売り言葉に買い言葉で、ケンカになったり、雰囲気が悪くならない方法

angry-man-274175_640

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

いつも特定の人と、売り言葉に買い言葉になっていまい、口ゲンカになってしまいませんか?解決方法を考えます。

いつも特定の人と、議論の途中で不愉快な会話になり、感情的な口論になるということは無いでしょうか。

私の経験でも、お互いにも好意はあるものの、なぜか議論的な話しに発展し、感情的な物言いの中で、会話が終わってしまうということがあります。

このような状態について、どのように解決すば良いのか、考えていきたいと思います。

議論や会話の中で相手が怒り出したら、何も言わずに相手の怒りを発散させる

議論の途中で、相手が自分に対し、攻撃するフレーズを最初に言ってきたとしましょう。

そうすると、売り言葉に買い言葉の状態になり、すぐに感情的言い争いになります。

もし、あなたが最初に口火を切ってしまった場合、まずやるべきことは、火がついた相手の感情を逆撫ですることなく、ただ、余計なことは言わないようにしましょう。

相手の感情につい火をただ、傍観するように第三者のような立場にしてみましょう。

あっ!と思ったら、黙るのです。

注意ポイントは、相手の言葉には同意しないことです。

相手が議論の中で、不愉快になったり、愉快になったりすることがあれば、一旦議論をやめる

議論の中で、相手が突然不愉快な領域に入ったり、期限の良い領域に入ったりするようであれば、一旦議論をやめた方が無難です。

このまま、議論をつづければ間違いなく口論になり、ケンカ別れになってしまいます。

まず、相手を知ること。議論に勝つ必要があるか考える

まず、相手を知ることです。あなたよりも、組織上のランクが上だとすれば、議論に買っても何の特もありません。

相手の怒りの導火線に火がついてしまえば、消化するのは困難になりますし、しばらく怒りが消えないばかりか、権力であっけなくつぶされることもあります。

議論に勝つ(論破)ことで、人間関係が壊れないか?その辺もよく考えて、売り言葉に買い言葉にならないように気をつけましょう。

最終的には逃げる、近づかないことも必要

もし、相手と近くにいるだけで感情的な論争に発展するのであれば、最終的な手段として、相手と自分の距離を置くということも大事です。

自分に危害を加える人とは、つき合わないようにしましょう。

もし、直接的な上司であれば、毎日針のムシロになってしまうと思います。

そうでなければ、徹底して距離を置き、近づかないようにするのです。

どうしてもつき合っていかなければならない人とは、うまく議論を交わし、特に関係を持つ必要がない相手には、逃げる、近づかないというのが最終手段です。

今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

売り言葉に買い言葉で、ケンカになったり、雰囲気が悪くならない方法
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス