私は今になって思うのは、世の中を甘く見ていた所があったってことです。

若い 新人 職場 社会

私の若い頃を思い出すと、正義感的で理想論的で甘いところがありました。

思い起こせば、新入社員だった頃の話です。

上司やベテランが若手社員をターゲットに、がパワハラやイジメを繰り返す人に疑問がありました。

なぜなら、後輩や新人に仕事をきちんと教えれば、自分が楽になるし、ほんの少しの努力で業績が右肩上がりするのに、なぜだろう?と思っていました。

私が就職氷河期時代で遭遇した職場の光景には、沢山の非合理的な疑問がありました。

☑ 後輩に仕事を教えず、ひたすらいじめやハラスメントを繰り返すこと

☑ 金を稼ぎに来ているのに、なぜ学校の延長みたいなことをするのか

☑ 何の努力もせず、立場の弱い人に怒鳴ったり、威張ったりすること

と感じる時がありました。

今は絶対にしないと思いますが、直接本人(上司)に意見したこともあります。

当たり前の正論過ぎて上司は面食らって何も言えず、後日、仕返しに今度は私がターゲットになりました。

あれから20年。

当時の思いと今思うこと、時代の考え方の違い、多くのサラリーマンの現実や私の理想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

10年前まではハラスメントという言葉が普及されていなかった

日本で「セクハラ」という言葉が認知されたのが、セクハラの裁判があった平成元年(1989年)です。

その後、「パワハラ」(平成13年(2001年))という言葉が生まれました。

(参考web:平成の働き方の変化(職場の問題編)~◯◯ハラスメントはなぜ増えたか~

私が働き始めたのは平成13年ですが、当時はスマホがあるわけではないので、現代ほどネット環境が良いわけではありません。

地方ではまだまだハラスメントの認知が遅れていたと思います。

私の世代は、就職難の「就職氷河期世代」と言われていますが、「ロスジェネ世代」とも言われています。

働く場所が無く、一見高額な給料に見える派遣労働につられて働く友人もいました。

正社員で働くことができても、職場でのハラスメントやイジメ、長時間労働が多く、つらくて辞めても次の働く場所はありませんでした。

ひたすら耐え抜いて、我慢をしてきました。

現代は、ハラスメントをすれば上司が訴えられるという、世の中になっています。

それだけ労働者側の弱い立場の人が、ひどい扱いを受け続け、社会問題に発展したからなんだと思います。

私は仕事で猛烈に稼いで生活を楽にしたかった。ただしほとんどの人は惰性で働いている

若い頃は会社は金を稼ぐための場所と割り切って、クールなつきあい方をしていました。

でも仕事では、猛烈でガムシャラに行動し、仕事の結果や成果を出すことにこだわっていました。

結果や成果を出すことは、今でも変わっていないように思います。

20代の頃は「周囲もきっと同じ考えで働いている」と思っていましたが、意外とそうでもなく、ほとんどの人は惰性的に勤務し、仕事をし、働いていることが分かりました。

雇われるということはそんなものだということが理解できたのは、つい最近のような気がします。

理想を発言すれば結果を出す必要がある

私は理想を発言し、それを実現するためにひたすら必死に働き、仕事をしてきました。

組織で理想論的な主張や発言をすると「じゃあ、お前がやってみろ!」となるのが、世の常です。

大失敗したこともありますし、成功したこともあります。

発言には責任という痛みが伴いますが、それを乗り越える面白さもあります。

以上、「私は今になって思うのは、世の中を甘く見ていた所があったってことです。」でした。

ではまた^^

top image is People vector created by pch.vector – www.freepik.com

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

私は今になって思うのは、世の中を甘く見ていた所があったってことです。
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

コメント

  1. ザク男爵 より:

    ブログ拝見させて頂きました。
    大変参考になるブログです。

    私自身も、会社・上司に対してサラトさんと似たような認識を持っております。
    妻子いる為、すぐに辞める訳にはいかず、かといって、転職しても同じことを繰り返すだけ。

    ブログ経営って悩みますけど楽しいですね!!

    • サラト より:

      ザク男爵さん初めまして^^

      なんとも嬉しくなるようなコメントありがとうございます。
      私はブログを早く軌道に乗せたい一心で毎日書いています!

      でも書くことが楽しいから・・・っていうのもあります。
      お互いがんばりましょう!!