仕事にのめり込むのは良いこと?自分の働き方を見つめよう

仕事 のめり込む

私は社畜は社畜なんですが、最近は以前の自分とはちょっと違うような気がしています。

仕事も毎日深夜まで1人でやっていることもありますし、出張で家にいないこともあります。

以前と違うのは、「それほど仕事にのめり込んでない」ということであり、「距離感を持って働いている」というそんな感じです。

もちろん仕事をやらないとかサボるとかではなくて、仕事はきちんとやりつつも、心までのめり込まないってことです。

ある程度、会社の自分とは距離感を持っている感覚です。

思い起こせば、去年(平成27年5月頃)は悲壮感が半端なかったのですね。あの頃には戻りたくないです。

もちろん、今も独立希望には変わりないですし、仕事も自分で出せる力以上の努力でやっています。

どちらも、楽しければどちらも良い結果が出せますし、過程も楽しいです。

徐々にですが、ブログの結果も出ていますので、どちらも楽しくなってきます。

キチンと距離を置きつつも、お互いに良い関係になれるという。

今回は私のように仕事にのめりこんできた結果として、組織に評価してもらいたいという依存状態になり、期待心が過剰になった結果報われず、最終的に燃え尽き症候群(バーンアウト)した経験を踏まえて、整理していきたいと思います。

仕事にのめり込んでも良い?私の経験からお話しします。今の心境と過去の自分を照らし合わせて、まとめていきたいと思います。

冒頭に書いていますが、私の経験から言ってものめり込むのは良くないという結論になりそうですよね。

でも、それはちょっと違うんです。その辺を突き詰めて考えていきたいと思います。

「見よ!あの頃の悲壮感を!」過去のブログから心境を振り返る

まずあのころの自分を振り返りたいと思います。

なぜ、ほとんどのサラリーマンは会社に行きたくないのか?を書いていた時は、一番キツかった頃ですね。

なぜ、ほとんどのサラリーマンは会社に行きたくないのか?

人のためにというよりは、自分のグチや思いを正当化するためにブログを書いていたように思います。

今冷静に見ても、ああやっちゃってるなーというのが分かります。

引用してみましょう。

でも、適正に評価されなくなったらどうでしょう。

理不尽な会社と思うはずです。

期待の裏切りを繰り返されることで、意欲のあるサラリーマンが抜け殻状態になり、モチベーションが低下し、意欲を失ってしまうのです。

結果、会社行くのが嫌になるのです。

ただ、多くの会社では、個性を認めることよりも、和を重んじるような同調と無個性を尊重する傾向があります。

これは、会社がどうのこうのではなく、和を重んじる日本文化ならではのものです。空気を読み合うのも日本文化です。

個性という出る杭が打たれないように、周りと同調しながら過ごさなければならないので、サラリーマンが嫌になっていくのです。

嫌だと思えばまだ良い方で、あきらめや仕事なんてこんなもんだ。みたいになってしまうと、社畜状態になっていると思います。

会社はガマンして行かなければならないというのは、私達の親世代から受け継がれた言葉です。

私はそもそもガマンするのが嫌なので上司に対しても、率直に意見を言ってきましたが、どうもそれだと周囲と上手くいかないのです。

それが、ようやく最近わかりましたが・・。

(引用:なぜ、ほとんどのサラリーマンは会社に行きたくないのか? – サラッと生きログ

きっつー。相当な悲壮感にあふれています。

でも、あの頃の脱社畜感による負の感情があってこそ、この「サラッと生きログ」を更新する原動力にもなりました。

このころは、ブログを楽しんで書くというよりは、

・とにかく数をこなすこと

・早く今の状態から抜け出すために、必死だったこと

・転職するにも自分が納得できるような案件がない

毎日毎日、重苦しい雰囲気をまとっていました。

あのころは、本当に仕事にのめり込んでいました。毎日残業をし、月間80時間~100時間くらいまで仕事をしていました。

次々に自分に降りかかる新規事業をこなすことと、期待感に答えようと必死で仕事をしていたように思います。

この頃は、webサイト関連で起業もしたかったのですが、仕事もそれなりに楽しかったので、まあ今はしょうがないか。とも思っていました。

燃え尽き症候群の記事を書いているときもつらかったですね。

私の燃え尽き症候群はこう治した!症状事例、回復、予防法まとめ

突然何もやる気がおきない・・バーンアウト症候群の初期症状まとめ

会社にのめり込むのは今すぐにやめよう

私は、仕事にのめり込んで結果的に良かったと思っています。できれば、人生に1回は経験しておいても良いかもしれません。

というのも経験しておいた方が、後々自分にブレーキをかけやすいということとも言えます。

組織というのは、自分のがんばった結果や実績があっても、人が評価をします。

昇進はタイミングや年功序列、あいまいな評価基準という、ダイレクトに実績が直結しない色々な事情があるものです。

自分なりの仕事の向き合い方は、

・評価されるため

・給料を上げるため

・のし上がるため

という思いを持っている場合は、仕事にのめり込むほど思い通りの結果が出ないと、報われない哀れな自分が顔を出します。

きちんと自分が出した実績や結果に対して、報いてくれる組織であれば良いのですが、多くは自分の思い通りにはならないものです。

なので、組織にもよりますが、仕事に対してはある程度距離感を持って付き合った方が良いというのが、私の経験からも言えます。

サラッとまとめ!

では、まとめていきましょう。

・仕事にのめりこむのは、人生一回くらいはあっても良い。

→ その方が自分の限界を知ることができる

・自分が出した結果や実績は、自分の次のステップのために記録管理しておくこと

→ もちろん、転職活動に役立てるため。実績は具体的に数字で表現できるようにしておく。

・結果に報いてくれない組織には、過大に期待をしないこと。

→ 距離感を持って会社と付き合おう。会社には色々な事情がツキモノと思って間違いない。自分を納得させるべし。

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

仕事にのめり込むのは良いこと?自分の働き方を見つめよう
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

コメント

  1. ナミ より:

    サラトさんこんにちは^^
    ナミと申します!

    ブログランキングから
    お伺いしました。

    サラトさんの記事にすごく共感!

    僕もネットビジネスを始めたころ
    悲壮感にあふれていたので。

    のめりこんで期待して
    それでも思うような評価が
    でなくて会社を恨んで自分の
    無力さを痛感して。。。

    ですがネットビジネスと出会い

    自分の人生は選択できる

    ということを
    知ることができました。

    今は距離をもって会社と
    付き合っています。

    過度な期待をせずにだけど
    手は抜かずに自分にできることは
    しっかりとこなす。

    気持ちが、、
    だいぶ楽になりました^^

    改めて会社との付き合い方
    考えさせられました^^

    とてもよい記事
    ありがとうございます!

    これからもちょくちょく
    ご訪問させてくださいね^^

    応援してかえります!

    • けぴお サラト より:

      ナミさんこんばんわ^^

      私のブログはビジネス視点で考えれば、上手くいっているとは言えないと思います。

      でも、ブログは楽しいんです。自分の居場所の一つですので・・。

      これからも楽しくブログを書いていきたいと思います!ありがとうございます。