女性が多く、女性中心の職場で男性上司が覚えておきたいこと

女性部下 男性女子 覚えておきたいこと

男性にとっては、女性のばかりの職場がうらやましいと思うでしょう。

それは、とんでもない誤解です。

私の経験では、女性の職場は非常に精神的な苦労が伴います。

ただ、コツをつかめば女性は最強のメンバーになります。

女性中心の職場で、男性上司が気を付けるポイントをまとめていきます。

女性同士は毎日いざこざがあると思って間違いなし

女性が多く、女性が中心の職場はほぼ毎日いざこざがあります。

同じ職場に3人いれば、間違いなく何かが起きています。

女性は、毎日いざこざが起こると思って間違いありません。

自分達で解決できるようなことであれば、介入せずに放置してもかまいません。

ただ、仕事の負担やボリュームがいざこざを増長させている場合もありますので、職場の雰囲気が悪くなる前に、対処の必要があることを覚えておきましょう。

女性は表面上の仲良しが得意である

女性は表面上の仲良しが得意です。

嫌いな人でも顔に出さず、それとなく普通に会話できるのが女性の特徴です。

ただ、その場から離れると、愚痴や悪口のオンパレードになるのが定説です。

ですので、男性上司は表面上の仲良しは「本当に仲が良いわけではない」と見ておきましょう。

上司である以上、100%悪口を言われている

上司である以上、100%何らかの悪口を言われています。

上司には悪口が耳に入らないだけです。

ただ、そんなことを気にしていては、女性の職場では務まりませんので、気にしないのが鉄則です。

女性は、何かと悪口や愚痴が好きな存在なのです。

話しをするときは、全員に同じように話す。

話しをするときは、全員に同じように話しをしましょう。

女性部下の1人が嫌いだからと言って、1人にだけ連絡をしないと女性はすぐに感づきます。

すぐに距離を置かれるばかりか、仕事をしなくなったり、放り出したりする部下もいます。

女性部下に話しをするときは、全員に同じように話をするのが鉄則です。

朝礼を活かすと良いでしょう。

月1回の感情の乱れは一切気にしない

女性にしかない、月1度の感情の乱れは一切気にしないようにしましょう。

女性自身も、自分で感情のコントロールができないのです。

私の経験で一番手強かったのは、物を投げたり、話しをしても無視したり、仕事を投げ出したり、その場からいなくなったりする人がいました。

あまりにも職場の秩序が乱れる場合は、月1回の行事を耐え抜いた後、人事異動などで人の入れ替わりのタイミングで注意すると良いでしょう。

または、1対1で注意すると良いでしょう。

女性のリーダー役を立てると楽になる

女性のマネジメントで大事なことは、女性のリーダー役を設定することです。

例えば、男性上司が服装を注意するとき、直接注意するとハラスメントになる場合もあります。

そういうときは、女性リーダー役から注意してもらうと問題がおきません。

リーダー役が係長や主任であれば良いですが、全員が平社員の場合もあります。

その場合は、

・女性の中で、一番年上で経験が豊富な人

・イジメや意地悪をしない人

・男性上司とお互いにコミュニケーションが取れる人

・上司の補佐役になれる人(とりあえず「はい」と言える人)

以上をリーダー役に設定しましょう。

言いたいことがあるけど、言えない女性は1対1で話を聞こう

女性は全員でいるときは、当たり障りのないことを話します。

率直な一言は、トラブルの元であることを理解しているからです。

経験上、何か言いたいことがある女性は、色んな形で上司に気付いてほしいとアクションを取ってきます。

例えば、わざと無視したり、嫌がる態度を取る、怒っていることを態度で表します。

そんなときは、1対1で話を聞く時間を設けましょう。

ただ、1対1になっても女性は全てを表現せずに、当たり障りのないことを言うでしょう。

それでも、話しをするだけで女性との関係は変わってきます。

それだけ女性は「奥ゆかしい存在」と思っておきましょう。

不満をぶつけてくる女性は「認めて欲しい」「かまってほしい」の裏返し

不満をぶつけてくる女性の中には、「自分を認めて惜しい」「かまってほしい」という人も多いです。

承認欲求が高い人ほど、大きい声で論理立てて話しをしたり、怒っている感を態度で示そうとします。

一般的にも仕事ができる人ほど、そういう態度を取りますので放置してはいけません。

そんなときは、何かのタイミングで仕事ぶりをほめてみましょう。

すぐに男性上司との関係性が変わるはずです。

話しをしたくない上司には噂で耳に入れようとするので、「それは聞いていない」で良い

女性部下の中には、上司が嫌いで話をしたくないという人もいます。

建前で仕事ができず感情だけで仕事をする、精神的に未熟な女性に多いです。

そういう人ほど、別の女性を挟んでコミュニケーションをとったり、噂を広げて上司の耳に入れようとするものです。

ただ、上司に直接言わないとダメなこと(出退勤や有休、家庭環境の変化で配慮してほしいこと)も噂で耳に入れようとする幼稚な女性もいます。

そういう噂を耳にした場合は、「それは聞いていない」と言い放つのが効果ありです。

すぐに本人が飛んできて説明するか、全員がいる朝礼で状況を説明するでしょう。

以下の記事も参考になると思います。

男性管理職が女性部下を取り扱う際の注意ポイントまとめ

top image is Designed by Freepik

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

女性が多く、女性中心の職場で男性上司が覚えておきたいこと
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス