男性のみなさん。「男はこうあるべき論」に疲れ果てていませんか?

dog-659856_640

スポンサーリンク

男は男らしく仕事に行き、家族のために我慢して働かなければならないってことは、果たしてどうなのか?

多様な社会性が受け入れる世の中になってきましたが、まだ男のあるべき論に振り回されているような気がするのです。

男のあるべき論につかれ果てていませんか?私はもうグッタリ。

例えば、

・男は我慢して働かなければならない
・男は男らしくするべき
・男は泣かないもの
・子供と家族をつれて、土日にどこかに遊びにいかなければならない
・男は何があっても耐えるのが男である
・男は女性に優しくする
・男は女のようにペチャクチャ話しをしない
・男は逃げない。逃げることはカッコ悪い

などがありますよね。

イクメンまで求めるの?

私は、子供が小さい頃はとにかく子供中心の生活を送ってきましたし、何でもやってきましたよ。

毎日お風呂を入れたり、子供のほ乳瓶を洗ってつけおきしたり、オムツの取り替えも率先してやってきました。

保育園の行事がある時は、仕事を休んで参加したり、小学校はPTA役員になって活動もやってきました。イクメンといえば、イクメンらしくやってきました。

世の中の風潮がそうさせているのか、今や父親も仕事休んで行事に参加するというのが当たり前になっています。

でも、仕事を休んでまでってどうなんでしょう。

もちろん最低限やるべきことはしますが、自分のこともないがしろにして、イクメンになって子育てをする。

それって強制の力が働いていますよね。つまり、男のあるべき論に入ってしまっているのです。

多様な世の中、多様な生き方が認知されているのにもかかわらず、男のあるべき論をもう増やさないで欲しいと思います。

男は逃げ場を失うと、うつになる

男のあるべき論の項目がどんどん増えて行くと、男性は逃げ場を失ってしまいます。

管理職だからきちんと責任を持って、きちんと仕事しなければならない。とかもね。(これはしょうがないかも)

男性は、女性と比べても我慢してしまいがちです。

その点、女性は会話をすることでストレスを消化し、うつを回避できるような方が多いですね。

なので、男はどんどんあるべき論に追いつめられて、うつ病になってしまうのです。

中間管理職のうつも、あるべき論が多いからだと思いますよ。

男のあるべき論から脱却しよう

女性は、結婚したら家庭に入らなければならないということも、多様な生き方が浸透したために、無くなってきたと思います。

男は男のあるべき論から脱却しましょうよ。

男だって身の危険を感じたら、逃げることもアリです。

重要な仕事があるのに、何が何でも会社休んで行事に参加しなければならない訳でもありません。

できないことは、できませんで良いのです。我慢してやることはないのです。

男だって1人の人間です。

メンタルが強い人もいれば、弱い人もいます。体力がある人もいれば、無い人もいる。

男性の多様性についても、世間の理解が必要だと思います。特に地方は。

そうでもしないと、男性のあるべき論にがんじがらめになっているので、うつ病は減りませんよ。

多様な生き方と、あるべき論は少し見直す必要がありますね。なんてこと今日つらつらと思いました。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

男性のみなさん。「男はこうあるべき論」に疲れ果てていませんか?
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

コメント

  1. 確かに、逃げ場がなくなると欝になると思います。
    逃げるという選択肢は、健やかに生きるために必要なことですよね。

    がんじがらめになってる「こうあるべき論」からも逃げていいのでは?って最近思うようになりました。
    そこに納得していればいいですが、そうでなければ逃げたっていいじゃないか!てな感じです。

    すごく共感したものでコメントしました。

    またブログ読みに来ますね!
    私のブログにも遊びに来てくださいね。

    • けぴお サラト より:

      男の複数の選択肢の1つとして、「逃げること」と「逃げる場所」は必要だと思っています。性格にもよるのかもしれませんが、まじめな方ほど「あるべき論」に苦しめられるのかな・・と考えています。
      金山さんブログランキング1位なんですね!すごい!
      後ほどお邪魔させていただきます!

  2. まー イサムン くん より:

    なんで男という理由で「こうであるべき」なのか不満です。差別にしか思えません!
    女と平等な権利を与えてほしい!
    男という理由のマナーと女という理由の権利を無くしてほしい!

    • けぴお サラト より:

      まーイサムンくんさん、コメントありがとうございます。

      男は男らしくという生き方が、徐々に変わってきたように思います。
      女性も多用であるように、男性にも多様な生き方が認められるように変化していくんでしょうね・・。

      私が「男のあるべき論」について異論があることをブログとして発信していくことで、徐々に世の中は変わっていくと思っています。

  3. 「男はこうあるべき」という考え方が男のストレスになってるらしい | ひまひまつぶし より:

    […] 出典男性のみなさん。「男はこうあるべき論」に疲れ果てていませんか? […]

  4. 「男はこうあるべき」という考え方が男のストレスになってるらしい | 明朗快活 より:

    […] 出典男性のみなさん。「男はこうあるべき論」に疲れ果てていませんか? […]