(※ 当サイトの記事内にはアフィリエイト広告が含まれています。)

40代の転職は手に職をつけた方が良い?スキルを磨いてキャリアチェンジするポイント

40代の転職はスキルを磨いてキャリアチェンジする

イキルメディアを運営しているKETTY(ケティ)(運営者情報@ikirumedia)です。

40代の働き盛りの男性に向けて、男性サイドの視点で仕事や生活に役立つ記事を書いています。

「40代で転職するには、手に職をつけた方が良い?スキルの磨き方はどうやれば良いの?」という疑問があるようですね。他にもこのような悩みはないでしょうか。

40代の転職を成功させるためにどのようにスキルを磨けばよい?

・「40代の転職は学歴ではなく、スキルを磨くというのは分かったけど、一体何をすれば良いの?」

・「手に職をつけるためには、何をしたら良い?」

・「スキルアップしてキャリチェンジできるの?」

・「どんな知識があれば、転職しやすくなる?」

以上のように、40代の転職を考えたときに、「転職を成功させるためには、何をしたら良いか?」、「どんなスキルを身につければ良いか?」といったことが思い浮かぶのではないでしょうか。

確かに、40代の転職を成功させるにはスキルアップが欠かせませんし、何をすると一番効果があるかは、なかなか分からないですよね。

そこで、今回は40代の転職を成功させるための、手に職をつけるスキルアップの方法を解説していきたいと思います。

ぜひ、あなたの疑問が解消され、「自分でもできるかも!」、「やってみたい!」となれば嬉しいです。

新しい未来に向かってステップを踏み出していきましょう。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

目次

40代の転職は「手に職をつけた方が良い」理由

初めに、40代の転職で手に職をつけた方が良い理由を解説していきます。

企業の人事・採用担当者に 「即戦力」 をアピールできる

40代になると、20代や30代の求職者と比べて、企業の人事・採用担当者から「キャリアチェンジが難しいのでは?」という印象を持たれることがあります。

しかし、手に職をつけている場合は、「すぐに戦力になる」、「会社に貢献できる」ということをアピールできます。

手に職があると即戦力に期待がある

企業のニーズに沿った手に職をつけることで、転職の成功率は上がると言えます。

転職先の選択肢が広がる

手に職をつけることは、色々な業界や職種で活用ができるようになります。

例えば、プログラマーであれば、IT企業だけでなく、一般企業や自治体のシステム部門や企画部門でも活躍できるようになります。

つまり、応用が利くようになりますので、さまざまな業界や職種を問わず、転職の選択肢が広がります。

選択肢が広がることで、40代の転職の成功率も上がります。

安定した収入を得られる

手に職をつけることで、企業のニーズとマッチすれば、高収入を得ることもできます。

企業のニーズが高ければ、副業として働くこともできます。

安定した収入が得られる

そのため、転職後も安定した収入を得られる可能性が高くなります。

スキルアップでさらにキャリアを積める

手に職をつけることで、今後のキャリアに良い影響を与えることができます。

さらに、スキルを継続的に磨くことで、さらにスキルアップが可能になります。

今よりもさらに専門性が高くなるイメージです。

専門性が高くなることで、さらに高い収入やキャリアアップを目指すこともできるようになります。

将来への不安を解消できる

手に職をつけることは、将来性のあるスキルと言えます。

年をとり、体力が衰えても使えるスキルであれば、会社を退職した後でも仕事ができます。

一番の魅力は、将来への不安が小さくなることです。

将来への不安を解消することで、安心して働き続けることができるでしょう。

40代が手に職をつけることで、転職しやすい業界

40代の転職は、手に職をつけることで有利になるお勧めの業界はいくつかあります。

その中でも、特にお勧めの3つの業界を紹介していきます。

IT業界

IT業界は、AIやDXなどを含めて目覚ましい成長を続けています。

IT業界は転職しやすい

転職市場ではITスキルを持った人が高く評価され、年収も上がる傾向にあります。

その成長とともに人手不足が続いていますので、手に職をつけることで、転職しやすいと言えます。

改めて整理すると、

  • デジタル化の発展が続くことにより、IT人材の需要が非常に高い業界である
  • 転職市場が活発で、高収入を得られる可能性が高い
  • スキルアップによって、幅広い職種への転職も可能となる

介護業界

介護業界は、高齢化社会の影響により慢性的な人手不足が続いています。

介護業界では、介護資格を持つ人材が高く評価される傾向にありますので、多くの施設からオファーをもらうことができます。

また、介護職員は、介護に直接かかわる介護職員だけでなく、ケアマネージャーや介護主任など、様々なキャリアを作っていくことができます。

改めて整理すると、

  • 高齢化社会の影響により、介護職員の需要が常に高い
  • 未経験者でも資格取得支援制度などがあり、比較的入社しやすい
  • 資格取得によって、キャリアアップや高収入も目指せる

医療業界

医療業界も、介護業界と同様に高齢化社会の影響で、慢性的な人材不足が続いています。

特に、医師や看護師などの医療資格を持つ人材は、常に不足している状態です。

医療業界は転職しやすい

その他にも、薬剤師や臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、介護職員など、様々な職種があります。

そのため、自分のスキルや経験に合ったキャリアを作っていくことができます。

医療業界も、手に職をつけることで、転職しやすい業界と言えます。

改めて整理すると、

  • 医療にかかわる人材が深刻化不足しており、安定して仕事がある
  • 国家資格を取得することで、専門性の高い仕事でキャリアを作ることができる
  • 社会に貢献できるため、仕事にやりがいを感じることができる

手に職をつけることで、転職以外に得られるメリット

手に職をつけることで、転職以外にも様々な可能性が出てきます。

自分の興味や目標に合わせて、手に職を見つけ、人生をより豊かにしていきましょう。

それでは、1つずつ解説していきましょう。

副業や独立ができるようになる

手に職をつけることで、空いた時間で副業をしたり、独立して自分の事業を立ち上げたりすることも可能です。

会社員の給料に加えて、新たな収入源を築くことで経済的にも精神的にも安定します。

注意 解説私も会社員をしながら、沢山の副業を行ってきました。恥ずかしい話ですが、副業をする前は、お小遣い制で何も買えませんでした。副業が上手くいくことで、気兼ねなく物を買えるようになりますし、精神的にもかなり安定します。

副業は、自分で営業する必要は無く、仕事を探すと沢山出てきます。

副業の仕事を探す時は、クラウドワークス 、ランサーズココナラをお勧めします。私も使っています。

以下の記事では、「副業をやりたいけど、何から始めたら良いか分からない。」という方に向けて、詳しく解説しています。ぜひ、ご覧ください。

ライフスタイルの変化に対応できる

手に職をつけると、ライフスタイルの変化に合わせて柔軟に働き方を変えることができます。

例えば、結婚や出産などで仕事を中断しても、再びスキルを活かして仕事に復帰することができます。

手に職をつけるとライフスタイルの変化に対応できる

また、手に職があれば、場所を問わずどこでも仕事ができるようになりますので、移住してもスキルを活かしながら働くことができます。

自己実現ができる

手に職をつけることで、自分の能力や才能を活かしながら、自己実現することができます。

自分の手で製品やサービスを作り上げたり、人々の役に立つ仕事をすることで、大きな達成感を得ることができます。

手に職をつけることは、自己実現の一歩とも言えます。

趣味・楽しみができる

手に職をつけることで、自分の趣味や楽しみを広げることもできます。

共通の趣味を持つ友人を作り、サークルや教室を作ることもできるようになります。

例えば、料理のスキルを身につければ、

  • 自宅で本格的な料理を作って、友人を招いて食事会をする
  • 料理サークルを立ち上げることができる
  • 料理教室の先生になって活動が出来る
  • インスタグラムで料理を発信することができる
  • 料理の本を出すことができる

料理のスキルをつけるだけで、以上のように沢山の活動を行うことができます。

人とのつながりができる

手に職をつけることで、同じ志や興味を持つ仲間と出会い、人とのつながりを広げることができます。

専門的な知識や技術を共有したり、情報交換をすることで、お互いにスキルアップを目指すことができます。

老後の生活が維持できる

手に職があれば、老後になっても仕事を続けることで、経済的に維持できます。

手に職をつけると老後は安泰する

年金だけでは生活が苦しい場合でも、手に職を活かして働くことで、生活を支える収入を得ることができます。

海外でも仕事ができる

手に職があれば、海外で働くこともできます。

海外の仕事をするためには、英語などの言語を学ぶ必要がありますが、国際的に通用するスキルを身につければ、様々な国で自分の能力を発揮することができます。

自信がつく

手に職をつけることで、自分の能力に自信を持つことができます。

仕事で成果を出すことで、自己肯定感が高まり、人生をより積極的に楽しむことができるようになります。

40代が転職しやすい職種

次に、40代が転職しやすい職種を紹介していきます。

IT関連職種(ITエンジニア・プログラマー)

IT関連のITエンジニアやプログラマーは、転職しやすい職種です。

下の表を見てみると分かるのですが、↓

IT業界 転職

(出典:転職求人倍率レポート(2023年12月) – doda

求人倍率が一番高いのは、ITエンジニアです。求人倍率は、13.28倍となっていますよね。

注意 解説求人倍率とは、求職者1人当たり何件の求人があるかを示す数値です。言い換えると、「転職のしやすさ」とも言えます。

つまり、ITエンジニア・プログラマーは、1人の求職者に対して13件の仕事があるということです。

転職のポイントとしては、

  • IT人材不足が深刻化しており、需要が非常に高い
  • 未経験者でも、プログラミングスクールなどでスキルを習得すれば転職可能
  • スキルアップによって、高収入やキャリアアップも目指せる
  • スキルは、IT業界だけでなく、一般企業や自治体でも活かせる

ITエンジニア・プログラマーは、スキルを習得することで転職できる可能性が非常に高い職種と言えます。

介護職

介護職は、高齢化社会が進んでいるため、求人が多い職種です。

転職のポイントとしては、

  • 高齢化社会の進展により、介護職員の需要が常に高いこと
  • 未経験者で入社しても、資格取得支援制度などがあり、比較的入社しやすいこと
  • 資格取得によって、キャリアアップや高収入を目指せること

介護職も転職しやすい仕事と言えます。

医療関連職

医療業界も、高齢化社会が進んでいるいる中で、深刻な人手不足にあります。

特に医師、看護師は常に人手が足りていません。

転職のポイントとしては、

  • 医療従事者不足が深刻化しており、安定して仕事のニーズがある
  • 国家資格を取得することで、専門性の高い仕事に就ける
  • 社会貢献で、やりがいを感じることができる

医療関連の職種も転職がしやすいと言えます。

営業職

営業職は、企業にとって、売上と利益を生み出す職種であり、必要不可欠な存在です。

業界を問わず、営業職は常に人手不足にあります。

営業職は転職しやすい

転職のポイントとしては、

  • 営業経験は、多くの業界で活かせるため、転職しやすい
  • コミュニケーション能力や、顧客対応のスキルが求められる
  • 年齢とともに人脈が増え、経験も増えていくため、転職で有利になる

営業職も転職しやすい職種と言えます。

転職に失敗しないための注意ポイント

次に、転職に失敗しないための注意ポイントを解説していきます。

自分の強みを理解する

40代の転職に失敗しないポイントとして、自分の強みを理解することが重要です。

自分の強みを活かせる職種に転職すれば、転職後の成功確率が上がります。

以下の記事で、自分を深く理解し、強みを引き出す方法を詳しく解説しています。

転職に失敗しないためにも、よく見ておくことをお勧めします。

希望する職種を明確にする

希望する職種が明確であれば、必要なスキルを効率的に習得することができます。

職種を明確にできれば、業界を変えても仕事ができるようになります。

注意 解説私も、希望する職種はそのままで、業界を変えて転職に成功しています。ただし、注意ポイントとしては、業界特有のルールや社風をよく調べておくことです。

自分に合ったスキルアップの方法を選ぶ

スキルアップには、社内のOJTや、書籍を読む、資格を取得する、セミナーを受講する、オンライン学習をするなど、さまざまな方法があります。

学び方は沢山ありますので、転職失敗しないためには、自分にあった方法でスキルアップしていきましょう。

注意 解説コストパフォーマンスが高いスキルアップは、本を読むことですが、時間がかかることがネックです。時間をかけずに早くスキルアップするためには、「お金を払って人から教えてもらう」ことが良いでしょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントは、スキルアップに関するアドバイスやサポートを提供してくれますので、積極的に活用することをお勧めします。

40代の転職エージェントのお勧めは、doda です。以下の記事でも詳しく解説していますので、転職に失敗しないようによく見ておきましょう。

転職にお勧めのスキルアップの方法

次に、40代におすすめのスキルアップ方法を解説していきます。

書籍を読んでスキルアップする

書籍は、正確な情報が掲載されており、値段も1000円で手に入ります。

スキルアップには本を読むこと

スキルアップを考えるとき、一番コストパフォーマンスが良いのが書籍です。

アマゾンアマゾンキンドル(電子書籍)で、スキルアップにつながる本を探すと良いでしょう。

OJTでスキルアップする

OJTは、仕事を通してスキルを習得する方法です。

通常、20代の頃は先輩や上司からOJTを受けて仕事を覚えていきますよね。

OJTは仕事を直接教えてもらえるので、スキルアップが出来ます。

ただし、40代になると教える側の年代になってしまうため、聞きづらい立場になってしまいます。

そんなときは、部下や同僚にも気軽に教えてもらえるように、日々コミュニケーションをとると良いでしょう。

実務経験を積むことで、転職活動で有利になります。

資格取得でスキルアップする

資格取得は、専門性を証明する手段として有効です。キャリアアップや高収入 にもつながります。

資格取得をする方法としては、自分で書籍を購入して勉強する方法(独学)と、ユーキャンなど通信講座で講義を受けて勉強をする方法があります。

独学はお金がかかりませんが、時間がかかります。

一方で、ユーキャンなどの通信講座は、お金はかかりますが、要点をおさえて勉強できるので、短期間で合格できます。

オンラインスクールでスキルアップする

オンラインスクールは、時間や場所を選ばずに自分のペースで学習できます。

近年は、質の高いオンライン学習コンテンツを配信するサービスが充実してきました。

オンラインスクールでスキルアップする

オンラインスクールの特徴としては、お金がかかっても早期にスキルアップできることです

スキルアップのために、積極的に活用しましょう。

以下の記事では、稼ぐ力の身につけ方を解説しています。ぜひ、ご覧いただければと思います!

ここまでのまとめ:手に職をつけてキャリアチェンジをするために、何を目指す?

今回は、手に職をつけてキャリアチェンジする方法を解説してきました。

一番転職しやすい業界は、IT業界であり、職種はITエンジニアやプログラマーです。

ITエンジニアやプログラマーは、一般企業や自治体でも不足している人気の職種であり、副業や独立にも使えるスキルです。

一方で、いち早くスキルを身に付けて転職するためには、オンラインスクールで学ぶことが重要と考えられます。

転職に強いスクール・教室ランキング

ここで解説する内容は、プログラミングスクールのランキングです。

ランキングは、転職成功率の高さから順位付けしています。

転職に強いプログラミングスクールを選ぶ際には、以下のポイントを押さえておきましょう。

  1. 転職成功率:転職成功率は、スクールのカリキュラムや転職支援の質を測る指標です。
  2. 転職先:転職先の企業規模や業界、平均年収などを確認する。
  3. カリキュラム:カリキュラムの内容が、転職先に必要なスキルと一致しているか。
  4. 料金:スクールの料金は、カリキュラムの内容やサポート体制によって異なります。
  5. 無料体験:無料体験を利用して、スクールの雰囲気や講師の質を確認すること。

それでは、お勧めランキングを紹介していきましょう。

第1位 TECH CAMP

テックキャンプアカデミーは、プログラミングスクール第1位

TECH CAMPは、㈱divが運営するプログラミングスクールです。2014年に設立し、これまでに2万人の受講生を輩出しています。業界ではトップクラス。

主な特徴としては、現役エンジニアによる指導を行っており、カリキュラムや転職支援の質が高いことが特徴です。

オンラインカリキュラムと、対面で学ぶ通学カリキュラムがあります。

以下、主な内容をまとめています。

  • 転職成功率:98%
  • 転職先:IT企業、スタートアップ企業、Web制作会社など
  • カリキュラム:Webエンジニア、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、データサイエンティストなど
  • 料金:月額39,800円~
  • 無料体験:あり

◆良いクチコミ

  • 「転職支援が充実していて、希望する企業に就職することができました。」
  • 「講師が分かりやすく丁寧に教えてくれるので、プログラミング初心者でも安心して学習できました。」
  • 「自分のペースで学習できるオンラインカリキュラムが良かったです。」

◆悪いクチコミ

  • 「料金が高い。」
  • 「カリキュラムが難しい。」
  • 「転職活動がうまくいかなかった。」

上記の情報を元に、無料カウンセリングや無料体験に参加し、利用前の確認をお勧めします。

\ 無料カウンセリングをしてみよう /無料で相談する

第2位 侍エンジニア

侍エンジニアは、プログラミングスクールランキング第2位

侍エンジニアは、㈱侍エンジニアが運営する、オンライン専門のプログラミングスクールです。

未経験からでも、フリーランスエンジニアとして活躍できる人材を育成することが特徴です2013年に設立され、これまでに10,000人以上の受講生を輩出しています。

主な特徴としては、現役のエンジニア講師から、完全マンツーマンでレッスンを受けられることです。マンツーマンのため、疑問点をすぐに解消できることが特徴と言えます。

以下、主な内容をまとめています。

  • 転職成功率:96.7%
  • 転職先:IT企業、大手企業、Web制作会社など
  • カリキュラム:Webエンジニア、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、データサイエンティストなど
  • 料金:月額39,800円~
  • 無料体験:あり

◆良いクチコミ

  • マンツーマンレッスンで、自分のペースで学習できる
  • 現役エンジニアのメンターから、実践的なスキルを学べる
  • オリジナルカリキュラムで、オリジナルサービス開発にチャレンジできる

◆悪いクチコミ

  • 受講料が高い
  • メンターとの相性がある
  • カリキュラムが難しい

上記の情報を元に、無料体験レッスンに参加し、自分に合っているか確認をお勧めします。

\ 無料体験レッスンをしてみよう /無料で相談する

第3位 DMM WEBCAMP

DMMWEBCAMPは、プログラミングスクール第3位

DMM WEBCAMPは、DMM.comグループのサービスの1つで、㈱インフラトップが運営するオンラインプログラミングスクールです。

主な特徴として、未経験者からITエンジニアを目指す人に特化しています。3か月で転職に必要なスキルを学べる短期集中型カリキュラムや現役エンジニアによるマンツーマンのレッスンとなります。

以下、主な内容をまとめています。

  • 転職成功率:96%
  • 転職先:IT企業、大手企業、Web制作会社など
  • カリキュラム:Webエンジニア、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、データサイエンティストなど
  • 料金:月額29,800円~
  • 無料体験:あり

◆良いクチコミ

  • 「短期間でスキルを身につけ、転職できた。」
  • 「現役エンジニアから実践的なスキルを学べた。」
  • 「就職サポートが充実していた。」

◆悪いクチコミ

  • 「受講料が高い。」
  • 「カリキュラムが厳しい。」
  • 「モチベーション維持が難しい。」

上記の情報を元に、無料カウンセリングに参加し、自分に合っているか確認をお勧めします。

\ 無料カウンセリングをしてみよう /無料で相談する

第4位 TechAcademy(テックアカデミー)

テックアカデミーは、プログラミングスクールランキング第4位

TechAcademyは、キラメックス㈱が運営するプログラミングスクールです。

未経験からITエンジニアを目指す人に特化しています。

主な特徴は、現役エンジニアによるマンツーマンレッスンや、豊富なオリジナルカリキュラム、転職サポートです。

以下、主な内容をまとめています。

  • 転職成功率:95%
  • 転職先:IT企業、スタートアップ企業、Web制作会社など
  • カリキュラム:Webエンジニア、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、データサイエンティストなど
  • 料金:月額29,800円~
  • 無料体験:あり

◆良いクチコミ

  • 「自分のペースで学習できた。」
  • 「現役エンジニアから実践的なスキルを学べた。」
  • 「就職サポートが充実していた。」

◆悪いクチコミ

  • 「受講料が高い。」
  • 「モチベーション維持が難しい。」

上記の情報を元に、無料相談に参加し、自分に合っているか確認をお勧めします。

\ 無料相談をしてみよう /無料で相談する

第5位 RUNTEQ

ランテックは、プログラミングスクール第5位

RUNTEQは、㈱スタートアップテクノロジーが運営するプログラミングスクールです。

主な特徴として、現役エンジニアによるマンツーマンレッスンや、実践的なカリキュラム、就職サポートが特徴です。

以下、主な内容をまとめています。

  • 転職成功率:94%
  • 転職先:IT企業、大手企業、Web制作会社など
  • カリキュラム:Webエンジニア、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、データサイエンティストなど
  • 料金:月額27,800円~
  • 無料体験:あり

◆良いクチコミ

  • カリキュラムが実践的で、講師からのフィードバックが豊富
  • 同じ目標を持つ学習者と交流できる
  • カリキュラムの難易度が高いため、卒業時には高いレベルに到達できる

◆悪いクチコミ

  • 受講料が高額
  • カリキュラムが自分に合わない場合がある
  • 就職支援が十分でない場合がある
  • 受講生同士のレベル差が大きい

上記の情報を元に、無料キャリア相談会に参加し、自分に合っているか確認をお勧めします。

\ 無料キャリア相談をしてみよう /無料で相談する

まとめ

40代で転職に失敗しないためには、スキルアップが重要です。

自分の強みや弱みを理解し、希望する職種に必要なスキルを効率的に習得しましょう。

この記事を書いた人

Details

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

当メディアへのご提案、取材、業務依頼は、お問合せ・仕事依頼へお願いします。
40代の転職は手に職をつけた方が良い?スキルを磨いてキャリアチェンジするポイント
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス