「課長代理」はどう呼ぶ?正しい呼び方、呼ばれ方まとめ

「課長代理ってどう呼ぶの?」

「どう呼んだら失礼にならないだろうか?」

以上のように考える同僚の方は多いと思います。

今回は、「課長代理」の職場内での呼び方についてまとめていきます。

課長代理はこう呼ぼう!正しい呼び方、呼ばれ方

課長代理の呼び方、呼ばれ方についてまとめていきます。

組織によって呼ばれ方は異なる

課長代理は組織によって呼び方が異なります。

そもそも「課長代理」という役職を置く組織は、昔ながらとか伝統のある組織が多いでしょう。

つまり、「呼び方の前例がある」と言えます。

もし、職場でどう呼べばいいのかわからない場合は、総務にこっそり確認するのも1つの手です。

どう呼ばれたいかには焦点を当てない

課長代理をどう呼ぶかは、実はなかなか難しい問題です。

というのも、課長代理は管理職ですので、本人にも当然プライドが生まれてきます。

「呼ばれたい」に焦点を当てて考えてみましょう。

例えば、

・「〇〇さん」と名前で呼んで欲しい人もいれば、

・新人の課長代理であれば、「〇〇代理」と呼ばれても喜ぶ人もいますし、

・〇〇代理ではなく、「〇〇課長」と呼ばれたい人、

もいるでしょう。

人によっての「呼ばれたい」は異なりますので、前項のように社内の雰囲気なり、ルールの中で呼んだ方が無難と言えます。

「〇〇さん」で呼ぶのはやめた方が良い

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に買収されたシャープは、2013年に「〇〇さんづけ運動」を行いました。

もちろん、呼び方うんぬんだけが経営が行き詰まったとは言い難いですが、〇〇さんで呼ぶことの弊害は、

・本人の責任が軽くなる感じがしてしまう

・相手先にも同様に〇〇さんと呼んでしまい、取引上問題となる

さんづけで呼ぶと、フランクな人間関係が構築されるイメージを持ちますが、責任回避などの問題が出てきます。

結果、業績や組織がガタガタになってしまう可能性があることも、覚えておきましょう。

「〇〇課長代理」は呼び名が長いので、「〇〇代理」が正解

課長代理に似た役職として、行政庁には「課長補佐」という役職があります。

そこでは「〇〇補佐」という呼び方をしています。

これを課長代理に当てはめると、「〇〇代理」が一般的と言えます。

「〇〇課長代理」は、長すぎますよね。呼ぶだけで疲れます。

上記のように責任を感じさせつつ、スムーズに呼ぶためには、「〇〇代理」が良いでしょう。

初めは慣れないと思いますが、何回も呼ぶうちに慣れてきますよ。

課長代理の役割や仕事のハウツーやコラムは、以下のまとめ記事を参考にしてみてください。

「課長代理」の役割と仕事

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

「課長代理」はどう呼ぶ?正しい呼び方、呼ばれ方まとめ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス