ファスナーの取っ手(金具)が壊れたのでDIY修理でエコ節約したよ

取っ手 完成

お気に入りのpumaのジャージのファスナーが壊れてしまいました・・。

ファスナーでも取っ手(金具)の部分です。

これが無いとファスナーが固まってしまい、動かすことすらできません。

これをなんとか修理できないか調べてみて、実際にDIY修理してみました。

早速、まとめていきたいと思います。

破損状態をチェック!

取っ手 破損 欠損

取っ手の部分がキレイさっぱり無くなっています。

プーマのカッコイイ感じの引手だったので、無くなって残念・・。

このジャージのファスナーは、取っ手を下に動かすことで、ロックが解除される仕様になっています。

このままだと、普通に着ることもできない・・。(涙)

購入したもの

取っ手 購入 270円

購入したものは、ファスナーの取っ手です。

近くにTOKAIさんがあるので、買ってきました。

金額は270円!(会員になると10%割引してくれます)

これで修理できれば、また着ることができます。

近くにショップがなければ、以下のものでも大丈夫だと思います。

修理方法はカンタンすぎるくらいカンタン!2ステップで完成!

取っ手 穴に入れる

修理方法はメチャクチャ簡単です。

先ほど購入した写真の左側の金具を、穴に入れます。

取っ手 穴に入れるだけ

簡単に通りました!

取っ手はめる

金具を入れたら、もう1つの部品を入れます。

入れたらカチッと音がします。

取っ手 完成

はい終わり!

簡単すぎる・・。

今までは壊れたからといって、すぐに捨てていましたが生地がしっかりしていれば捨てる必要はないですね。

エコだし、買い替える必要もないので節約にもなります。

もし取っ手のデザインにこだわりたいのであれば、amazonで色々探してみると良いと思います。

amazon「ファスナー 引手」で検索

DIY修理完成!

取っ手 引ける

ということで、完成しました!

2ステップでできるので、カンタンすぎるー。

取っ手 修理完成

問題なくファスナーの開け閉めができるようになりました。

やった!上手くいった!

お気に入りのジャージ

ビンテージというわけではないのですが、珍しいタイプのジャージなのでお気に入り。

左下に大きくプーマのロゴが刺繍されていることと、首が長く、シルエット細く見えて大好き。

やったー!

修理時間は1分

修理時間は1分です。

部品を買ってきて、袋から開けてつけるだけ。

これで修理できるんだったら、自分で修理した方がオトクです。

修理費用は270円

修理費用は270円です。

自分でやれば、ここまで安く修理できます。

ファスナーのDIY修理は他にも色々とやっているので、参考にしてみてください。

ファスナー、チャックの引手が壊れたのでDIY修理してみたよ

ビジネスバッグのファスナー・革引手のDIY修理方法を説明します

DIYは時間があると楽しくやっています!

【DIY】 修理する・直す・作る

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
ファスナーの取っ手(金具)が壊れたのでDIY修理でエコ節約したよ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス