上司になるべき人、なっちゃいけない人

man-871960_640

上司になるべき人、上司になってはいけない人は、どんな人を指すのでしょうか。

私達サラリーマンは仕事をしていく上で、上司との関係は切ってもきれません。

あなたの上司はどうでしょうか?

本当に上司になるべき人?それともなっちゃいけない人でしょうか。

私は1981年生まれのミレニアム世代です。就職氷河期でもあります。

就職氷河期の世代は、上司に恵まれず、団塊の世代やバブル上司からハラスメントやイジメを沢山受けてきました。

そして今、30代の中盤を迎え、管理職という立場になり、社会の中心を担う世代になりました。

時代とともに働く人は移り変わり、世代が変わればマネジメントもリーダーシップの取り方も変化し、世の中も社会も変わっていきます。

なので、いつでもどこでも通用する普遍的なノウハウは無いと思っています。

ただ、改めて客観的な視点で自分が歩んできたサラリーマン人生を見返すと、上司になった方が良い人、ならない方が良い人は何となく分かります。

今回は、整理していきたいと思います。

一緒に考えていきましょう。

上司になってはいけない人。

同僚や後輩をイジメたり、意地悪する人。

同僚や後輩をわざと周囲を巻き込んで、イジメをしたり、意地悪なことをする人を上司にしてはいけません。

上司になっても、気に入らない部下をイジメるようになります。

仕事上ミスをし、部下を叱ることは多いに結構です。

叱ることで、良い方向に持って行くからです。

ただ、感情的に「気に入らない」という理由にシフトさせて、イジメをしたり、わざと失敗させて叱り、あざ笑う上司もいるのです。

こういった「イジメ体質」の人は上司になってはいけない人です。

指示がメチャクチャな人。

上司になって困る人は、「指示がメチャクチャな人」です。

上司の言う通りに行動すると、90%以上失敗するのです。

こんな上司の下で働くと、安心して指示を聞けません。

部下は、上司の判断を常に疑うようになります。

判断して行動し、自分が失敗するだけなら影響は小さく済みますよね。

でも上司になれば、部下にも影響が出てきます。

まともに判断ができない、指示がメチャクチャな上司を上位者におくと、その下で働く中間管理職や部下が苦労します。

判断できない人。

判断すべきポジションにいながら、決定できない、判断できない上司は上司になってはいけません。

判断せずに放置すれば、部下の仕事は滞留しますし、部下は戸惑ってバラバラに行動を始めます。

判断できる職権を持ちながら判断できない人は、上司になってはいけません。

論理よりも感情を優先する人。

感情の好き、嫌いで物事を判断したり、情緒面だけで判断する上司は上司になってはいけません。

ロジックで考えて、考えて、考えきれない問題にぶち当たった時に、人間の側面としての情緒や感情面での判断をするのが良い上司です。

これは、結果を出すリーダーはみな非情である。30代から鍛える意志決定力(書評/内容/レビュー)の書籍が参考になります。

感情ですべて物事を決める上司の部は、上司の機嫌が悪いかどうか、いつもビクビクしています。

極論ですが、「お前は嫌いだから、雑用だけやってろ」なんて言われたら、どうします?

しかも次の日は、機嫌が良く「なんでも許す」みたいな上司だったら?

感情で物事のすべてを決めるような上司が上立つと、部下は毎日機嫌をうかがわなければなりません。

部下に責任を押しつける人。

納得できる記事コラムがありました。

言うまでもありませんが、責任を部下に押し付ける上司は部下に信頼されません。では、責任を負うというのが具体的にどういうことかと言えば、部下だけでどうしようもなくなった場合に、最後は巻き取ること、最後は上司が巻き取ることをあらかじめ部下がわかった上でなおがんばるという信頼関係が構築されていることだと思います。

上司に使い捨てにされると部下が思ってしまうと、部下もまたリスクヘッジに走ります。直接、最後は巻き取ると宣言する必要はないとは思いますが、巻き取られたくないと思う理由になるのはやはり上記の信頼関係です

出典:上司にしたい上司になるために意識するべき10のこと – LIG

「上司から使い捨てにされてしまう!」と部下が思うと、まず、リスクヘッジに走るというのはホント。

・機嫌が良いところを見計らって、仕事をどんどん投げてくる上司

・仕事を投げておいて、何も判断もしない、させっぱなし

・上司の指示を受けて、仕事をし実績を上げても「ふーん」で終わり。失敗したら猛烈に攻め立てて、責任を負わせるように仕組む

こんな上司がいたら、すぐにリスクヘッジに走った方が賢明だわ・・・となっちゃうんです。

例えば、

・仕事を依頼されても絶対に断わる。

・何か話かけられても、心理的バリアを張っている

・最低限やることだけやって、上司に投げ返す

ということをやります。

こうやって上司と部下の信頼関係が崩れていくのです。

上司になるべき人

善悪の判断が出来る人。

もうこれは基本中の基本です。最低ライン。

「善悪の判断が出来る人」は上司になれる人です。

善悪の基準が無い人は、悪の道に部下を引きづり込んで「利」を得ようとします。

だまして利益を得る組織は、ゆくゆくは情報社会の中で公開されて批判を浴び、社会的に信用を失って顧客を失い、淘汰されます。

行動できる人。

行動できる人は上司になるべき人です。

行動せずに、部下に全て押し付ける上司はゴマンといます。

以上、『上司になるべき人、なっちゃいけない人』をお伝えしました。

ではでは^^

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス
上司になるべき人、なっちゃいけない人
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス