主任の平均年齢は何歳?

主任 年齢 平均

主任の平均年齢についてまとめていきます。

これは私の実体験や、web調査に基づいてまとめています。

主任は26~29歳くらいで昇進する

私の経験上、主任は26~30歳くらいで昇進することが多いです。

主任は、「仕事の習熟度が高い」ことを表した役職です。

ですので、仕事ができる人は26才くらいで主任になります。

ただ、下記にも書いていますが、組織によって主任の年齢はバラバラなことが多いです。

係長に昇進するのは29~32歳後半

財団法人 労務行政研究所の役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向によると、係長

係長に昇進するのは早い人で29.5歳で、標準では32.7歳です。

係長がいても、主任がいない場合もありますし、主任はいるけど係長はいない組織もあります。

イキルメディアの記事では、係長と主任はどちらもリーダー職としての機能を持っており、同じ区分けで考えています。

ただし、一般的には主任→係長という順番になるでしょう。

そう考えると、係長が29~32歳であれば、主任が26~29歳という考え方も逆算でできます。

組織の大きさにもよります。

私の経験上、組織の大きさによって主任の年齢層はバラバラ

組織が大きければ主任になるのが遅く、組織が小さければ主任になるのが早いと思われがちですが、実態ではそうとも言い切れません。

私の知っている限りでも、大きな組織で仕事ができる若手は26歳くらいで主任になります。

逆にどんなに仕事ができる40代でも課長になれず、組織の都合上、主任という肩書の人もいるのです。

公務員など、人数のパイが大きい組織がそれにあたります。

肩書は、当然ながら組織の都合によるものが大きいということと、必ずしも仕事ができるからといって主任や係長になれるものでもないのです。

「チーフ(主任)」と呼ばれる実際の肩書にはない役職もある

チーフは英語で言う「主任」です。

名刺に乗る正式な場合もあれば、名刺には乗らずに「リーダー」としての扱いにする場合もあります。

チーフの場合も主任と同様の年齢層が多いです。

定年後に「主任」や「副主任」という役職がつく場合もある

課長や課長代理、課長補佐など、管理職としてバリバリ働いている人が定年を向かえ、再雇用されると「主任」や「副主任」という肩書がつく場合があります。

主任はモチベーションをアップする意味もあるのです。

新任や若手の係長・主任などリーダーの仕事術は、私が歩んできた経験を凝縮して以下の記事にまとめています。

勉強になりますので、参考にしてみてください。

参考  係長・主任になったら知っておきたい役割「5つのルール」

参考  係長・主任に昇進したばかりの人が覚えておきたい基本マニュアル

top image is Designed by Freepik

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

主任の平均年齢は何歳?
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス