丸1日文章を書かないと、無性にウズウズしてストレスを感じる人は、ブロガーになれますよ。

OOK3S0320140322153050-thumb-1000xauto-18226

これって私のことなんですけどね。

サラリーマンとして、休日も仕事に追われていてブログが書けない状態だと、無性にブログが書きたくなります。

私は、本気でブログを運営すると思いたってから、4ヶ月間毎日2記事のブログ書き、5ヶ月目からは毎日3記事アップに挑戦しています。

ここまでくると、ブログを書かない状態が気持ち悪いんです。

子供の習い事で試合を観戦している時も、仕事が忙しくてブログが書けない日も、「あー!!ブログ書きてー!!」となります。

今日は、無性に文章を書きたくなる人、自分の思いを文章にしないと、ストレスがたまっていく人、つまりは根っからのブロガーについてお話していきたいと思います。

私はもともと、ミュージシャンで生計を立てたかった。つまり、ブロガーはクリエイティブな芸術家である。

私は20代の頃はミュージシャンを目指していて、サラリーマンになんか絶対になりたくなかったタイプです。

とはいっても、家庭の都合で15年以上、歯を食いしばりながらサラリーマンをしていますが。

今でも起業家とか、企画マン、問題解決屋としてはワクワクしますが、サラリーマンのひたすらルーティンして、上司に報連相してダラダラやっているのが無理なんです。

こんな人は、ぜひブログを書いた方がいいかもしれないですね。

体験が多ければ多いほど、オリジナリティなブログが書けますよ。

今でも、時間が許す限りバンド活動をしたいと思っています。でも、今はブログを育てるのが優先順位のNO.1なのでガマンガマン。

土、日が忙しくて、ブログが書けない日はイライラするんです。

サラリーマンの9割以上は、平日の仕事の疲れをいやすために、仕事が休みの日は何もしませんよね。

私も長時間労働をしている間は、同じでした。

でも今は、土日に休みになれば、朝4時30分で起床し、特に何も予定が無ければ、ブログを昼近くまで書き続けます。

ご飯を食べたら、家族の都合もあるので、そこそこに付き合いつつ、また昼からブログを書きます。

で、10本から11本くらいのブログを書いてしまいます。

なぜ、そんなにブログが書けるかというと、楽しいからなんでしょうね。

でもですよ。私は基本ビジネスマンなので、成果が見えなかったり、ビジネスとして何の機能もしていないブログを延々と書き続けることはできません。

結果や成果は出し続けないと、ブログのモチベーションは続かない。

これからブログをする人に言いたいのは、それなりの努力をするからには、結果を出さないと自分のためにもならないってことです。

私はまだまだのブロガーです。

でも、本気で運営するって決意した時から、PVもセッション数も収益も右肩上がりで増加し続けています。

この数字面で出ている結果や成果こそが、自分の実績になり、モチベーションにもつながっているんです。

なので、グーグルアナリティクスを導入したら、毎日ブログのアクセス動向を研究して、自分は今何をすべきかってことを把握する作業が必要なんです。

まさにその繰り返しが、自分のブログを更新するモチベーションにもなっているんですよ。

今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

ではまったねー。

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

丸1日文章を書かないと、無性にウズウズしてストレスを感じる人は、ブロガーになれますよ。
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス