保育士の給料2%アップでは「不足」とのアンケート結果

保育士 給料

話題の保育士の待遇改善ですが、2017年度より保育士の給料を2%アップすると発表がありました。

その発表を受けて、保育士の求人・転職サイト「保育士バンク!」を運営する株式会社ネクストビートでは登録をしている保育士に対し、このニュースに関する意識調査を行ったそうです。

給料が2%上がることについて、どう思うか?

給料が2%上がることに対して、どう思うかのアンケート結果です。

保育士 給料

保育士に、「今回の政府の方針発表についてどう感じるか。」と聞いたところ、95.1%が「足りない」と回答し、今回の改善案に対し、ほとんどの保育士たちは満足していないようです。

続いて3.8%が「どちらともいえない」と回答。

なんと「満足」と回答した人は1.1%という結果になりました。「少しでも上がれば嬉しい」という気持ちはあるものの、

・現場の仕事の内容に対して、今回の増加分が加わってもなお、対価として見合っていない。

・約1万円増えたところで、働く人は増えない

というシビアな意見。

子供たちの成長をサポートするという、精神的にも肉体的にもハードな仕事をしている保育士さんにとっては、もっと抜本的な待遇改善を打ち出す必要がありそうですね。

どれくらい足りないのか?

では、どれくらい足りないのか?という問題ですが、

保育士 待遇改善

月額5万円が増えてもらいたいという希望が3割。その次は、3万円アップですね。

私の知り合いの知り合いで、男性で保育士をやっていますが、子供が3人でほとんど休みはなく、月額15万円。

妻はパートなので、家計はかなり辛いようです。

子供が3人いると、手取りで20万円以上ないと、地方であっても生きていくには厳しいと思います。

そう考えると+5万円の20万円になれば、生活にも少しゆとりが増えます。

保育園が経営的にどうなのか、どのような運営方法なのかは詳しく分かりませんが、どちらにしても財源は税金なので、頭打ちがあります。

2%を10%にするのだって、簡単じゃないでしょうね。

民間の運営であれば、経営面で何かしら利益を生み出すような方法が必要になるはず。

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

保育士の給料2%アップでは「不足」とのアンケート結果
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス