ポメラDM100をノートPC比較した利点は「長文を書けること」

DM100 X205TA

(画像引用:pomeraDM100キングジム

昨年(平成27年)11月にasusのノートPC「X205TA」を購入して、しばらくお蔵入りになったポメラDM100を最近ポチポチ使っています。

X205TAは安いし、使いやすいのでオススメです。以下参考記事です。

Eeebook X205TAを1ヶ月間使って分かった!使用感まとめ

でも、最近またポメラが復活して、平日のメインになってます。

ポメラの性能上の利点は、

・単3電池2本で30時間駆動
・軽い
・即起動

以上ですが、最近気付いたのは、意識しなくても長文を書けるってことです。

全く意識しなくても、2000字~3000字をスラスラ書けてしまうことに、改めて驚きを感じています。

その理由を探っていきましょう。

ポメラはなぜ長文を書けるのに向いているのか?その理由を探っていきます。

さすがに1年弱も使っていると、良いところも具体的に書けるようなってきます。

いいぞ。ポメラ。

タイピングが基本気持ちいいので、時間を忘れてしまう

ノートPCを通勤時や屋外で使用すること考えると、wifi環境がないとブログを書けません。

テキストエディタで書いていた後保存し、あとでアップロードすることもできますが、2重手間だし、それよりだったらポメラの方がいい。

ノートPCは、wifi環境は場所を選んでしまいます。

対策として、ポケットwifiを契約すれば場所を選ばずブログ記事を書き続けることができますが、いかんせん月額費用がかかるので、まだ早いのかなーと躊躇しています。

ちなみに、私のノートPCは980gですが、wifi環境を探しながら毎日持ち運ぶのもツライんですよね。

なので、それよりだったらポメラDM100を通勤のカバンに入れておいて、通勤時や昼休みにパチパチ書いた方がいいと思って使っています。

本題ですが、ポメラの利点の1つは、タイピングが軽くて気持ちがいいことです。

キーピッチは、ヨコ17.0mm、タテ15.5mmですが、男の私でも膝の上においてタイピングしても全く問題なくスムーズにタイピングできます。すごく気持ちがいいですね。

でも、打ちやすさは205TAかな。どちらかといえば。

慣れてくると、パチパチ感が早打ちのクリック音にも変わってきますので、ますます楽しくなってきます。

このタイピング感の気持ちよさが、長文を書けることにつながっているんだと思います。

ポメラDM100は電卓に似ているような気がしています。数字じゃなくて、文章を書けるという。

ネットにつながらないこと

ポメラの利点は、ネットにつながらないことです。弱点ではないですね。むしろ長文を書くにはメリットと言えます。

ネットにつながらないということは、一番文章を書くのに一番効果が高いと思います。

ネットにつながるということは、webマーケティングに沿った人の目や意識を奪うような様々な仕掛けがあります。

なので、文章を作るだけであれば、ネットが無い方が集中できます。

ネットにつながらないことは弱みだと思っていたものが、逆に「文章を作ることに特化する」ことで強みになり、イノベーションにもなります。

まさに逆転の発想ですね。

反面デメリットは、webを調べながら書けないこと

ただ、ブログは決して自分の目で見たこと、体験したこと、考えたことだけではネタ切れをおこしてしまいます。

自分の中に沸き上がるような衝動もすごく大事なことなんですが、どうしても1記事が生まれるまで時間がかかってしまいますし、興味の幅が狭くなりがちです。

興味の幅が狭いということは、イコール記事ジャンルの幅が狭くなってしまうこととも言えますよね。

ノートPCでネット環境にあれば、自分で能動的に調べながら記事を書くことができます。

自分で調べることで、頭の中に知識が入ってきますし、知識を自分の思考のフィルターを通して色々と表現できます。

なので、ネットにつながらないことはメリットですが、反面、記事の内容の幅が狭くなってしまいます。

ポメラは、ノートPCやスマホと連携してシーンごとに使いわけるのが良いですね。

リアルタイムに文字数が表示されない

当ブログの「サラッと生きログ」はワードプレスで運営しています。

ポメラはワードプレスのテキストエディタのように、リアルタイムに文字数が表示されないので、自分がどれだけの文字を書いたのかチェックする必要があります。

ちなみに、

Menuキー > ツールタブ > 文字情報表示

で確認できます。

リアルタイムに文字数が表示されないのは、「最低限の文字数をクリアすればいいや!」と思っている場合は良いのですが、ある程度ボリュームのある記事を書きたいと思っている時は、逆にデメリットになります。

タイピングの軽快さと、気持ちよさに酔っているときは、文字数なんてあまり気にならないので、気付いた時には結構なボリュームを書いていることがしばしあります。

ポメラでは長文を書くための良くできたツールだと思います。

今後、ポメラだけで電子書籍作ってみたいですね。

ちなみに、今の段階で2,061文字です。web上にアップロードする頃には、PCでの編集もするので、若干変わると思います。

「集中してたら、いつの間にか結構な文章を書いてた!」というのがポメラDM100の良いところだと思います。

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

ポメラDM100をノートPC比較した利点は「長文を書けること」
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

コメント

  1. サクっと! より:

    記事を拝見しました。ポメラDM100はいいですよね。以前のシリーズからポメラは欲しがっているわりには、まだ入手していません。特にブログをやっているわけではないので、長文は書く機会はないのですが、それでも短文でもiPhoneでは書きにくいもの。また、パソコンではやはり重い!このジレンマの中でポメラDM100は興味津々のツールと言えるでしょう。イキルメディアさんの記事を読み終えてポメラDM100が更に欲しくなっています。日記、読書ノート、会社でのメモノート。ブログだけでなくても、使い道は色々ありますね。

    • けぴお サラト より:

      サクッと!さんこんばんわ^^

      1年たった今でも、ポメラDM100は現役バリバリでブログに使っています。
      さすがに、ヒンジ部分が弱くなってきたかなーと言う感じはありますが、タイピングに慣れてしまうとクセになります。

      何が一番優秀なのかって考えると、ネットがつながらないことです(笑
      時間がある限り、文章を書き続けられます。(ノートPCよりも文字数の体感早いです。いつの間にか5000字とかいきます。)

      ポメラいいですよー^^

  2. サクっと! より:

    ついにポメラDM100を購入し、先ほど届きました。
    開封し、使い始めると、かつてのモバイルギアを彷彿とさせます。
    小生は、ブログはやってません。
    ただ、先述のとおりSNSで長文を投稿する際にはスマホに親指ですとなかなか煩わしい。
    そんな中でのポメラは重宝しそうな予感です。
    長文作成マシンとして、楽しみたいと思います。
    いろいろとご紹介ありがとうございます。
    これからも、よろしくお願いいたします。

    • けぴお サラト より:

      サクッと!さんこんにちは^^

      ポメラDM100購入おめでとうございます!
      私も購入から1年以上経っていますが、今も使っています^^

      ブログ以外の面白い使い方がありましたら、私にも教えてください!(笑
      小説など本を書く人も使っているようですね~。

      こちらこそ、よろしくお願いします!