女性部下の「めんどくさい」「扱いにくい」を解消する19のマネジメント法

女性 部下 扱いにくい

男性管理職にとって、女性部下は「扱いにくい」「めんどくさい」という悩みは大きいと思います。

私は、男性中心の職場が多かったのですが、女性中心の職場へ異動したときに、あまりの違いに驚いたことを覚えています。

管理職になったばかりだと、女性部下と上手くコミュニケーションがとれなかったり、取り扱いが難しかったり苦労します。

でも、コツを覚えれば、とても力を発揮してくれる強い味方になります。

今回は私の経験をもとに、女性部下の悩みを解決していきましょう。

スポンサーリンク

女性部下とのコミュニケーション方法

初めに、女性部下とのコミュニケーション方法をまとめていきます。

マメでフランクなコミュニケーションが常に必要になる

女性はマメでフランクな会話を求めているので、男性部下のような上意下達(体育会系的な指示、命令)のようなコミュニケーションをすると失敗します。

以下、ツイートまとめ。

男社会で生きている男性が、女性中心の職場で働くと急にコミュニケーション不全になります。

それは、コミュニケーションの方法が、男性と女性が根本的に違うからです。

私の経験上、女性には、フランクかつ、なんでも良いので話かけ、雰囲気をほぐすように心がけると、女性の不安はなくなって安定的に仕事をしてくれるようになります。

男社会の当たり前が通用しないのが、女性社会

先程も少し触れていますが、男性は「〇〇君!これやっといて!」で書類をボンと投げたり、多少強めの指示命令をしてもやります。

ただ、残念ながら女性の場合は通用しません。

強めの指示を出しても、普段からのコミュニケーションの土台が無いと、愚痴や不満を周囲と言いあって、上司を無視したり言い返したりします。

また、上司自信の仕事の能力が認められていないことも、原因の1つになるでしょう。

たとえどんな簡単な仕事でも、女性とのコミュニケーションが無いと「拒否」されるようになっています。

感情的な「NO」が、そのまま仕事に直結するイメージです。

女性中心の職場では、男社会からの発想の転換が必要になります。

以下の記事でも、男性部下と女性部下の違いを記事にしていますので、参考にしてみてくださいね。

配慮しすぎてもダメ。考えすぎてもダメ。

女性中心の職場では、良かれと思ったことが実は拒否されていたり、不満を持たれたりするものです。

例えば、残業を遅くまでやっている女性部下に対し、「無理するなよ。早く帰れよーー」というよりも、「頑張ってるね!お疲れさん」と言って、ジュースでもおごった方が喜びます。

なぜなら、女性部下も早く帰りたいのは山々だからです。

女性はコミュニケーション能力が高いので、男性のふとしたコミュニケーションを裏の裏まで考えて、言葉を受け取ります。

ただ、男性上司がここまで考えすぎると非常に精神的に疲れるので、配慮しすぎず、考えすぎず、根に持たず、サッパリと接すると女性部下は気が楽になります。

「配慮しすぎてもダメ、考えすぎてもダメ」といことは、ぜひ覚えておいてください。

上司をナメると協調を乱したり、周囲とケンカをするのも女性の特徴

世の男性は、女性に優しくするのが当たり前と思いがちですが、ナメラれすぎるとかえって仇になります。

私の経験でも、優しすぎたり、気を使いすぎると女性部下は勘違いをし、周囲とケンカしたり、協調性のない勝手な行動をとります。

コミュニケーションはもちろん大事ですが、職場には適度な緊張が必要となります。

女性は上司の様子を察知するのが得意ですので、ガンと叱らなくても雰囲気で「やばい!」と気づくのも特徴です。

くだけすぎず、優しすぎない適度な状態を保つと、職場の秩序は乱れません。

ほめて欲しいことを見極めてほめる

女性が気持ちよく働いてくれるようになるためには、ほめることです。

女性はほめることで、自尊心を取り戻します。

女性は放っておかずに、良い部分や気付いたことをほめましょう。

ただし、他の女性社員がいないところでほめるのがコツなぜなら、女性の嫉妬心をあおることになるからです。

女性は、ほめながらマネジメントしていきましょう。

女性が群れるのは、本能である

女性同士が群れるのは、社会で生き抜くための本能です。

一般的には女性は男性に比べて体が弱いため、お互いに寄り添って自分自身を守ろうとしているのです。

そして、女性はコミュニケーション能力が高いので、お互いに好きでもないのに群れられるのも特徴です。

ですので、本当は群れたくないのに、孤立を恐れて群れるのも女性ならではの特徴です。

男性管理職は、女性の特徴として覚えておく程度で良いと思います。

女性をマネジメントする上で大事なこと

服装・ニオイ・清潔感は必須ポイント

女性をマネジメントする上で、非常に大事なことは、服装やニオイ、清潔感です。

ニオイには特に敏感です。

汗は自分でチェックできますが、加齢臭はなかなか気付けませんので、家族にチェックしてもらって対処しましょう。

私も、以下の汗ふきシートは常備しています。

加齢臭も拭きとるタイプのものです。

実際に加齢臭はありませんが、早目早目の対処をオススメします。

女性同士の関係に深入りしない

女性は、先ほども少し触れていますが、「仲が良いわけでもなく、お互いに嫌いでも一緒にいられる」生き物です。

ですので、表面上は仲が良いのか、悪いのかは男性には分かりません。

仲が良いようにニコニコ話している場面でも、実はお互いにけん制しあっている場合も多々あります。

男性管理職は、女性同士の関係やグチ、論戦には深入りするのはやめましょう。これは、とても危険な行為です。

女性は公平に接することを求めます(現実的には無理)ので、1人の肩を持つと、もう1人の嫉妬心を仰いでしまい、トラブルの元になります。

女性には月一回の周期がある。何もしていないのにイライラしているときはそっとしておこう

男性はなかなか理解しづらいことですが、女性は月一回の周期で体調が変化し、イライラがピークに達します。

女性中心の職場では、ピークがそれぞれ異なるので1人が機嫌が良くなったと思えば、また別の1人の機嫌が悪くなります。

機嫌が悪い女性は180度人格が変わるので、何を依頼しても声をかけても、相手に不愉快な態度をとるものです。

男性管理職がイチイチ気にしてしまうと、メンタルがやられてしまい、かえって仕事ができなくなります。

なかには、顔にも態度にも出さない女性もいますが、希少な存在です。

機嫌が悪いときは、そっとしておくのがベターです。

これは女性として生きる上で、どうしようもないことですから。

上司に提案してくるときは、大体は女性同士で相談したあとの「総意」である

上司に何か提案してくる女性は、上司との距離が近く話しやすい人を「相談役」に立てます。

しかも、女性同士はほとんど口裏を合わせており、お互いに相談済みです。

もし、そのような提案をしてきたら、「女性の総意」と受け止めて対処しましょう。

中にはコンプライアンスや常識を疑うようなことも、上司の様子や機嫌を伺いながら実行してくる人もいます。

フランクで話しやすい職場は大変良いことですが、中には悪意のある部下もいますので、気を抜かないことをオススメします。

どっしり構えよう

転勤や異動など、職場にになじむにはどうしても時間がかかります。

また、新しい仕事を覚えたり、人間関係を構築することにも時間はかかります。

最初の1年くらいは仕方ないものの、仕事に慣れたら「どっしりかまえる」ことも必要です。

浮足立っていると、何かと人から振り回されてしまいます。

真の実力を身につけよう

上司であるあなたが、異動や転職してきたばかりの状態では、指示・命令を聞き入れようとしません。

特に、自分勝手に行動したり、周囲との協調を乱したり、上司の指示を聞き入れようとせず、反発する場合は「上司をなめている状態」です。

ここでは決して怒らず、1年~2年はじっくり仕事を覚え、本当の実力を発揮できるまでのガマンです。

女性は「仕事のできる上司と認める」と上司に耳を傾け、従順に仕事をしてくれるようになるものです。

まずは、上司としての実力を身につけてからが勝負です。

以下の記事も参考になります。

ではまた^^

top image is Designed by Freepik

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

女性部下の「めんどくさい」「扱いにくい」を解消する19のマネジメント法
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス