男性管理職が女性部下を取り扱う際の注意ポイントまとめ

男性管理職 女性部下 取扱い

男性管理職の視点で、女性部下の取り扱い方法をまとめていきます。

月1回の感情の変動は気にしない方がベター

女性ならではの体調変化は、気にしない方がベターという話から。

管理職になると、女性のマネジメントに注意が必要です。

特に月1回起こる感情の変動に振り回されると、非常に精神が消耗してしまいます。

女性が感情的になっても、つられて感情的にならず、気にしない方がベターです。

これは、男性管理職の必須スキルです。

トラブルメーカーは行動を記録しよう

次に、トラベルメーカーの話しをまとめていきましょう。

女性は協調性のある人もいれば、協調性がなく周囲と衝突する女性もいます。

男性管理職としては、淡々と真面目に周囲を仲良く仕事をしてくれれば一番良いのですが、なかなかそうはいかないのが女性部下です。

多くの女性は空気を読んだり、上司の考えや行動パターンを先読みして行動を決めます。

ですので、あまりにもオープンに自分自身の考えを話すのはやめましょう。

周囲に情報を漏らさず、信頼できる心を許した部下にのみ、自分自身の本心を話すようにします。

ただし、恋心を抱かれると後々面倒になるので、注意が必要です。

会話は公平にフランクでいよう

男性管理職も人間ですから、好き嫌いがあって当然です。

ただ、勝手に嫌われたり、反発心を持ち、指示命令を全く聞き入れない部下もいます。

そういった部下に対して好きになれというのは、そもそも無理な話です。

ただ嫌いであっても、態度には表さずフランクな態度を貫きましょう。

もし、あなたの下に役職者や先輩がいる場合は、その人を間に挟んで指示・命令を出しましょう。

話しかけられやすい雰囲気は大事。ただ、ナメラれたら仕事しなくなるのが女性

女性部下を持つ管理職は、フランクで話しかけやすい上司を目指しましょう。

ただ、フランクすぎたり、くだけすぎるとナメられることになります。

真面目で素直、コミュニケーション能力が高い部下は、それでも仕事をしますが、そうでない部下も沢山います。

上司がナメられると、遊びだしたり、週に迷惑をかけたりする人もいるのです。

厳しい顔、フランクな顔を使い分けて、女性部下をマネジメントしていきましょう。

top image is Designed by Freepik

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

男性管理職が女性部下を取り扱う際の注意ポイントまとめ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス