強い精神力は体力を超えると思うし、体力をつけることでより精神は鍛えられると思う

runners-752495_640

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

強い「精神力」は体力を超える

皆さん職業柄、色々な仕事に携わっている事と思います。

私の場合、企画的な仕事以外に、労務的な仕事もあります。

労務の場合も忙しいときは、ぶっ続けで10時間以上作業し続けるということもあります。休憩は10分か15分程度。

企画的な仕事は作業といっても、あらかじめ決められた作業では無く、自分である程度考えながら動けるので、自由裁量を持っています。

そして、顧客の状況や環境に合わせて、流動的に作業を行い、時間が流れていきます。

全てが流動的。

早朝の場合もあれば、夜までずっと続く事もあります。

毎日ではありませんが、これは体力的に結構キツイものです。

昔は、本当に嫌気がさすものでもありました。

毎日クタクタになっていた事を思い出します。

さて、

中間管理職になってから気づいた事があります。

以上のような激務が終了しても、結構ピンピンしてます。

それは、なぜでしょうか。

役職によって、自分自身の能力の変化は多々ありましたが、忍耐力が付くと同時に、

 体力を超える精神力を身に付ける事ができた

と思うのです。もしくは、「加齢によって自分の体の使い方を覚えた。」からとも言えます。

20代の頃は1日の体の使い方が分からず、あまり深く考える事はありませんでした。

とにかくガムシャラに、勢いで仕事をこなす毎日。

だから、毎日が疲労困憊し、クタクタだったのかもしれません。

私の職種や内容が、皆さんの参考になるかは「?」な所がありますが、

私が言いたいのは単に、

◎ 仕事の慣れ

◎ 加齢による体調の変化への気づき

だけではないような気がするのです。

それが、自分に新たに付加された「精神力」だと思うのです。

でも、それがどのような段階で付加されたのは、まだ整理が出来ていません。

◎ 朝活(04時30分~06時30分)によるものか。

◎ 大量の読書(年間200冊)によるインプットなのか。

◎ ブログやWEBのアウトプット量なのか。

◎ 日々の仕事や顧客との会話からの吸収なのか。

ランニングで体力を鍛えると同時に、精神も鍛えられる

週2日くらいの頻度でランニングをしていますが、体力がついてくると精神力も身に付きますね。

お互いに比例関係にあると思います。

体力がつくと、少々のことでもへこたれることはないですし。

ランニングもこのまま継続していこうと思います。

もしかすると、継続力の向上 ⇒ 忍耐力の向上 ⇒ 精神力の向上

という図式かもしれません。

しかし、12時間ぶっ続けで動き続けても、10分程度じっと座るだけで、体の疲れが和らぐこともあります。

倒れそうになりながら帰宅し、「笑顔」で家族に接する事ができます。

以前は、イライラしながら家族に八つ当たりしていました。

でも、今は違う。それはなぜか。

明らかな精神力の向上です。

この精神力をさらに太くする事が、自分にとってプラスになるのは明らかですね。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

強い精神力は体力を超えると思うし、体力をつけることでより精神は鍛えられると思う
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス