摩訶不思議!ブログを書けば書くほど元気になるのは、なぜだろう?

weights-869225_640

ブログを大量に書けば書くほど、すごく元気になる自分がいます。

逆に、出張や仕事の長時間残業で思うようにブログが書けないと、元気がなくなるどころか、イライラしてしまいます。

なので、いつでもどこでもブログが書けて、毎日大量にブログが書ける環境にあると、もううれしくてしょうがないんですよ。

これって、もしかして・・天職。なのかもしれません。

今日は記事のジャンルに限らず、ブログを書けば書くほどストレスが
吐き出され、満足感に浸れる自分を発見したので、記事として書き留めておきたいと思います。

ブログはリズミカルなタイピングが命。ピアノを弾くように、自分の思いがスラスラ文章化されると気持ち良い

私は休日など、ブログを大量に書ける日になると、それはもう喜びに満ちます。

平日はサラリーマンをしなきゃならないので、時間がもったいないなあ・・と思ったり、面倒くさいなあ・・と思います。

でも、休みになると元気になる。

それは5記事連続で書けるような時間がとれて、それが叶う時が一番思います。

しかも、ブログを書けば書くほど、タイピングになれてきて、素早く、間違いなく誤字脱字が少なく、文章化されていくとますますうれしくなるのです。

この記事も、1日で書いた6記事目のブログ記事なので、うれしくてしょうがないんですよ。

効率よく生産している。という実感があるからこそだと思います。

風邪も治った気がする・・

私は1日でブログ6記事くらい書くので精一杯ですが、6記事にもなると気分が爽快なので、風邪も治った気がするほどです。

ポメラでパチパチパチと気持ちの良いタイピングをしていると、風邪のことなんか忘れてしまうんですよ。

逆に1日でもブログを書かない日があると、感情面で気が狂うほどの気持ちの悪さが胸にこみ上げてきます。

ここまでくると、ブログを書くために生まれてきたのかな・・と最近は、思うくらいです。

今までに何回も失敗してきましたけどね。

ブログを書けない日は、絶望的な気分になり、大量に書けるようになると幸せな気分になる

先ほどから、何回も言っていますが、本当ブログを書けない日が続くと、気が狂いそうになります。

もう少し広げて言えば、自分の自由になる時間がないと、1日をムダに過ごしてしまったという気持ちになるんですよ。

なので、休みの日で自分の時間が作れそうだったら、朝4時30分で布団から飛び起きて、ブログを書き始めます。

ブログは書けば書くほど、ネタが出てきます。

書かなければ、書かないほど、書けなくなりますし、ネタも拾えなくなります。

これはブログを毎日書いていると、よく分かってきますね。

タイピングだけで言っても、ポメラでブログを書かない日が、1日でもあると、タイピングも思考を文章化するにも、モッサリ感を感じるんですよ。

私は、幸せになるためにブログを書いているんです。

ブログを大量に書いていると、私はブロガーの階段を昇っている途中なんだと、突然プラス思考になる

ブログを書いていると、突然ハッピーな気分になります。

それは、ブロガーとして独立するための階段を一歩一歩踏みしめているってことを実感するからです。

なので、ブログを書けない日は、マイナス思考になりますし、大量にブログを書いている最中はプラス思考になります。

今のところ、1日でブログを書ける最高記事数は7記事が限界です。

それでも、こうやって毎日毎日ブログを書いていると、限界値がさらに伸びていくんだろうなーって思うのです。

そんなことを考えるだけで、ハッピーな気分になります。

ここまでくると、ブログは天職かもしれませんね。

この記事は、以下のコンテンツページに掲載されています。

ブログ運営で向上するスキルや能力をまとめています。

ブログ運営や記事を書くことで手に入るスキル、向上する能力まとめ

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

摩訶不思議!ブログを書けば書くほど元気になるのは、なぜだろう?
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス