「権力闘争」と「理不尽」の世界の中で、中年サラリーマンが泳ぎきる技術

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

swimmer-659906_640

男が一番嫉妬深いので、中間管理職が普段気にとめておくこと

組織に15年以上もいると、サラリーマンの世界がイヤでも良くわかるようになります。

男性は男性の世界があり、女性は女性の世界があります。

男の嫉妬というのは、本当に面倒くさいですよ。あまり目立つとモロに足を引っ張られたり、仕事の邪魔や因縁をふっかけたりされるもの。

こんなもんです。「仕事に何の関係があるの?」という学生じみたことまで、サラリーマン世界は当たり前なんですね。

イジメだってそうですよ。学校を卒業すればイジメがなくなると思いきや、職場はもっと陰険なイジメがいっぱいあります。

上司よりも絶対にカッコつけない服装にする

上司よりも、良い腕時計や仕立ての良いスーツなどは絶対にやめましょう。

上司は、あなたよりも優れていなければならないイキモノなのです。

たとえ、あなたよりも優れていない人だとしても、自分を抑えめに表現しなければならないのです。

といってる私も、実はそんなの関係ねえ!と振る舞ってきましたが、やっぱり男社会では、出る杭はバンバン打たれます。

直接仕事にかかわることであれば、しょうがないと思いますが、上司よりもきちんとした服装をするだけで、上司のジェラシーを受けると、スムーズに進む仕事も、変な感情が渦巻いてはかどらなくなります。

面倒くさいですよね。まったく。でも、サラリーマンで居続けるためには、上司よりも優れていないフリをしなければなりません。

これは、上司の度量によります。上司によっては、自分より優秀でOK。早く自分を追い越せとい人もなかにはいます。

その上司が組織的に認められており、仕事もできる人じゃないと、そんな言葉が出ることはありません。

9割9分以上の上司は、自分より優秀な部下を嫌います。

だからこそ、変に嫉妬されて仕事の足を引っ張られるよりは、本当にダサダサな格好で仕事をした方が良いですよ。

権力者にはさからわない。でも意見はする。

権力者には決して逆らってはいけません。

コンプライアンス違反や、法を犯すために社員を犠牲にするような幹部であれば、猛反発してもいいです。

これはおかしい!!と思うことを、率直に意見し、口に出せるのは、若手社員と労働組合の幹部くらいです。

それ以外で、幹部とケンカする時は、今後の身の置き場も考えてから実行に移した方が良いですよ。

これは、私の失敗経験からのアドバイスです。

20代の頃に意見するのは、まあ元気があってよいよいとなりますが、30いくつにもなって、幹部とケンカをするのは、大人の対応とは言えません。

あまりにも出過ぎると、幹部全員を敵にまわしたり、ひどいときは左遷されたりします。

意見して良い時は会議の時です。それも、オブラートに包むのを忘れずに。

従業員の意見は時として、幹部が積み重ねてきた歴史を否定する言葉になります。幹部に度量があれば問題ないのですが、そうでなければ、君はどう思う?と言われたときに、意見する程度で良いと思います。

権力者同士は仲良いフリをする。そこは心に留めておく

face-161082_640

権力者同士は、ニコニコと仲良しのフリをします。

本当に仲が良いのであれば、プライベートでも共にします。

でも、幹部同士仲が良いというのは、派閥に入ってるからこそ仲が良いのです。ちなみに、派閥に入るというのは共通の敵がいるということです。

私は、特定の派閥も入らないし、入ろうとも思いません。

だからこそ、組織を敵に回すときは、一個人として戦いを挑むことになります。面倒ですけど、仕方ないですね。

権力者同士は、仲が良いフリをしていますが、表面上の仲良しをそのまま鵜呑みにしてはいけません。

○○専務と、○○部長は仲いいんですね~とも言わないことです。

うん。そうだねーと言った顔の裏は、氷の仮面が隠れているものです。

ですから、本当のところを知った上で、内部交渉に当たるべしです。本当は仲が良くないのであれば、お互いの間を縫うように、別々に話をしなくてはならない場面もありますので。

女性がらみが一番やっかい。女性には絶対手を出さない。

組織が大きくなると、女性絡みの問題が一番やっかいです。

男性の多くは女性ほど空気を読んだり、情報伝達能力に長けていません。

女性はその場の気持ちで、すぐに敵を作ったり、グループを組んだり、お局がワガママを言い始めたり、若手をイジメたり、何かと問題があるのです。

女性は男性ほど、権力にまみれた骨肉の争いをするわけではありません。

ただ、女性は女性で男の見えないところで、日々バトルが繰り広げられているのです。

ニコニコの笑顔は、大体が作られていますよ。

なので、組織の中で女性に手を出したりすると、驚異のスピードで情報伝達します。それは恐ろしいものです。

それが、たとえばセクハラがらみだったり、不倫だったりすると、一発アウト。幹部に知れたら、サラリーマン人生終わりですから。

女性は、組織で一番かしこく生きていると思う

とはいえ、女性は組織の中で一番賢く生きていると思います。

権力とか出世競争とか、ほとんどの人が気にしません。

私たちが女性に習うべきところは、組織の中で賢く振る舞う方法などの処世術や、生活のためという割り切り感だと思います。

もちろんキャリアを目指している人は別です。

まだまだ見習うべきところはあるようです。

組織のピラミッドの頂点は一番面倒くさい。だからこそ、中間管理職は波の中で泳ぐのだ!

sea-79606_640

以上のように、長年の中間管理職サラリーマンは、色々な組織学を肌で感じるわけです。ホントはこんなの好きじゃないのにね。

私としては、ビジネス感まっしぐらで行きたいんですけどね。サラリーマンの世界は本当に面倒くさいです。

でも、サラリーマンとして生き抜くためには、こういった権力争い、女性の間でユラユラ泳ぐのです。

面倒くささも併せて、最後にお話します。

幹部は本音と建前があるので、イチイチ感情を読まなくちゃいけない

幹部は必ずと言っていいほど、本音は口にしません。まず、建前があります。建前を鵜呑みにすると、さあ大変。

「めんどくせえな!はっきり言えよ!!」と何度も口まで出かかったこともありますが、グッとがまんです。

思考のクセ、好きな物、趣味、スポーツ、嫌いなタイプなどなど、様々なことを考えて一手を打つのです。

組織のピラミッドの上の方は、大体そんな感じです。

本当にこんなの仕事かよ!!ということっていっぱいあります。

とりあえず、給料をもらえるだけマシと思うのだ!

euro-447209_640

大体ですが、組織の裏面のことはお話できました。

で、ここまで書くと本当イヤになりますよね?私もほとほとイヤになります。

でも、サラリーマンで正社員だと、変な話何もしなくても、給料がもらえるんです。

がんばらなくてもですよ。遊んでいても勝手にベースアップしていくところなんて、まだありますから。

だから、なんだかんだで、給料もらえればいいやーという割り切り感も必要なんだと思います。

私は早く会社を辞めるために、ブログがんばります。

権力闘争と理不尽の中で、今思うこと

今、マネジメントの本だとか、リーダーシップとか部下の伸ばし方の書籍っていっぱいあります。

私もプレイングマネジャーになってから、相当本を読み、実践に移して仕事をしてきました。

ただ、サラリーマンの世界って、実はそんな表面的な技術の話ではないと思うようになりました。

確かに、リーダーシップを勉強されている方は、素晴らしいです。

でも、組織そのものが腐っていれば、そんなのすぐにひねりつぶされて終わりです。

私は理不尽な扱いを沢山経験してきました。でも、家族のため、働いて生きなきゃならない。

理不尽なことされても、苦しくても、泣きたくなっても、働かなきゃらないんです。

素晴らしい組織もあると思います。社員全員がやる気に満ちあふれていて、実績も高く、レベルも高いところ。

仕事にやりがいが持てるところもです。「そんなところで働きたい!!!」と強く願うところです。

地方にはそんな組織ってあるのかな・・。

これから、就職先を選ぶ人は「安定」で選んじゃだめ。安定なんか日本経済でこの先無いっすよ。

今回も最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます。

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
東北ブロガー。家族とミニウサギと楽しく暮らしてます。ジャーナルな執筆活動と自給自足で牧歌的な生き方を目指す「物書き屋さん」です。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス

記事が役に立ちましたら「シェア」をお願いします!

フォローする

「権力闘争」と「理不尽」の世界の中で、中年サラリーマンが泳ぎきる技術
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス