記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

頭皮の日焼けはAGA薄毛が進行する!紫外線を防ぐコツを紹介するよ

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

AGA 薄毛 紫外線

4月からAGA(薄毛)に悩んでいた私ですが、さらに夏のレジャーで失敗したことがありました。

というのも、太陽光を1日頭に浴びた数日後、頭頂部の髪の毛がどんどん抜けたのです。

すぐにケアを強化し、2ヶ月経過でやっと元に戻りましたが、危なかったですね・・。

今回は、AGAが進行しないための「紫外線を防ぐコツ」を紹介します。

AGA(薄毛)をこれ以上進行させない!紫外線を防ぐコツ

AGAをこれ以上進行させない方法をまとめていきます。

紫外線が頭皮に悪影響を及ぼすメカニズム

以下、引用させていただきます。

髪の構成要素としてもタンパク質が存在しています。紫外線にはこの成分を破壊する働きがあるため、健康的な髪を保つ上で、避けるべきものの一つとなるのです。また、頭皮そのものが日焼けすることによって、細胞が壊され、毛細血管の血行が阻害されこともあります。髪の発育に必要な栄養や酸素を充分に行き届けることができなくなり、その結果、抜け毛にも繋がってしまうのです。

(引用:紫外線が抜け毛を引き起こす!

大事なので簡単にまとめると、

・紫外線は、髪を構成するタンパク質を破壊する

・頭皮の日焼けで血行が悪くなり、髪が抜ける

ということです。

以前から、夏の疲れで髪が抜けるのかとおもっていました。

でも、注意深く観察していると、実は帽子を被らないことが原因でAGAが進行していたんです。

夏場の外出時は必ず帽子を被る

夏は日差しや紫外線が強くなります。

外出するときは、必ず帽子をかぶりましょう。

海水浴やプールなどのレジャーの際は必須アイテムです。

黒色は紫外線をカットする効果あり!

次も引用させていただきます。

紫外線透過率つまり紫外線を通すかどうかを調べると、
黒という色は紫外線透過率1,7パーセント、
つまりほぼ99パーセントは紫外線を通さないということになるのです。

(引用:紫外線対策にはどんな色のものを身につけるべき? – cute life

夏は、涼しげな白や麦わら帽子のような帽子をかぶりたくなります。

ただ、黒が一番、紫外線を防ぐ色です。

黒、茶色、紺色などの色が濃いと効果があります。

その一方で、紫外線を防ぐということは、「吸収すること」と言えますので、熱がこもるのが難点です。

なので、表面にUVカットされているものを被ると良いですね。

帽子が無いときは、必ずハンカチかタオルを頭にのせる

ただ、外出の多いサラリーマンの場合は、帽子を被るのも変ですよね。

その場合は、外を出るときは、色の濃いハンカチやタオルを頭に載せて歩くことをオススメします。

東京都内を歩いていると、ほとんどのサラリーマンは無防備に頭を太陽にさらしています。

頭頂部だけでもハンカチを載せるだけで、紫外線を日焼けを防げます。

日傘をする

女性の場合は、日傘が良いですね。

男性と違って女性は日傘しても違和感がありません。

ぜひ、大事な頭皮を守りましょう。

紫外線を防ぐ理想的な構成

以上からまとめると、一番理想的なアイテム(帽子や日傘)は、

・表面が白い色(熱を伝えにくい)

・裏面が濃い色(紫外線をカット)

・生地が二重になったもの(生地の間に断熱効果が高い空気の層ができるので
内側の生地に熱が伝わるのを防ぐ)

・UV加工をしてあるもの(紫外線カット)

以上が一番良いと思います。

全部実現するのは大変なので、最低限、

・仕事の時の外出時はハンカチを頭に載せ、

・長時間のレジャーの時は帽子をかぶる

ということでも、AGAの進行は防げます。

私もこの2つだけをしっかりすることで、2ヶ月で頭頂部の髪の毛が元に戻りました。

頭皮をしっかり守って、AGA対策しましょう!

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

頭皮の日焼けはAGA薄毛が進行する!紫外線を防ぐコツを紹介するよ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス