口ベタな人は、「行動で信頼を作っていくしかありません」という話。

行動 信頼 口ベタ

口ベタな人は、コミュニケーションが苦手なために信頼を得るまでに時間がかかるものです。

行動を積みかさね、コツコツ信頼を獲得していくしかありません。

行動で信頼を作る方法を学んでいきましょう。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

うまく言葉を表現できない人は行動で示そう

言葉と会話は相手との距離を近づけるための方法です。

ただ、口ベタな人は苦手意識を持っていますので、なかなか相手との距離が近づきません。

仕事でも同じようなことが言えるでしょう。

だからこそ、仕事では間違いないものや、ミスなく進め、コツコツ信頼を作ることを目標にしていきましょう。

やがて、行動が信頼できる人になり、大きい信頼を獲得できます。

口ベタは練習と訓練次第で何とかなることもある

組織ではコミュニケーションは普段から重ねておかないと、お願いできることも、すごく大変なお願いになってしまいます。

これも、普段からのコミュニケーションで重いモノも軽くなるということ。

ただ、口ベタな人は、分かってはいるけどなかなか出来ないんですよね。

そんな時は、自分と同類や思考が同タイプの人とコミュニケーションをとって、元気をもらいましょう。

コミュニケーション力も、練習次第で何とかなる場合もあります。普段しゃべらないから、しゃべれない人になるのです。

それでも、口ベタでコミュニケーションが苦手な場合は、行動で信頼を作っていくしかないと思います。

約束は必ず守ろう

口ベタな人はどんなささいな約束でも、約束したら必ず守りましょう。

口先だけでその場を回避するような人は、信頼を得ることはできません。

守れない約束はしないと、決めておきましょう。

信頼残高の高い人は10回の約束のうち、1回は守れなくても許してもらえます。

でも、信頼残高が低い人は信頼の積み重ねがないので、約束を破ると「やっぱりあいつは信頼できない」となります。

私の経験では、アポイントの約束をとってきたものの、3回もドタキャンされたことがありました。

そうなると日々のスケジュールが狂い、予定が空白になります。

準備もパーになります。

逆に言えば、自分も3回繰り返せば、相手から信用されないということです。

自分が口に出した約束は、何が何でも必ず成し遂げましょう。

そうすると、相手は信頼してくれます。

依頼を受けたら、驚くほど早いスピードで行動しよう

仕事で信頼を積みかさねるコツとして、

  • 締め切り前に書類を提出する
  • 依頼された仕事は早く処理する
  • 締め切りに間に合わない場合は一報を入れる
  • 守れない約束はしない

以上があります。

なかでも約束の期限よりも前に提出することは、信頼を作る方法の1つです。

もちろん優先順位はありますが、今すぐやれることは先延ばしにせずに行動をおこしましょう。

小さな依頼にスピード感をもって対応していれば、相手は信頼してくれます。

以上、『口ベタな人は、「行動で信頼を作っていくしかありません」という話。』でした。

ではまた^^

▼行動して信頼を獲得していきましょう!

top image is Character vector created by vectorjuice – www.freepik.com

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

口ベタな人は、「行動で信頼を作っていくしかありません」という話。
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス