ボス猿上司の部下になったら、服装のグレードは落とすべき?

ボス猿上司 睨まれない 服装

職場にいる困った「ボス猿上司」からにらまれないようにするために、服装のグレードはどうしたら良いのでしょうか?

早速考えていきましょう。

「ボス猿上司」の部下になってしまった!!にらまれないようにするために、服装はどうするべき?

まずは、ボス猿の特徴を挙げていきましょう。

まずは「ボス猿上司」について、改めて羅列していきましょう。以下の13項目のうち、9項以上あてはまれば間違いなく「ボス猿上司」に認定されます。

・支配欲がやたら強い

・何でも自分で決めないと気がすまない

・常にマウントポジショニンをとりたがる

・逆らうと容赦ない

・自分の手下ザルには優しい

・隣山のボスザルや手下ザルとよくケンカする

・声や体が大きい、体育会系出身者に多い

・そして、一番厄介な特徴は「面倒くさい」ということ。

・顔の色が黒い。

・やせ形もいるが、ほとんどは太っている。

・目つきが悪い。普通にしていても怒っているような顔をしている。

・酒や宴会が好き。

・オレ流が多く、手順通りに仕事を進められない。

どうですか?9項目は当てはまったでしょうか?

もし、あてはまったとしたら、すぐに対処しましょう!

ボス猿上司よりも、目立たたない服装にすることは必須中の必須!

ボス猿上司は、自分が部・課のトップであることを誇示するので、部下はボス猿よりも目立ってはいけません。

例えば、ボス猿上司がスーツ、ワイシャツ、ネクタイの場合、職場で許されるなら、あなたは、ノーネクタイでワイシャツだけにしましょう。

もし、ボス猿がノーネクタイ、ワイシャツなら、ポロシャツにしてみるなど、上司の服装よりもダウングレードします。

何度も言いますが、職場で許される場合のみです。

職場の決め事で、営業で全員がスーツ、ワイシャツ、ネクタイと決められているのであれば、量販店のスーツを着たり、安いスラックスにするなど、上司よりも高級なものは身に付けないようにしましょう。

下手に狙われるよりは、狙われないテクニックに走った方が、毎日楽しく過ごせますよ。

高級時計は絶対にしない!

ボス猿上司ももちろんですが、職場で自分よりも年上部下が多いと、変にライバル視されます。

私の個人的な考え方でもありますが、こちらは何もしていないのに、勝手に妬まれるのは面倒でしょうがありません。

なので、少しでも妬みを回避するためのテクニックとして、「高級時計はしないこと」をオススメします。

もちろん社会人としての最低限のマナーもありますので、相場としては1万円~高くても2万円くらいで十分です。

私は、独身時代に20万円くらいする時計を買っていますが、職場にはつけて行きません。

なぜなら、ボス猿上司から睨まれるのが面倒だからです。

服装は、安くていいので清潔志向でいこう!

ただ、服装はみすぼらしいのがすべてOKかと言えば、そうではありません。

職場はボス猿だけじゃなくて、若手の男性や女性もいると思います。

そう考えると、ボス猿上司対策のことばかりにとらわれるのでなく、周囲にも気配りが必要になってきます。

その方法の1つとして、「安くても良いので、清潔な服装にすること。」です。

今は、ユニクロやジーユー、HMVなどスタイリッシュかつ、価格が安いファストファッションが多くあります。

少しカジュアルでも、ビジネスで通用する服も販売しています。

ジーユーは若い人向けで、体の線が細い人向けですが、ユニクロなら万人向けです。

職場には3~4着程度を着まわす感覚で、ジャストフィットするものを着ていきましょう。

それだけで、清潔感があるイメージを保つことが出来るでしょう。

他にも困った上司の記事一覧をまとめていますので、以下参考にしてみてください。

イジワル、ハラスメントなど「困った上司」から身を守る対策記事まとめ

ではまた^^

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

ボス猿上司の部下になったら、服装のグレードは落とすべき?
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス