないんです。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

仕事がイヤでイヤでたまらなくても、1つ以上逃げ場所があれば、なんとか生きていけます。その理由とは?
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス