プロフィール

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

cropped-ikirumedia_rogo5.png

イキルメディアは、Webライター・ブロガーの「けぴお」が運営する個人ブログメディアです。

2015年5月に開設。

現在、月に17万人が訪問し、22万ページ(22万PV)読まれています。

私は、サラリーマンをしながら起業・独立を目指して活動しています。

イキルメディアは、「生きるための知恵をコンテンツ配信」する個人ブログメディアです。

詳しいコンセプトは、以下でまとめています。

イキルメディアとは

http://middle-managerblog.com/?page_id=1144

価値観

SNSは、FacebookTwitterでブログの更新情報を配信しています。情報を確認したい方はフォローをお願いします!

イキルメディア運営者「けぴお」の略歴!

けぴお

※上の写真は、完全にイメージです。顔は全く違いますが、堀が深くて以上のようなファッションが好きです。こういう写真も好き。

起業したら全面的に自分を出して、運営していきたいと思っています。

以下、略歴をまとめますと、

名前:けぴお(ペンネームで運営してます。)

東北の雪国に1981年生まれ、さそり座、B型で、妻と2人の元気な♂たちと、ミニウサギさんと5人家族です。

10代の頃から音楽家(バンド)をやっていて、表現すること、歌うことを大事に生きていきました。

その後、普通に会社員になります。

営業、現場作業、経営企画など何でもやってきましたが、性格的には総務や財務経理などコツコツ系です。

結婚後はすごく貧乏だったので、働いて成果を出せば報われると信じ込み、必死に働きました。

その後、30代になってからは、「うつ病」や「燃え尽き症候群」になり体を壊しています。

そこで、ガムシャラになって働く自分に疑問を持ち始めました。

「仕事とは?」「働くこととは?」「自分は何をしたいのか?」「そもそも自分は何者なのか?」「何をして生きていきたいのか?」・・・・。

1年半悩み続けました。

その悩みを吐き出し、整理するために「ブログ書く」ようになりました。

今は、ブログの成長と共に自分自身の成長につながり、将来を明るく展望できるようになっています。

薄暗いところで人生を悩み続ける自分は、今どこにもいません。

最終的には、ブログなどweb事業を柱とした起業を目指しています。法人化も目指しています。

2014年から、web製作や電子書籍の出版を行っています。

私が大事にしている「価値観」や性格そのもの。

20代の過ごし方

項目別にまとめると、

・体育会系で育ってきた「文化系」。本当の自分は文化系。

・文章を通した表現が大好き。

・難しい情報を自分の頭で変換して、誰でも分かりやすく発信するのが好き。

・池上彰を尊敬してる。

・読むことも、書くことも大好き。

・基本、温厚でおとなしい人。

・ふざけたりするけど、なんだかんだ言いながら「マジメ系」。

・人と競争しない。意味ない。競争相手は自分。

・無邪気な大人。

・思考がアートになりたい。クリエイティブに生きる。

・アートに生きているクリエーターさんと友達になりたい。

・あれこれ考えるのが好き。でも、結論に達する前に一気に行動して分析するのも好き。

・精神的に自立してる。自立していない人と話が合わない。

・自由人。自分で人生を決めたい。

・手先が器用。DIY大好き。

・少し良いものを買って、修理や補修をしながらモノを大事に使うことに価値を感じる。

・逆に安いものを買って、自分なりにアレンジしてオンリーワンのものを作ることも好き。

・歌が好き。CD作ったり、ライブしたり音楽やってた。

・オシャレが好き。オッサンになったら雑誌の「LEON」に出てくるような、イタリア系親父に確実になる。

・コツコツ継続することに対して、成功体験が多い。コツコツ大好き。

・「生産する」のが好き。「単なる消費」は嫌い。

・マネジャー経験あるけど、そもそもサラリーマンに向いてない。自分で事業した方が上手くいく。

・年功序列は既得権の温床だと思ってる。生産性低い。

・体育会系には合わせられるけど、先輩・後輩のしがらみからの「上位下達」や「一方的な主従関係」はおかしいと思う。

・体育会系の人は、疲れるので友達にはいない。

・価値感を押し付けられるのを嫌います。多様な社会の方が住みやすい。ミレニアム世代。

・30代になって初めて動物(ミニウサギ)を飼って以来、全ての動物が好きになりました。

・動物の番組を見ると、可愛すぎて泣く。

・新聞が好き。思考力がつくし、世界の動きが浅く広く分かる。

・自由に明るく生きていきたい!(真面目に)

自分はどんな生き方をしてきたのか説明するよ。

けぴお
自分の歩んできた人生はどうだったんだろう?をまとめます。

誕生から小学校まで。

小学校

私は東北の地方都市で生まれました。

小学校は、医者の息子や起業家、老舗のお店やお寺の息子など、非常に優秀なクラスメイトが多かったです。

私は人に誇れるほど頭は良くなかったですが、人を笑わせたり、面白い行動をとることで「人の気を引く術」を自然に学びました。

当時は、ファミリーコンピューター、ゲームボーイ、スーパーファミコンなど毎日ゲームに没頭していたことを思い出します。

ドラクエ、ファイナルファンタジーもやりこみましたね。全然クリアできなかったけど。

ふざけたりもしますけど、基本的には大人しい生徒でした。

中学校では、ソフトテニスで地区優秀。県大会へ。

中学校

中学校では、ソフトテニスに没頭しました。

中学校生活は、運動も勉強もとにかく楽しかったですね。

穏やかなクラスメイトが多かったので、過ごしやすかったです。

地区大会でも個人戦で優勝し、県大会、東北大会に出場するなど、やればやるほど上達して、結果が出る時期は楽しいです。

今思えば、多様な社会で自分らしく生きていたのは、中学校生活でした。

高校から専門学校へ、「まずは働くこと先決」にして就職を決める。

就職

高校は、文系の自分とは真逆に位置する男子校で「技術系の高校」でした。

もちろん、最低限の資格は取りましたが、何を勉強してきたのかいまだに記憶にありません。

漠然と3年間を過ごし、取りあえず卒業しました。

勉強は全く面白くなかったのですが、同級生とは仲良く過ごしてきたので、それなりに楽しい学校生活を送りました。

このころから、父から譲ってもらったエレキギター(グレコ製のテレキャスター)で、音楽を始めるようになり、夢中でギターを弾き歌いました。

表現する喜びも覚えました。

私が就職を考えたのは、「就職氷河期」の真っただ中。

当時は派遣業が流行していて、非正規とはいえ給料が魅力だったので、就職をする人も多かったように思います。

私は専門学校に行った後、何とか就職できました。

私はもともとサラリーマンをするつもりは無かったのですが、まずは働かないと収入がないので、「サラリーマンとして働く」ことを選択しました。

これが、辛い人生の始まりでしたが・・。

就職してから20代の過ごし方。「音楽」と「結婚」。

音楽

就職はしましたが、「自分で食っていく」意識があまりに強く、惰性で過ごした学生時代に後悔し、何の面白味もない日常に焦りを覚えていました。

就職前後からバンドを組み、「音楽で表現すること」が自分に合っていたので、音楽で食っていこうと本気で考えていました。

項目にすると、

・全国オムニバスCDへの参加

・全国ツアーバンドの前座ライブ

・地域イベントへの参加

・CDレコーディングやリリース(自費)

・PV(プロモーションビデオ)製作

・グッズ製作販売

・地域ライブイベントでの受賞

・ネットでの音楽配信

ファンの構築など手ごたえを感じつつも、メンバーは仕事が忙しく、メンバーとの熱意がすれ違うこともあり、うまくいかない日々が続きました。

そろそろ大々的にCDリリースと全国ツアーも組もう・・と思っていた頃に「結婚」。

家族のためお金のため、ガムシャラに働いた22才~33才までの11年間。

仕事

色々あったので、当時はお金が無く貧乏でした。子供も生まれたばかりで、とにかく「お金がない、お金がない」という状況を脱するため、一心不乱に働きました。

1日15時間以上働き、土日も休みなく働き続けました。

今で言えば、ブラックですよね。

私はコミュニケーション能力がそれほど高くないので、世代間のコミュニケーションが上手くいかず、上司や先輩と衝突することもしばしば。

イジメやハラスメントの洗礼も沢山受けてきました。黒歴史。

この時期は、子育てと仕事に追われる中、「音楽という表現の場所」はいつの間にか消滅していました。

それだけ私の20代は、「働くこと」と「子育て」だけで過ぎ去り、気付いたら30才を超えていました。

ただ、この頃は毎日必死だったので、人生を深く考えることも無かったですね。

「わかりやすく伝える喜び」に気付いた20代後半。

伝える 喜び

人に分かりやすく伝える喜びに気付いたのは、20代後半からです。

今までは、詩をメロディーに乗せて、一方的な思いを伝えていました。

でも、仕事で文章を「分かりやすく人に伝える喜び」に気付きました。

「文章が分かりやすいね。すぐに飲み込める。」と言われて感謝されることもありました。

難しい言葉や文章をいったん自分の中で理解してから、誰でも分かりやすい文章に変換し、発信する。

「文章の面白さ」に気付いたので、仕事もそれなりに楽しくやっていました。

ブログを始めた人は、決して文章が得意なわけでもなく、上手く人に伝えることが好きということも少ないと聞きます。

でも私の場合は、生まれながらにして「表現したり」「伝えること」が好きだったようです。

働きすぎて30代で「うつ病」に。人生に悩む毎日を過ごす。

人生に悩む

私は、仕事へのスタイルを表すと、ひたむきで、真面目で、成果主義です。

役職が付いたことを機に「仕事一筋」になりました。

その後、社内競争や嫉妬の渦に巻き込まれることになり、楽しいはずだった仕事が「人と競い合って何の生産もできず、消耗する」仕事になりました。

業界の低迷と転換期の波の中、派閥争いや年功序列の環境で一心不乱に働き続けました。

責任のみ負わされる中、80~100時間の残業を数ヶ月続けた後、ついに「うつ病」になります。

ここで、

・自分の歩んできた人生は果たして正しかったのか?

・自分にとっての仕事は何なのか?

・自分が本当にしたいことは何なのか?

とにかく悩みつづけました。

1年半、自分に問いかけ続けました。

この時期に出会ったのが、ブログです。

2015年5月から人生の洗い出しと、自分の本当の性格を知るためにブログを書き続ける毎日を過ごす。

ブログ 毎日

自分のことって意外に見えていませんよね。

私は客観的に自分を知るために、毎日ブログを書き、思考のクセ、好きなこと、嫌いなこと、大事にしたいことを書きだしていきました。

ブログの原動力は、「お金という会社に対する依存状態からの脱却」です。

その運営の中で、ブログを仕事にしている人達の存在を知り、彼らを目標にしてブログを本気で運営することにしました。

開始して1年目はとにかく記事を書きました。記事数は600記事以上。

下手でもいいので、とにかく書きました。

多いときは1日3記事。1万文字以上の記事も沢山書きました。

そのうちに自分の大事にしたいことが明確になっていき、成果(PVや収益)も次第に上がっていきました。

PVの推移は、以下のページでまとめています。

イキルメディアとは

私は今後どう生きていきたいのか、生きていくのか?

ミニウサギさん
将来はどのように生きていきたいか整理します!

私の仕事への向き合い方と、生き方。

将来 生き方

私は、組織に頼らず自分で生きていきたいと常々思っています。

これは、20代初めの頃からずっと変わらない思いです。

子育ても落ちついてきたので、ブログをベースに自分で生きていく方法を模索していきます。

その方法や、歩んでいく過程での発見や気付きもブログでまとめていきます。

徐々に成長する自分の姿を、温かく見守っていただければ幸いです。

自分がしたい仕事は、

・複数のブログメディア運営

・電子書籍の出版

・セミナー

・フォトグラファーでアートに

徐々にですが、ブログを発信源にして波及していきたいと思っています。

ミッション(使命)

使命 ミッション

私のミッションを項目にします。

1.ブログを通して、誰もが「生きやすい社会」を実現すること。

2.ブログを通して、ハラスメント、いじめの無い社会の実現をすること。

3.自分の思考から生み出された記事によって、読んでくれた人が「人生が変わったよ!」「ありがとう!」「嬉しい!」を増やし、誰もが幸せを感じれる居場所づくりをすること。

以上が私が大切にしたいミッションです。

今の日本のように生きづらく、閉塞感のある社会から、明るい希望を描けるような「発信源」にしていけたらすごく嬉しいです。

ビジョン(願望)

改めてビジョンを語りますと、

・自分のナリワイを作り、自分の人生に責任を持って生きること。

・ブログメディアを通して、地元地域の経済と社会に貢献すること。

・地方には少ない、ブログメディア事業を軌道に乗せて「多様な働き方のモデル」になること。

・地方でメディア事業を起こして、若い人の働く場所を作ること。もちろん自分が食えるようになってから。

新しい仕事づくりが出来れば、地方でも東京のように多様な働き方や社会の実現につながるんじゃないかなと思っています。

自分が実現したいことは、他の誰かの実現にもなります。

そういう場所が、「イキルメディア」にあったらカッコイイ。

以上です!

以下も参考にしてみてください。

イキルメディアとは

SNSは、FacebookTwitterでブログの更新情報を配信しています。ぜひフォローをお願いします!

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!