革靴の靴底(ソール)がはがれてしまった時のDIY修理方法

革靴 靴底 つま先 はがれ

革靴の靴底(ソール)がはげてしまった際に、自分でもできる修理方法まとめていきます。

靴はボロボロになる前に、定期的に補修すれば気持ち良く履けますし、長持ちします。

では、まとめていきましょう。

スポンサーリンク

靴底の修理前の状態

革靴 靴底 はがれ

かかと部分のハガレです。かなり擦り減っていますね。

これは後で修理するとしても、靴底のハガレをそのままにしていれば水が入ってきて、靴全体が痛んでしまいます。

革靴 靴底 つま先 はがれ

つま先部分です。

この状態だと、まともに歩くことができません。

水の侵入もあるようで、全体的に濡れています。

靴底のハガレ修理方法

接着剤 ボンド ウルトラ多用途

今回購入してきたのは、ウルトラ多用途ボンドの「ハード版」です。

靴底は衝撃が激しいので、ガッチリ固まるものをチョイスしました。

以前、ウルトラ多用途ボンドの「ソフト」を使ったDIY記事がいくつかありますので、事例として載せておきますね。

参考  【DIY修理】タンスの引き出しを修理する、いたって簡単な方法

衝撃が強く、ガッチリ固めなければならない場合は、「ハード」という使い分けをすると良いと思います。

ボンド 靴底 つける

ボンドをつける前に、靴底と靴本体の間に砂やホコリなどがたまっているので、キレイにしてから塗ります。

ボンドをつけるときは、表にはみ出ないよう、奥の方に一ヶ所につけます。

ボンド 靴底 伸ばす

ボンドには「ヘラ」が付属しているので、薄く伸ばしていきます。

丁寧に作業していきましょう。

革靴 ゴム しばる

つま先部分は、大きめの洗濯バサミを使うと良いです。

今回は、輪ゴムで2回折り返し、接着した部分にかかるように縛っていきます。

夜に作業を終えましたので、このままにして朝を待ちます。

革靴 ゴム しばる

朝になりました。

かなりガッチリ固まっています。

ウルトラ多用途ボンドは24時間で完全効果するので、このまま履けなくはないですが、夜までそのままにします。

靴底の修理が完成!

黒い革靴 色落ち 修理

24時間経過し、ガッチリ固まったことを確認できました。

「今回はこれにて完成!!」です。

毎日履いていて、今のところ問題ないようです。

これで剥がれてくる場合は、ボンドで接着した後、ビス止めで対応したいと思います。

この靴の他の修理も記事にしています。

以下参考にしてみてくださいね^^

参考  黒い革靴の色落ちをDIYで補色し、磨き上げる修理方法まとめ

今回は、自分でもDIYできるように、具体的な方法と材料を記事にしました。

自分で修理するのが面倒な人や、時間が無い人は、靴修理も受付しています。

私に、以上の靴修理を依頼したいときは、

リンク お問い合わせ・お仕事依頼 で連絡してくださいね。

はてブ数https://middle-managerblog.com/?page_id=3898

料金等も掲載しています。

他にもDIY靴修理など、色々と記事をまとめています。

参考になる記事があると思います。

参考 【DIY】 修理する・直す・作る

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

革靴の靴底(ソール)がはがれてしまった時のDIY修理方法
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス