リーダーシップ能力の身につけ方と、スキルを向上させる方法まとめ

リーダーシップ 身に付ける 身に付け方

係長・主任など、組織のリーダー的な立場の方に向けて、私の経験から「リーダーシップとは一体何なのか?その能力を高める方法はあるのか」について、まとめていきたいと思います。

リーダーシップはチームの旗振り役となり、人を惹きつけ、行動を促すことで、リーダーシップを発揮が発揮できていることになります。

部下は「役職の方は、リーダーシップがあって当然じゃないか!」と思うものですが、意外にがリーダーシップがある人かと言えば、そうでない場合が多いはずです。

ぜひ、組織のリーダーとしてこの記事がお役に立てれば幸いです。

リーダーシップ能力を身に付けて高める方法まとめ

リーダーシップ能力を身に付けて、能力を高める方法をまとめていきます。

リーダーシップは人を引っ張っていける能力である

リーダーシップは役職者が必ず持っている能力ではありません。どんな立場の人でもリーダーシップを発揮することができます。

例え役職のない方でも、親睦会や労働組合などで役割を与えると、みるみるやる気を出して能力を発揮する方がいます。

難関に立ち向かい、人間的魅力で人を引っ張っていくことができることこそリーダーシップの能力です。

これは、誰しもができることではないですし、数字で表せるものでもありません。

人を引っ張っていける人こそ、リーダーの素質があるといえます。

リーダーは旗振り役である

リーダーは組織の先頭に立って旗を振り、自ら行動を起こし、周囲がその姿を見て影響を受けます。

そして、行動を起こします。

リーダーシップは周囲に影響力を与える 力であり、行動を起こさせる力でもあります。

マネジメントは人を管理する手法ですが、リーダーシップは人を奮い立たせ鼓舞します。

リーダーシップは、金銭的報酬が無くても人を動かすことができますし、動機付けがうまいので目標や目的を気付かせたり、イキイキと行動させることができるのです。

リーダーシップは後から身に付けることができる

私は、係長・主任になるまではリーダーシップと言えるものはありませんでした。

でも、昇進すればするほど人を動かしたり、部下のモチベーションを上げて、成果を出さなくてはなりません。

昇進すればするほど、「人」をどう動かすかが仕事になってきます。

ルーチンのような、飽き飽きするような仕事にも動機付けをさせなくてはなりません。

私はどのようにすれば人が動き、組織をまとめることができるのかを経験し勉強してきました。

例えば、リーダーシップがなくても落ち込む必要はありません。

クラスの学級委員や生徒会長、部活の部長など、学生時代に経験がなくても、リーダーシップは後天的に身に付けられるものです。

立場が変われば視点も変わり、リーダーシップが自然に身に付くのです。

具体的なリーダーシップの身に付け方

具体的なリーダーシップの身に付け方は、

難しい仕事、誰しもが避けて通りたい仕事を率先してやることです。

例えば、自分がやりたくない仕事を部下に押し付けたとしましょう。

部下にしてみれば、「上司にイヤな仕事を押し付けられた!」と反発心を生みます。

そうではなく、自分がやってみて成果を出します。

新規事業や問題対応もそうです。

人は全く未知の仕事をして、リスクをとろうとする人は少数です。

そういうときに、係長・主任がやるのです。

1つ1つ真摯に問題に取り組む中で、部署の周囲は必ずその行動に引き付けられます。

この難題に立ち向かう姿勢こそが、リーダーシップなのです。

団体長になるとリーダーシップの本質が理解できる

PTAや団体の会長役を務めると、さらにリーダーシップの本質が理解できます。

なぜなら、給料などの金銭的報酬がなくても、人を魅了し、惹きつけ、仕事をしてもらう必要があるのです。

これは、私の人生経験の中でも一番難しかったです。

私が意識したことは、

・自分の欲求で団体を動かさない

・自ら行動し、人任せにしない

・役員・事務局には常に声をかける

・誰でもきちんと挨拶をする

・偉ぶらない

・身なりには常に気を配る

以上のようにすると、リーダーシップが発揮できるでしょう。

恐怖政治では人は動かない

私も失敗経験は沢山あります。

部下は強硬な命令や指示で動くと思っていました。

でも、部下は反発心を覚え、決して行動を起こしませんでした。

私は困ってしまい、次に「恐怖政治」のようにしてみました。簡単に言えば、「なんでお前はやらないんだ!!」というように、とにかく怒鳴りちらして動かすということです。

結果的にはさらに状態が悪化。

チーム全体が殺伐として、誰もが私と口をきかなくなりました。

さらに業績も悪化という負のスパイラルを経験。

これでは、上司として失格の経験です。

リスクに積極的に立ち向かう姿を見せると、部下は行動を起こす

係長・主任はリーダーシップとマネジメントと高品質プレーヤーのバランスを兼ね備えた役職です。

先ほどもお話しをしましたが、部下にはリスクのある問題解決や新規プロジェクト事業に飛び込んでいくという姿を見せました。

とはいえ、サラリーマンとしてリスクに果敢に立ち向かうことは、非常に難しいことです。

でも、部下にはインパクトを与えることができます。

・逃げずに自分で考えて行動すること

・難題や課題にもロジカルに考えて解決すること

ということを肌感覚で見てもらいます。

自分でもできることを見せてから、部下にやらせてみて、後ろで支援し、声をかけて状況を聞いたりします。

これが、上司の「旗振り役」です。応援隊みたいなものです。

リーダーになると部下で悩むことが多くなる

係長・主任でも、課長になっても、組織のリーダーになると部下のことで悩むことが多くなります。

役職が無いときは自分の仕事だけで良かったですよね。

それは、後輩ができ、部下ができることで仕事の相手が人になるからです。

以下の記事では、実際に読者の方からメール相談を受け、私の経験を元に回答していますので参考になると思います。

悩みが深くなる前に、ぜひ相談してみてください。

係長の仕事の悩み、働き方相談室

サラッと!まとめ

私なりのリーダーシップを身につけ、その能力を高める方法を説明してきました。

リーダーシップを高める方法や身に付け方をまとめますと、

・リーダーシップは人を鼓舞し、行動を促す能力であること

・リーダーシップは経験を通して後天的に身に付けられること

・部下には、問題に取り組む姿勢を見せること

・リーダーシップは恐怖政治ではないこと

以上でまとめさせていただきます。

ではまた^^

ブログ内に、係長・主任の役割や仕事術をまとめた、特設webページを開設しました!

特設webページ、係長・主任の役割と仕事をブログ内に開設しました。

係長・主任の役割や仕事の進め方、部下、上司、リーダーシップ、マネジメントなど、多岐にわたる仕事の方法を解説しています。

仕事の進め方から、人生論まで詳細にわたって記事にいますので、プレイングマネジャーとして困ったり悩んだりした時にお役立てください。

top image is Designed by Freepik

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

リーダーシップ能力の身につけ方と、スキルを向上させる方法まとめ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス