チャックが外れた!下止め(留め具)のDIY修理法を説明するよ

チャック 外れた 修理

ポーターのキーケースのチャックが外れてしまいました。

良く見ると、チャックを最終地点でストップをかける「下止め」(留め具)が外れてしまっています。

今回はこれをDIY修理していきたいと思います。

購入したもの

下留め 部品

今回購入したのは、「下止用」という部品です。

近所のTOKAIさんで買いました。

価格は216円の10%オフで、200円で購入しました。

部品はこんなには使わないのですが、また直す機会があれば使おうと思います。

TOKAI

ファスナー 下止め 留め具

20個入りです。

色々種類があるので、実際に修理品を持って行き、大きさを良く見てから買った方が良いと思います。

板止め 部品 前

1個取り出してみました。

表の部分です。

下留 部品 後ろ

裏面から見るとこんな感じ。

爪の部分を突き刺して使うようです。

破損状態をチェック!

チャック 外れた 修理

片方のチャックが外れていて、なんともいえない状態です。

まずはチャックを入れていきます

チャック はめる

それでは早速修理していきましょう。

外れたチャックの片方を入れていきます。
チャック 入れる

何回かやっているうちに、キレイにチャックできました。

最初は上手くかみ合わなかったのですが、慣れてくるとサッとできるようになります。

下止め(留め具)を刺す!

下留 入れる

次にチャックの最終ポイントに、買ってきた下止め(留め具)を刺します。

爪でブスリと刺す感じです。
下留 裏面 爪を折る

裏返してみるとこんな感じ。

この爪を折りたためば完成です。

下止めの爪をペンチで折りたたむ!

下留 爪 ペンチ

小さめのペンチを使って、爪を折りたたみます。
下留 完成

はい!折りたためましたね。

ペンチで生地にしっかりと圧着します。

下留 完成 表

表にしてみましょう。

しっかりと生地にくっついています。
下留 外れない

試しにチャックを下までおろしましたが、外れません!

完成!

下止め 完成

というわけで完成です。

左がオリジナルで、右が今回修理したものです。

ゴールドパーツが無かったので、今回はこれを買いました。

やったー!自分で直せたーー!

修理時間は5分、修理費用は200円

今回は、修理時間は5分で、修理費用は200円でした。

どんどんDIY能力が上がっているぞーーー!

ファスナーのDIY修理は他にも色々とやっているので、参考にしてみてください。

ファスナー、チャックの引手が壊れたのでDIY修理してみたよ

ファスナーの取っ手(金具)が壊れたのでDIY修理でエコ節約したよ

ビジネスバッグのファスナー・革引手のDIY修理方法を説明します

DIYは時間があると楽しくやっています!以下の記事でまとめています。

【DIY】 修理する・直す・作る

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
チャックが外れた!下止め(留め具)のDIY修理法を説明するよ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス