田舎に移住してきて早10年。田舎の良いトコ、悪いトコ16選

image

田舎にも良いところがあれば、悪いところもあります。

田舎への移住ブームが進む中、私が田舎に移住することになって早10年。今思うことや、気付いたことを紹介したいと思います。

もちろん私の経験や主観を含めての話ですが、田舎に移住することで、見えてくるものが多々あります。

もう10年になるんですね。田舎はとにかく、何も無いのが当たり前です。

ただ、地域の人は暖かくて良い人ばかりです。というか嫌な人があまりいない。絶対数として少ないと思います。

でも・・・あれ?というのも見えてきますし、それちょっとおかしくない?なんてトコロもやっぱりあります。

田舎すべてを指すものではありませんし、地域性もあります。

ではまとめていきましょう。

スポンサーリンク

「田舎の良い所」とは何か?

田舎の良いところって何でしょう?

自然が豊かである。

私の住むところは、夏になると川のそばや、田んぼにホタルが飛びます。

最近は少し減ってきているように思いますが、山、川が近くにあるので、自然をダイレクトに感じることができます。

夏は暑いし、冬はものすごく厳しいです。雪で道路が寸断されて陸の孤島になったこともあります。

でも、自然とともに生きているという実感を持つことができます。

子供が小さい時は、一緒になって毎日トンボを捕まえにいったり、イナゴを虫かごいっぱいに集めたり、珍しい昆虫もいっぱいです。

都市部では、こんな体験できないですよね。

自然が豊かなことは、田舎の良いところの一番です。

田舎は食材を大量にもらえる。物々交換で生活が成り立っている。

image

田舎は農家が多いので、季節の野菜などで出荷できないハジキを大量にもらえます。

これはものすごく嬉しい!

春になれば、山から山菜を取ってきますし、自然の恵みはすばらしいと感じます。

ただ、もらったら何か返さないといけません。

きちんと礼をし、挨拶や礼儀をきちんと踏まえて付き合いを深めていれば、食材に困ることはありません。

豊かな自然と、スローリーな生活は気持ちに余裕ができる。

農家も多いのですがサラリーマンとして、都市部で仕事をしている人も多いです。

確かに日々忙しいのですが、都会のようなドライさではなく、どちらかと言えばウェット系。

「何もしたくなかったら別にいいよ。」と自然が言ってくれるような気がします。

田舎はスローリーな人が多いので、心が癒されると思います。

あくせくした日々も気持ちも、落ち着くような気がしますね。

子供は自然に囲まれながら、のびのび育つ。

子供は都会のような競争社会に巻き込まれることなく、のびのびと育つことができます。

塾も近くにないし、あっても送迎できないので、そもそも塾に行かせようとも思わなくなります。

「勉強をして、いい就職先を!」と思う親であれば、自分が教えなければならなくなります。働きながらだとちょっと大変ですよね。

子供は、小学校の授業で稲を育てたり、山でスキーをしたり、自然とともにのびのび育ちます。

激しい競争社会では、頼りない感じに育ってしまうようですが、それが人生の一番じゃないですから。

孤独にならないシステムがある

私は都会に住んでいたことがありますが、結構ドライ。

近所にだれが住んでいるかなどもわかりませんし、わかろうともしません。

そもそも都会には、近所つきあいが無いんです。

だからこそ、都会は孤独になりやすいのです。寂しいですよね。

その点、田舎は年間行事が山のようにあるので、近所との接点が多いです。

だから、もともと孤独に陥りやすい人でも、孤独にならないような仕組みになっています。私は田舎は暖かいと感じました。

ただ、サラリーマンのせっかくの休みに、地域の行事が多くてうっとおしく思うときもあります。

都市部から移住してくると、人のつながりに感動を覚えますが、10年経つとそうでもなくなりますが。

「田舎の悪い所」は何か?

では、反対に田舎の悪いところは何でしょう。まとめてきます。

子供は競争に弱く、コミュニケーションの多様性がないので、都会に出ていけない可能性がある。

自然とともにのびのび育てられると、イヤミが無くグレない良い大人になります。

私の古くからの友人も、本当に良い人ばかりです。都会と違って、ギスギスしていない優しさがにじみでています。

ただ、日本は資本主義経済であり、まだまだ学歴社会です。

学歴がすべてではありませんが、大卒でないだけで会社の応募資格にもならない場合があります。

競争力という視点で考えると、子供が少ない分、超一流の頭脳を持った子供との競争はありません。

また、小学校の児童は少なく、コミュニケーションの多様性に対する訓練が不足します。

だから、のびのび良い子に育っても、都会の厳しい競争社会でやっていけるかというと、難しい面もあるでしょうね。

移住すると、警戒されるか好奇の目で見られる。

田舎は、もともと人口が少ないので、人の出入りがあると、すぐに 「あいつ誰?」となります。

田舎の多くは内向きなコミュニティーになりますので、本当に打ち解けられて仲良くなるには時間がかかりました。私も内向き系なので。

人間誰しも警戒心はありますが、もともとコミュニケーションが上手な人が少ないので、受け入れてもらえるまでには、耐えなければならない時もあります。

噂がすぐに広がる。

誰と結婚した。どこから来た。どこの学校。性格はどうなのか。田舎は情報がダダ漏れします。

情報を聞き出すためだけに友好的に近づいてきて、情報を聞き出した瞬間、周りの人に情報を広げるような人もいます。まあ、別にいいんですが。

田舎では、仲の良い人とか、漏れても良い情報だけを選択して話すようになります。

良いことも、悪いことも田舎では、噂が広がるものです。良く言えば、興味を持ってもらってるって事ですけどね。

人口のパイが少ないので、自己主張できない。またはすると、後々面倒くさい。

田舎でも都会でも、地域や小学校の集会がありますよね。

そこで、おかしいことはおかしいと意見するのは当たり前です。

でも、田舎では男性や、年功者の意見しか採用されないことが多く、若手の男性や女性が意見を言おうものなら、「なんだあいつは!」となります。

だから、私も意見を言いたいけど、黙っていることがほとんどです。若い人の意見をきちんと聞いてくれるというよりは、「面倒くさいことは言うな!」の方が比重が大きい。

せっかく仲良くなった人からも、いつの間にか嫌われていることが結構あります。

これはすごく悲しくなる。

長老達が物事を決める。理不尽でも文句言えない。

image

地域の物事は、年功の長老達が決めます。女性はなかなか意見を持っていても、言いづらい環境にあります。

男女共同参画という言葉もありますが、田舎ではまだまだです。

男が物事を決定し、女性や若手は従うというのがあるようです。日本的な社会構造なのかもしれませんね。

人口の多様性がないので、自分と同年代で、同じ用な価値観を持っている人を探しにくい。

都会は、人口が多いので性格の多様性があります。

田舎は同じ価値観を持つ人が少ないと思います。

自分と同じような年齢で、似たような趣味や考え方を持ち、価値観が同じ人を探しても、まずいないと思っていた方が良いです。

その辺は、少し寂しいですね。

社会的な問題があっても、誰も行動を起こそうとしない。大体の問題は放置される。

小学校の閉校や合併、コミュニティの合併など田舎は人がいないので、公的サービスの悪化や格差が起こっています。

川の汚染など環境が徐々に悪くなったり、空き家の増加、子供の減少、若い夫婦がいない、高齢化など、日本全国の問題がありますよね。

でも、実際問題に取り組むのは、地域をまとめる人たちです。

本気になって取り組まないと、手に負えないようになっているのに、自分達の問題ではないような考え方を持っていたり、早く自分達の任期を終えたいという考えが多いです。

その結果、大体の問題は放置されて、誰も手をつけないようになります。なぜ、誰も行動を起こさないのか、不思議でなりません。

これは残念。

村や小学校の行事が多すぎる。

田舎は基本良いところです。孤独にならないような社会システムはとても良いと思います。

ただ、行事が多いのも頭が痛いですね。

子供がいれば幼稚園、保育園、小学校、中学校、地域の運動会、イベント、自治会の行事、ボランティア活動など休みの度に、行事に時間を奪われます。

行事が好きな人にはたまらないと思いますが、家でゆっくりしていたい人には、嫌なものです。

何事もほどほどが良いんですけどね。

根強い男社会である。

これは、どこでも同じだと思いますが、田舎ほど顕著な気がします。

自治会なども女性の視点があれば、もっと良くなると思います。でも、女性が組織の上に立とうとすると、男性の嫉妬を買うようです。

男社会ってどちらかというと、体育会系で封建的なものを作りがちです。

田舎にも多様な考え方や、進め方があっても良いと思います。

最後に!

image

結局、田舎と都会どっちがいいのかは人それぞれ。

良い面、悪い面があっていいと思います。受け入れる側、入る側の考えもあり、住む人と受け入れる側のマッチングが大事だと思います。

これから田舎に移住しようとする方の参考になればと思います。(念のためですが、地域性はありますので!)

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

田舎に移住してきて早10年。田舎の良いトコ、悪いトコ16選
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス