11月休み明けの体がダルいし、重い。何とかしようという話。

176365

休み明けの体のだるさや重さって、本当イヤになってしまいます。

そこで、私が最近対処している方法などを紹介しますね。

体が冷えていないか?その対処法

冬に近づくにつれてどんどん寒くなり、冬支度の時期となりました。

体が冷えていると、体が疲れてしまいます。

特に長時間寒い所にいると、それだけで疲れが倍増してしまいます。

そんな時は、体を芯から暖める方法と、日々の習慣づけで体を作って行く方法があります。

簡単な方法から、少し難易度の高いものまで、紹介したいと思います。

以下の記事も参考になると思います。

(参考記事:30代の僕らは、筋力の低下よる代謝の低下と、冷えに立ち向かわなければならない

30代の僕らは、筋力の低下よる代謝の低下と、冷えに立ち向かわなければならない

腹捲で内蔵を暖かくすると、手足も暖かくなります

寒い日は、体の中心部を暖めると良いです。

特に内蔵を暖めるように腹巻きをすると、指の先、足のつま先まで血流が良くなり、ポカポカしますよ。

男性でも腹巻きはオススメします。

(参考記事:冷え性の男性は、腹巻きがいいですよ。

冷え性対策!腹巻きでお腹を温める効果について説明するよ

養命酒を寝る前に1杯

養命酒は体がだるいとか、重いというときに、効果があります。

疲労回復、体力回復、冷え性に効果があるとされています。

私は養命酒を飲み続けて、冷え性が改善されました。

体のだるさや疲労感を感じた時にも、オススメします。

症状が現れた時に飲むというよりは、毎日の習慣づけで1ヶ月くらい継続すると良いと思います。

ストレスやイライラを軽減するには、ルイボスティーを飲む習慣をつける

ルイボスティーは、ストレスやイライラを軽減する作用があると言われています。

サラリーマンという立場は、安定的に給料をもらえるかわりに、日々のストレスが多く積み重なっていきます。

少しでもイライラを軽減して、ストレスを感じないようにするために飲むのがいいですね。

薬局で手に入りますので、毎日の習慣で飲むといいですよ。

疲れているときはとにかく寝る!

私が疲労感にまみれている時は、とにかく寝るようにしています。

もう寝なくてもいいや。というくらい睡眠をとると、すっかり治っています。

あとは、自分だけの1人の時間をとるようにします。

小さい子供がいると、なかなか自分だけの時間がとれませんが、自分だけの空想に時間に浸ると、精神的にスッキリします。

瞑想している感じですね。

静かな場所で何も考えずに、ただ時間だけが過ぎるのを楽しむのもいいですよ。

私は静かな場所でボーッとするのが、一番疲労感を癒やせるんです。

(参考記事:ストレス解消には図書館がいい。癒されすぎますよ。

ストレス解消には図書館がいい。癒されすぎますよ。

では、まったねー。

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

11月休み明けの体がダルいし、重い。何とかしようという話。
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス