(※ 当サイトの記事内にはアフィリエイト広告が含まれています。)

40代男性「学歴なしでも転職できる?」経験を活かして転職するポイント

40代で学歴はなし転職したい

イキルメディアを運営しているKETTY(ケティ)(運営者情報@ikirumedia)です。

40代の働き盛りの男性に向けて、男性サイドの視点で仕事や生活に役立つ記事を書いています。

「学歴が無くても転職できるの?」という疑問があるようですね。他にもこのような悩みはないでしょうか。

学歴が無くても転職できる?

・「学歴が無くても、転職はできるんだろうか?」

・「経験はあるんだけど、学歴は無いんだよな・・」

・「40代は、最低限学歴が必要なのかな?」

・「学歴が無くても、スキルが活かせる転職先はないのかな?」

以上のように、転職を考えたときに、学歴が必要なのかを考えてしまいますよね。

一方で、40代男性は長く仕事をしている方が多いので、スキルや知識があります。

だからこそ、今までの経験を活かせる転職先が無いか、考えてしまうのではないでしょうか。

私も同じように、特別な学歴や資格もなく、転職活動を行ってきました。

注意 解説結論としては、 ” 40代で学歴が無くても転職ができます。” 私も同じ境遇で毎日悩んでいましたが、転職ができました。だからこそ、学歴が無いからといって諦めるのはもったいないです。

そこで、今回は、40代男性が学歴が無くても転職できる方法や、経験を活かして転職する方法を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

40代男性が転職で求められること

40代男性が転職をするときに、転職先で求められることをあげていきましょう。

・企業が求めるニーズにスキルがマッチしているか

・経験が即戦力になるか

・マネジメントやリーダーシップの経験

・専門性があるか

・新しい人間関係への適応力

・柔軟で謙虚な姿勢があるか

以上が、全て求められるということではなく、何か1つでも該当すれば可能性があります。

それぞれを詳しく紹介していきましょう。

企業が求めるニーズにスキルがマッチしているか

40代男性に求めることは、企業が必要なニーズにスキルがマッチしているかです。

例えば、経理をまとめるリーダーポジションの人材が不足していれば、経理の経験+係長や主任などのリーダー経験がある人を求めます。

企業のニーズにマッチングしているかどうか

企業のニーズを満たすスキルを持っていることがポイントです。

経験や知識が即戦力になるか

40代男性の転職は、持っている経験や知識が即戦力になるかが求められます。

長い期間、仕事を経験しているため、すぐに即戦力として活躍できるかがポイントになります。

マネジメントやリーダーシップの経験

40代の男性はマネジメント経験やリーダーシップがあると、企業からの評価が上がります。

マネジメントスキルは、20代や30代には難しいスキルと言えます。

なぜなら、仕事のスキルは高められても、人を扱うマネジメントスキルは、すぐに身につくものではないからです。経験年数が無いと難しいスキルです。

企業は、長い経験の中で積み重ねたスキルで活躍してくれることを求めています。

専門性があるか

40代男性は、仕事に対して専門性が求められます。

特定のスキルに専門性を持つことで、”企業の課題を解決してくれる人材” という評価を受けます。

40代男性は専門性が求められる

専門性が高いことは、40代男性に求められるスキルです。

職場への適応力

40代になると、人間関係を作っていくことが難しいと思われがちです。

なぜなら、40代になると成功した経験や失敗の経験を多く積んできているため、こだわりが出てくる年代だからです。

こだわりは持っていても、職場の人とコミュニケーションをとり、自分と折り合いをつけながら職場になじめるかがポイントです。

柔軟で謙虚な姿勢があるか

40代男性は、扱いづらいと思われがちな年代です。

思い込みは「アンコンシャスバイアス」(無意識の偏見)と言いますが、ネガティブにとらえられがちです。

ただ、40代男性のアンコンシャスバイアスをいかに覆すかが大事です。転職先でも、柔軟で謙虚な姿勢を持てるかがポイントになってきます。

注意 解説ここまでのポイントとして、企業が40代男性に求めることは、あくまでもスキルや経験であり「学歴では無い」ことです。学歴が求められるのは、スキルが少ない20代までです。

40代男性の転職で失敗しがちなポイント

次に、40代男性の転職で失敗しがちなポイントを紹介していきます。

転職を急いでしまい、企業調査が不足したまま入社すること

転職を急いでしまい、安易に決めてしまうことは避けましょう。

私も転職を急いでしまい、大失敗しています。

時間のある限り、企業の口コミを調べ、転職先の雰囲気や風土が自分に合っているかどうかを確認することが大事です。

なかなか転職が出来ないと焦ってしまうものですが、自分なりに企業の調査を行い、不明な点はエージェントに確認することをお勧めします。

書類選考に通らず、諦めてしまうこと

40代男性の転職で失敗しがちなことは、書類選考になかなか通らないので諦めてしまうことです。

諦めてしまったらそこで最後。転職活動が終了してしまいます。

書類選考に通らない。諦めてしまう40代男性

恥ずかしい話ですが、私は転職に10年かかっています。でも諦めずに転職活動を行ってきました。

でも逆に言えば、転職するためのポイントを抑えずに活動してきたからこそ、これだけの長い時間がかかってしまったと言えます。

自分を振り替えると、諦めなかったことは良いことと言えますが、時間を無駄にしないためにも、このサイトでコツをつかんでいって欲しいと思います。

40代の転職は時間がかかりますが、決してあきらめずに取り組んでいきましょう。

転職サイトや転職エージェントを活用できていない

40代の転職は、転職サイトや転職エージェントを活用しなければなかなか決まりません。

さらに、ハローワークの場合、

☑ 年収が良い条件が少ない

☑ “働く先を見つける” ことを最優先にする

☑ 働く人の価値を引き出して、企業とマッチングさせる手厚い支援は期待できない

なぜなら、ハローワークは公的機関ですし、企業も無料で利用できますので、良い人材を取るという意識を持つことは難しいです。

40代男性は、転職サイトや転職エージェントを利用しなければ、良い条件で転職することは難しいと覚えておきましょう。

以下の記事では、転職サイトでお勧めしている、dodaの会員登録方法と利用の流れを解説しています。

自分の経験やスキルの棚卸が出来ていないまま、転職活動をする

転職活動がなかなかうまくいかない原因として、職務経歴書や履歴書で自分の経験やスキルの棚卸ができていない場合があります。

40代は、仕事の経験年数が長いため、自分のキャリアや「強み」を深掘りして書いていく作業が必要です。

以下の記事では、自分の強みを引き出す方法を詳しく書いていますので、ぜひご覧になってください。

\ 転職活動の決め手となります /

業界や職種にこだわりすぎること

40代男性の転職に失敗しがちな「こだわり」ですが、業界や職種にこだわりすぎることも問題です。

自分の強みを活用することは、とても大事なことです。

ただ、年収を上げたいという目標があっても、年収が低い業界に在籍して年収が上がる見込みは低いと考えられます。

もちろん、同じ業界で同じ職種であっても、中小企業から中堅企業や大企業に転職すれば、年収が上がる可能性は高いと言えます。

ただ、企業も競争して採用を行っているために、採用される確率が下がります。

だからこそ、業界や業種にこだわりすぎず、自分のスキルや知識は「企業に対してどのように使えるか」という視点を持つことが良いでしょう。

そうすることで、応募する企業の幅も広がるので、おのずと転職の成功率も上がっていきます。

年収にこだわりすぎること

年収にこだわりすぎることも、なかなか転職が決まらない原因です。

注意ポイントとしては、

  • 高い年収にこだわってしまい、相場よりも高すぎる場合はリスクがあること
  • 年収が下がることは絶対に避けたいと決めてしまい、応募先を限定してしまうこと

私の経験からも、地域の相場よりも極端に高すぎる年収の転職は、リスクがあると思って良いです。

年収にこだわりぎする

仕事のプレッシャーだけではなく、社風や人間関係なども含めて、高リスクであると覚えておきましょう。

一方で、年収は絶対下げられないという希望も、なかなか決まらない要因となります。

例えば、年収が同じだとしても、残業が無く、健康的に長く働ける方が自分に合っていることもあります。

役職やポジションにこだわりすぎること

40代男性の転職で気をつけなければならないことは、役職やポジションにこだわりすぎることです。

例えば、前職で役職がある場合、転職先では「管理職候補」や「役職無し」ということもあります。

そこで、絶対に同じポジションかキャリアアップしないとNGという気持ちでいると、なかなか転職は決まりません。

転職先でも、仕事が認められれば昇進は可能ですので、転職の際に役職にこだわりすぎない方が結果的に長続きします。

また、いきなり部長や課長で転職すると、直属の部下など人間関係でトラブルになりがちです。

最初は役職が無くても、年収が同じだったらそれで良しとした方が無難です。

役職やポジションへのこだわりすぎは、良くないと言えます。

\ 管理職の方は、こちらの記事も確認しておきましょう /

退職日にこだわりすぎること

これも、私の “大失敗経験” から学んだことです。

前職に配慮しすぎて、退職日(例えば、定例の人事異動日)に退職を希望し、結果的に転職できなかった経験があります。

その後、別の会社に転職できましたが、結果的に前職には迷惑をかけています。

どちらにしても、転職すれば結果的に迷惑はかかります。転職をする以上、会社に迷惑はかけられないと考えていたら、永遠に転職はできません。

真面目な方や、在職期間が長い方は注意ポイントです。

退職日は、これから入社する会社の都合に合わせることをお勧めします。

家族への相談をせずに転職活動をすること

家族への相談をせずに、転職活動をすることは避けましょう。

私の知人の話では、転職を家族と相談せずに活動し、結果的に転職が決まらないまま、会社を辞めてしまった事例があります。

40代の転職は家族に相談しよう

転職は家族全体に影響することですので、必ず家族と相談をした方が良いです。

相談することで、自分が見えていない部分に気付くこともできますし、客観的な判断ができます。

スカウトを待っているだけでは転職は決まらない

スカウトを待っているだけでは、転職は決まりません。

自分でも求人検索を行い、求人を色々と確認し、企業を調べることで見えてくることがあります。

スカウトだけに頼らず、自分でも積極的に仕事を探していくことで、転職の成功率は上がっていきます。

学歴が無くても転職を成功させるポイント

これまで解説してきたように、40代男性の転職のポイントは、学歴ではなくキャリアの積み上げが大事です。

次に、学歴が無くても転職を成功させるポイントを解説していきましょう。

働きながら転職活動を続ける

転職活動をする場合は、今の会社がどれだけ嫌でも働きながら行うことをお勧めします。

もし、メンタルなどの体調不良で体を壊したとしても、あせらずに治療を優先し、休職期間でできるようであれば転職活動をしていきましょう。

働きながら転職活動することは、収入が切れ目なく続くという安心感があります。

いざ辞めてから転職活動をすると、不安を感じるために急いで転職を決めてしまい、年収が減ってしまったり、早期退職してしまうリスクがあります。

スキルを磨く

40代男性の転職を成功させるポイントは、学歴では無くスキルです。

40代はスキルを磨き続ける

だからこそ、仕事のスキルを磨いたり、知識を高めることを優先的に行いましょう。

仕事のスキルで実績を出した場合は、出した実績の数字もメモしておくことをお勧めします。

メモした実績は、職務経歴書にも書くことができます。

以下の記事では、転職を成功させるためのスキルの磨き方を徹底解説していますので、ぜひ読んでみてください。

色々な経験を積む

40代男性は、色々な経験を積んでおくことをお勧めします。会社員としての経験は何よりの宝です。

たとえ、失敗した経験があっても、失敗を克服するために起こした行動は評価に値します。

経験を色々と積むことで、転職にアピールできる材料を増やしていきましょう。

資格を取得する

スキル、知識、経験が大事となってきますので、形としてアピールできる資格の取得もお勧めです。

資格は難易度が高ければ評価は高まりますが、決して難しいものでは無くても良いので、勉強して努力したことが大事です。

40代男性は忙しく、時間が無いことも多いですが、自分の得意なことをスキルアップさせるために、資格の取得を目指してみてください。

自分の強みを理解しておく

自分の強みを理解することは、転職活動する上で本当に大事なことです。

自分が何者かも良く分からないまま、強みを引き出すことは難しいです。

まずは、自分のことを良く理解し、その後で自分の強みを整理していくことをお勧めします。

以下の記事でポイントをまとめています。

自分にとって、どんな働き方が良いかを考える

自分が仕事をする上で、どんな環境が良いか考えてみましょう。

例えば、

・残業が無しでも良いので、定時で帰宅できる環境

・残業が多く、責任も大きくストレスもたまるけど給料が良い

・人間関係が良く、ノルマもないが給料は安い会社

以上のように、働く上で自分が何を求めているかがポイントです。

自分にとって良い働き方を考える

人間関係が苦手で、一人で仕事をしたい方は以下の記事をお勧めします。

40代の転職市場は今どうなっている?

40代の転職市場は、今どうなっているのか解説します。

40代はチャンスの時期に来ている

現在の日本は、人材不足が進む時代ですので、40代でも転職しやすい時代です。

以下のグラフを見ると分かるのですが、人手不足が急激に増えていますよね。

2020年にガクッと落ち込んでいるのは、コロナウイルスの影響で外出自粛があり、モノやサービスが売れなくなった時期です。人手不足では無かった時期です。

2007年から2023年までの人手不足の推移

(出典:人手不足に対する企業の動向調査(2023年4月) – 帝国データバンク

2023年以降も、人手不足は続くと考えられます。

また、社会的に賃上げムードもありますので、40代で転職を考えている人はチャンスです。

40代を採用したいと思う企業が増えている

さらに、次のグラフも見てください。

就職氷河期世代の採用を増やしたいか調査

(出典:日経キャリアNET 企業アンケート

就職氷河期世代の40代を増やしたいと思っている企業は、11%+42%=53%もいます。

企業の規模感で言うと、中堅企業~中小企業が採用したいと考えているようです。

ぜひ、このチャンスを逃さずに転職をしていきましょう。

まとめ

今回は、40代男性で学歴が無くても、転職できることを解説してきました。

40代男性は学歴ではなく、スキルや経験が企業とマッチするかがポイントです。

また、転職に失敗しがちなポイントと、転職を成功させるポイントを解説も解説してきましたね。

以下の記事では、スキルの磨き方や身に付け方を徹底解説していますので、ぜひご覧になってください。

今は転職市場も良くなってきているので、40代は転職がしやすいタイミングとなっています。

「このチャンスを逃したくない!」とお考えの方も多いと思います。

初めの一歩として、転職エージェントや転職サイトは無料で利用できますので、ぜひ活用して、明るい将来に向けて新たなスタートを切っていきましょう!

転職サイト、転職エージェントのお勧めは、dodaリクルートダイレクトスカウトです。

以下の記事では、dodaの登録方法をまとめていますので、未来に向かって進めていきましょう!

この記事を書いた人

Details

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

当メディアへのご提案、取材、業務依頼は、お問合せ・仕事依頼へお願いします。
40代男性「学歴なしでも転職できる?」経験を活かして転職するポイント
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス