佐藤優が語る。何かにハマってしまう依存症の怖さとは?

佐藤優

(画像出典:東洋経済オンライン

元外務省の佐藤優さんの記事に、依存症の怖さについて書かれてありましたので紹介したいと思います。

以下、引用先はBIG tomorrow2016年8月号です。

依存症はすぐ身近にある。人の心の弱さに付け込む依存症。

ネットワークビジネスの怖さは、お金、自己実現、成長欲求などに巧みに入り込む。

この記事は、ニューカルマという書籍の書評記事です。

主人公のユウキも、やり手で大きなネットワークを持つ女性が傘下に入ったことで状況が一変します。

毎月100万円近い大金が何もしないで口座に振り込まれる。

さらに会合では成績優秀者として大勢の前でスポットライトを浴びる。金銭欲と名誉欲、他人いに認められたいという願望・・・。

それまでの仕事や生活からは、到底望めなかった欲望や欲求が一気に満たされるのです。

佐藤優氏によると、以上の場合はギャンブルの方が近いと指摘。

ギャンブルだけじゃなくて、仕事も同じ!快感を知るとやめられなくなる。

ワーカーホリックと言われるように、仕事依存症もあります。

かつて外務省にいた頃、月の超過勤務時間が300時間を超えていました。

毎日深夜2時、3時は当たり前。土日も休まずその調子で仕事をし続けると、その数字になります。

残業が普通の外務省でも、300時間を超える人はそういませんでした。

ただし、その分人より格段に情報量が増えるし、目に見えて仕事ができるようになっていく。それが楽しくてまた残業を続ける・・。

これは、私も同じような経験があります。

上司が急に不在となってしまい、部署全ての仕事を私が采配しつつ、新規事業や問題を1年の中で複数抱えていた時、仕事をすればするほど仕事がうまく回りだし、仕事の評価も上がっていく。(という勘違いを生み出していました。)

そうなると、普段くすぶっていたグズグズした自分が徐々に満たされていき、万能感を得るようになります。

結局、月100時間を3ヶ月くらい続けたのち、燃え尽き症候群とうつ病を発症し、心身がストップしています。

突然何もやる気がおきない・・バーンアウト症候群の初期症状まとめ

ああ、あのころにはもう戻りたくないですね・・昨年(2015年5月)の話ですから。もうあの頃とは、別世界で生きています。

少し話は違いますが、佐藤氏は北方領土問題で、出過ぎた杭は打たれるカタチで検察につかまっています。

以上についても、私も同じように仕事にハマリすぎてしまい、結果的に組織に干されることで依存症に気付き、自分の人生観を見直しています。

以下の記事は、電子書籍なみのボリュームでかなりの長文(12,000字)ですが、参考までに挙げておきます。

悩める30代に送る「人生の目的、生きる目的」を考えよう

人生観を洗い出して、自分の生き方を1年以上考え続けて、今のイキルメディアの考え方にたどりついています。

今の世の中は、気を付けていてもつい依存症になってしまう。

いまの世の中、気をつけていてもつい依存症になってしまう。

仕事でもギャンブルでも、スマホの課金ゲームにしても・・。

それから、身を守る術は何だと思いますか?

最後はやはり、どれだけ親身になって意見したり忠告したりしてくれる友人がいるかどうかでしょう。

家族や友人がいることで、依存症から抜け出せるんですね。

そういえば、私は30代になって飲酒が増えています。どんなに気をつけていても

「ハマる」んです。

佐藤氏は、副業収入は5%~10%を目安にするべきと指摘。

最後になりますが、

僕が思うに副業はせいぜい収入の5~10%ぐらいを目安にするべきです。

手取り30万円なら3万円まで。それ以上の額を稼ごうとすると本業に支障が出て、得るモノより失うモノの方が大きくなる。

わが身を振り返ってみると、昨年に必死にブログを書き続けたことで、700記事、10万PVに到達しています。

ブログを書きすぎて、風邪をこじらせてしまい1週間寝込んでしまったこともあります。

副業収入の割合で言えば、約20%近くです。

自分の将来への不安や閉塞感を打破するためにブログを書き続けていますが、今はとても精神的に落ち着いています。

もちろん仕事もプロ意識を持ってやっています。・・が!

副業の収入割合が増えていくことで、以上の忠告を思い出しつつ、キチンと向き合って解決していきたいと思います。

私は佐藤氏の本で「面白い!」と思った本を紹介しておきます。

国を動かす「官僚の世界」「国会議員との関係」を垣間見れますよ。

この記事は、以下のコンテンツページに掲載されています。

色々な書籍レビューを書いています。

書籍・本のレビュー、感想、書評まとめ

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

佐藤優が語る。何かにハマってしまう依存症の怖さとは?
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス