ヴィトンエピの色あせをDIY塗装・補色修理する方法まとめ

ルイヴィトン エピ 色あせ 修理

ルイ・ヴィトンのエピを使ってきましたが、だんだん色あせが激しくなってきました。

今回は、DIYで塗装(補色)する方法をまとめていきます!

前回の補修は、以下の記事でまとめています。

参考  100均グッズでもルイ・ヴィトンのエピがキレイに補修できたよ

前回の記事のように、革用のクリームでもツヤは戻すことができますが、そもそも革が色落ちしているので、色を塗装しないとすぐに元に戻ってしまいます。

今回は、革自体に塗装(補色)をし、その後クリームでツヤを入れていこうと思います。

塗装前の現在の状態

ルイヴィトン

塗装前の状態です。

少し拡大するとよくわかるのですが、革の表面は白くなり、傷が目立っています。

補色前 塗装前 エピ

角度を変えて撮影。

エピはツヤがある革なので、光に照らすと傷が見えにくくなります。

でも、光がなくなるとかなり見栄えが悪いですね。

色あせ ルイヴィトン エピ

裏側も同じように白っぽくなっています。

塗装前 エピ

ロゴ付近を撮影。

フチの部分がハゲていますね・・。

塗装に必要な材料

では、塗装に必要な材料をまとめていきます!

染めQ

染めQ

「染めQ」です。

染めQは、革、金属、ナイロンが染められるスプレー塗料です。

ナイロン生地を「染めQ」で染めた例もありますので、参考にしてみてください。

参考  ポーターのナイロンの色落ちをDIY染め直し修理する方法まとめ

ウェットティッシュ(アルコール入り)

ウェットティッシュは一番始めの清掃に使うので、買っておくと便利です。

デカいタイプを買っておくと良いでしょう。

クリーナー

革用クリーナー

水溶性の革用のクリーナー(自分が愛用しているのは、M.モゥブレイ ステインリムーバー60)です。

染めQで染めるときは、必ず脱脂(油分を取る)と、古い革クリームをキレイに除去してから作業します。

この辺のやり方は、革靴と同じ方法です。

革用クリーム

シューポリッシュ 革用クリーム

革靴用の栄養クリームです。

1つあると革製品に応用できるので、買っておくと何かと便利です。

古新聞

古新聞があると便利です。

染める際に、周りが汚れないように広げて使います。

シュークロス

シュークロスもあると、最終の磨きでキレイになります。

ピンキリですが、100円ショップでも入手できます。

作業開始

では、必要なものがそろったら作業を開始していきましょう!

ウェットティッシュで全体をふきあげ

ウェットティッシュふきあげ

ウェットティッシュで全体をふきあげします。

汚れや手アカを除去していきます。殺菌効果もあります。

キレイなタオルでからぶき

全体的に湿っているので、柔らかいタオルで優しくふいていきます。

クリーナーで脱脂する

クリーナー 脱脂

クリーナーで脱脂します。

染めQで染めるときは、脂分やワックス、ポリッシュなどを一度キレイに落とす必要があります。(脱脂作業)

車なども同じで、どんな塗料でも一度キレイにする必要があります。

折り目 部分 見落とし

折り目の部分は割と見落としがちなので、忘れずにキレイにしていきます。

クリーナー 除去

タオルにクリーナーをつけて全体的に磨いていきます。

写真には黒い汚れが出ていますよね。

これが以前つけたワックスです。

染めQで塗装開始!

染めQ 塗装

新聞を広げて、その上に財布を広げます。

染めQをする日は、「雨が降っていない天気が良い日」をオススメします。

前回ナイロンを染めたときに、白化現象が起きて失敗しています。

参考  【失敗談】雨の日は「白化(はっか)現象」になるので塗装はやめよう!

染めQは、匂いが滞留するので屋内は止めましょう。

今回は、風もなく、直射日光の当たらない屋外で作業をしています。

染めQ 染める スプレー

早速スプレーしていきます!!

コツは、

・ 素材から15cm離しながら素早く動かすこと、

・ タレーっとならない程度で止めること、

です。

車のスプレー塗装とほぼ同じです。

以下の動画が、参考になると思います。


染めQの塗装をやってみて思ったのは、色がつきにくく、キレイに染まるまでは根気が入ります。

ナイロンでも革でも、なかなか染まりません。

10回~20回以上、スプレーして乾かしてを繰り返します。

これでようやく染まってきます。

今回は、10回くらい染めて一旦やめます。

もう5回染めれば、もっとキレイになると思います。

時間があるときに、少しずつ進めていきたいと思います。

革用クリームで磨く

革用クリーム 磨く

革用クリームで磨いていきます。

ツヤと光沢が出てきて、ヴィトンエピがさらに美しくよみがえります。

磨く

その後、シュークロスで最終磨きをします。

かなり光沢が出てきました。

完成!

光の反射がありますが、かなりキレイに仕上がりました!

エピ 塗装 完成

ツヤツヤ・・。

エピ 完了

フチの部分もキレイに染まっていますし、表面上の小さな擦れ(こすれ)も無くなりました。

ただし、深い傷は染めQでは埋まりません。

これは、別に何か方法を考えたいと思います。

エピ 塗装完了

ということで、これで一旦完成!!

今後の課題は、

・ 少し染め残しがあるので、もう一度染めること

・ 深い傷の修復

・ 財布の内側を染めること

以上ですね^^

時間を見つけてやっていきたいと思います。

キレイで長持ちは、とても気持ちいいです!

DIY色々やっていますので、ぜひ眺めてみてください^^

参考  【DIY】 修理する・直す・作る

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

ヴィトンエピの色あせをDIY塗装・補色修理する方法まとめ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス