DODAでキャリア診断して自分の強み、弱み、適職を把握してみた!

DODA キャリア診断

転職サービスのDODAは以前から使用していますが、今まであまり使っていなかったキャリア診断をしてみました。

120問の問いに直感的に答えていくので、10分くらいで終了しています。

弱み、強み、適職タイプまで判断できるので、ぜひ自身のキャリアに活かせればと思います。

DODAで診断。キャリアを把握してみよう!

私のキャリア診断を公開してみたいと思います。

パーソナリティ診断結果まとめ

DODA パーソナリティ診断

柔軟性があり、相手の要求にこたえていくのを得意としていますが、コミュニケーション能力が低いのは自分でも理解していました。

外交性38というのは理解できますね。

強みである、配慮やサービス性、機敏さを生かしたキャリア形成をしたほうが良いとのことです。なるほどー。

パーソナリティ診断

物事の本質は大体直感的に理解できる方で、物事を追求するのも理解できます。

冷静な行動もそうですね。

以下、画像から抜き出しですが、なんとも嬉しいですね。

自分の能力に対して自信があり、経験のない事柄にも物怖じせずにチャレンジできるバイタリティを持っているため、常に可能性を信じ自らの考えや行動を貫けいていける姿勢もあるようです。

ただ、自分のやるべきことを優先してしまうことで、周囲の摩擦を指摘されています。

気遣いや配慮は忘れないことが注意ポイントですね。

この辺もなんとなく理解しています。

キャリア診断結果まとめ

キャリア診断

全体の仕組みや流れを変えていくのは、今の仕事からもそういえます。

業界全体の流れを変えたり、方向付けをする仕事です。

驚くのはスペシャリスト系だと思っていたら、ジェネラリスト系なんですね。

現在の仕事環境が、そのまま診断されているようなイメージを持ちます。

コミュニケーション能力はそれほど高いとは思っていませんでしたが、チームで進めるのが良いようですね。

キャリア診断

これは納得。今は、安定で年功序列の組織ですが、私の性格からはちょと違和感があります。

これは、入社したころから思っていました。

どちらかと言えば、ビジネス的で成果主義で革新的な職場を好むのは理解できます。

サラッとまとめ!

30そこそこになると、自分自身が良く分かってきますが、改めてキャリア診断することで自分自身の強み、弱み、適正などを把握することができました。

ぜひ自分の特色を知って、転職活動に役立ててみてください。

DODA 転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?で診断できます。

ではまた^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

DODAでキャリア診断して自分の強み、弱み、適職を把握してみた!
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス