子育て世代が考える。住みやすい街、土地柄って何だろう?(その1)

image

私も移住者の一人です

私は子供が産まれた10年ほど前に、移住してきました。

同じ市ですが、もともと地方都市の中心部に住んでいたこともあり、割と便利な環境で過ごしてきました。

今は、周囲8km圏内にはスーパーも何も無いところに住んでいます。歩いていける範囲では、ジュースの自動販売機があるくらいです。

自然豊かでストレスの無い生活を取るか、都会の利便性をとるかという2択が考えられると思いがちですが、もっと多面的な部分ってあると思います。

良いところ、悪いところ色々あると思います。

結局は、元々住んでいる人と、移住してくる人の性格面でのマッチングだと思いますが、田舎ならではの面倒くささ、田舎ならではの良いところなどお話していきたいと思います。

都会の人からみる田舎と、田舎から見る都会

都会ならではの変な疲れって、私が考えるものよりも壮絶だと思います。

たまに東京へ出張行くと、路上の混雑さや満員電車でウンザリしてしまいます。

出勤中のビジネスマンも、すごく辛そうな顔をしています。相当イヤなんでしょうね。

取引先の商社のビジネスマンの方も、田舎でのんびり暮らしたい・・と良く聞きます。心からの声なんでしょうね。

確かに、都会の方から見れば地方都市は、のんびりに見えると思います。

組織の仕事の進め方なんて、スローリーそのものと思います。

判断ものんびりだし、意味不明な指示もあるし、理不尽もあるし。

田舎はいい意味で、ゆっくりのんびりで、近所や地位の人のつながりが濃くて、都会は人間関係がドライです。

結局どっちがいいかです。

田舎を求めるか、便利な都会を求めるか

都会は便利です。歩いてコンビニにもいけますし、自転車でスーパーにも行けます。

仕事にも、電車やバスで行けるので、車はなくても困りません。子供がいれば、一家に台あれば十分生きていけます。

車が無いということは、その分固定費がかかりません。任意保険、自動車税、車検もありません。

アパートなんかに住んでいると、隣に誰が住んでいるかも良く分かりません。人間同士のつながりとしては、少し寂しいですよね。

一方で、田舎はとにかく周りに何もありません。私の場合は、田んぼしかありません。

電車はありますがバスはありません。電車も1時間に1本ですので、学生しか乗りません。バスは乗る人がいないので、機能していません。

田舎は給料が安い割に、固定費がかかる

買い物に行くにも、会社に行くにも車が必要です。大人1人に車1台が必要です。それだけ維持費もかかります。

寒い地方なので、灯油台も半端なくかかります。月1万円以上はかかります。

田舎は、経済が低下しているので給料も低く抑えられ、その割に固定費がかかります。

私はどちらかというと、それなりの生活の便利さがなければ、どれだけ自然が豊かでも、結局お金が出て行くので、心は豊かにならないと思います。

最近では、ロハスやエコ、自分なりに生きることが流行っています。(私のブログもそれを目指していますが・・)

都会から田舎に移住してくる時は、自分なりのビジネスを持っている方の方が、心豊かに過ごせると思います。

サラリーマンだと搾取されて、人間のイヤな部分にしか目がいかなくなるような気がします。

世代の数が少ない田舎はツライ

田舎は世代にバラツきがあります。これって結構問題があります。

子育て世代のサラリーマンをやっていると、時間を切り売りして働かなければならなりません。

でも、田舎は色々な地域行事やPTA活動が多くて、土日ばかりか平日も会社を休んでまで、手伝わなければならないことが多いです。

もちろん、その地域によって違うとは思いますが、参加義務的な行事が多いのが特徴です。私はどちらかと言えばウンザリ。

田舎でも、自分の年齢の世代が多かったり、若い夫婦がいれば平均的に分担できます。

でも、若い子育て世代がいないと、いつまでも若手扱いさせられて、何でもやらされるハメになります。

変にやる気になってしまうと、○○委員、○○係、○○部長なんて役職をつけられて仕事が集中します。

働かなければならない世代が、ボランティア活動にのみ搾取されるようになり、時間だけが無駄に経過してしまいます。

それが、田舎の悪いトコ。

では、田舎の良いところは?

・ 自然が豊かであること。
・ 基本的に良い人が多いこと。
・ 農家が多いので、お裾分けをいただけること
・ 子供が少ないので、先生がきっちり分かるまで1人1人に授業を教えてくれる。
・ 人付き合いが好きな人は良いと思います。人の輪に入れる人は、
暖かみを感じられます。
・ のんびりしている。あまりガツガツしていない。
・ 優しい人が多い。

そんな感じで、その1をまとめてみました。では、次回(その2)もお楽しみに!

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

子育て世代が考える。住みやすい街、土地柄って何だろう?(その1)
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス