日商簿記に合格したい方の電卓 【Canon HS-1210TU】のレビュー② 全体的な質感

image21

CanonHS-12110TUのレビュー第2弾にいってみましょう。

いやー本当にコスパが良すぎる製品ですね。会社の経理をやっている時は、本当に助けられました。

何より、入力が楽しいんですよね。イメージとしては、「コ」と「カ」の間の音で「ココココココココココ」というクリック感です。

入力にはほとんどストレスありません。

スポンサーリンク

CANON HS-1210TUの全体的な質感をレビューします。

レビュー第2弾は、CANON HS-1210TU の全体的な質感をレビューしたいと思います。まず、表面はプラスチックか合成樹脂だと思われますが、メタリック塗装がされています。

第一弾は、こちらの記事です。

(参考記事:日商簿記に合格したい方の電卓 【Canon HS-1210TU】のレビュー① はじめに

日商簿記に合格したい方の電卓 【Canon HS-1210TU】のレビュー① はじめに

HSのオモテの部分をレビュー

HSは、全体的にメタリック感があってクールな印象ですので、男性向けなんだろうなーと思います。女性にはちょっと大きい気がします。

高級感溢れるまではいきませんが、電気屋さんで売っている1,000円代の電卓よりは質感が高いと思います。強化プラスチック系っていうのでしょうか。

特に安っぽさは感じません。かといって重厚感もないですけどね。

image3
HS-1210TU次に液晶部分ですが、透明アクリル樹脂が施されています。

この辺も1,000円代の電卓と違って若干の高級感を感じます。液晶部分を守る所はしっかりとした作りになっています。

HSのキモは入力ボタン。私は好みのクリック感です。

image4
日商簿記CANON HS-1210TU で一番の好印象がボタンです。樹脂の堅さと絶妙なクリック感で、私もお気に入りの部分です。

ここはHSのキモでしょうね。電卓は入力がすべて。

ボタンが押しにくかったら、ストレス以外の何モノでもないですよね。

安い電卓だと、フワフワした感触だったり、プラスチックが堅すぎる感触が多いように思いますが、柔らか過ぎず、硬すぎず丁度良い硬さです。

パチパチとした音じゃなくて、「ココココココ」というクリック感です。私は好みです

HS-1210TUの背面はどうなっているの?

image6

HSの記背面は、完全に普通の電卓です。

特に良い所も無く、悪い所も無いようです。滑り止めの効きも悪くないですね。

計算している時に滑るような電卓では使い物になりませんから。

HS-1210TUは現在、販売注中止。後継機種をオススメ

コストパフォーマンスに優れた電卓でも、現在Canon HS-1210TUは製造中止しています。

その代わりに後継機種、HS-1220TUGがリリースされています。

後継機種も2,000円以内で買えて、日商簿記受験に人気があるようですね。

私も今使っているHS-1210TUが壊れたら、これを買おうと思っています。

現在もHS-1210TUはアマゾンでは販売していますが、プレミアがついているようで少々高めです。

経理担当者、税理士、公認会計士の転職はこちら

経理担当者、税理士、公認会計士で転職を希望する方は、【ジャスネットキャリア】
をオススメしておきます。

ジャスネットキャリアは、1996年日本で初めて公認会計士が創設した人材紹介、人材派遣会社です。

2万人を超える、公認会計士、公認会計士試験合格者・税理士、税理士科目合格者、企業経理、財務、企画部門など数字に関わる業務経験者が登録しています。

転職先は、監査法人、コンサルティングファーム、税理士法人や、グローバル企業から中堅中小企業などですね。

記事の続きは、

次の記事は、

日商簿記に合格したい方の電卓 【Canon HS-1210TU】のレビュー③ 入力キー です。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

日商簿記に合格したい方の電卓 【Canon HS-1210TU】のレビュー② 全体的な質感
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス