自宅のPCやスマホには、会社メールは転送するな!その理由とは

会社 メール 転送 しない

会社のメールをスマホやアイフォン、PCには、転送していますか?

私も以前は転送していましたが、今はやめています。

もちろん、セキュリティ上の問題もありますが、他にも理由があるのです。

テレワークなど、会社からスマホやアイフォン、PCを支給されていたり、業務として必要の場合は別ですが、職場でも仕事をし、自主的に休日に家でもメールを転送して仕事をするというのはやめた方が良いと思います。

仕事熱心な人ほど家でも仕事のメールを受信したいと思うはず。

でも、おススメしません。

私の経験を含めて、「会社のメールは自分のスマホ、アイフォン、PCには転送しない」ことについてお話ししていきましょう。

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス

メールの転送をやめた方が良いと思う理由

私は会社のメールを、自分のgmailに転送して使っていました。

自宅勤務や出張先で仕事をする場合は必要と思います。なぜなら、仕事をしているからです。

ただ、プライベートで休んでいる場合は、辞めたほうがいいと思います。

その理由をまとめていきたいと思います。

会社とプライベートの区切りがつかず、強いストレスを受ける

自分のスマホやアイフォン、PCに仕事のメールを転送すると、プライベートの区切りがつかなくなります。

家でも仕事をしている状態になり、強いストレスを感じます。

メールを見るたびに仕事を思い出すため、気が休まらないのです。

仕事熱心な人ほど、家でも仕事をしがちですが、徐々にメールを見ることが嫌になってきます。

私の経験上、管理職になっても同じでした。

管理職になると、さらに仕事が増大しますので、ますます仕事と家の区切りを上手くつけないと、ストレスで体を壊してしまいます。

転送はやめましょう。

感情が振り回される

会社では上司の指示を受けて、すぐにやらなければならなくなったり、仕事を中断することがありますよね。

自分自身で仕事コントロールできない立場の人は、メールでも上司の指示を受けることになるので、「感情が振り回される」ことになります。

メールで指示する側はストレスを感じませんが、受ける側はストレスを感じます。

職場では仕事モードになっているので、感情が振り回されても我慢できるものです。

ただ、家でもメールで振り回されたら感情的にツライもの。

以上の理由から「メールの転送はするな!」です。

疲れる

単純にメールをスマホ、アイフォン、PCに転送すると、疲れます。

仕事に対してモチベーションが高い時は、まったく疲れませんが、モチベーションが低い時はメールを見るたびウンザリしてきます。

自分自身のモチベーションによって疲れが左右されるため、いっそのことメール転送はしない方が良いでしょう。

会社でフルタイムでストレスフルな状態です。

だからこそ、家ではゆっくり休むことです。

ちなみに、自宅で仕事をしている経営者の方やフリーランスは、自分自身に全責任と裁量がありますので、サラリーマンとは違いメールによるストレスの受け方が違います。

ただ、会社員としての立場では、ストレスが過大となって非常に疲れます。

ぜひ、転送はやめましょう。

メール転送をやめて変わったこと

私がスマホにメールの転送をやめて変わったことは、

☑ 仕事に何の影響もなかったこと

→ 出勤し仕事をすることで十分処理可能なことが分かりました。

☑ ストレスから解放されたこと

→ スマホのメールを見て「締め切りが近い・・」「早くやらなければ・・・」という焦りがなくなり、ストレスを感じることが無くなりました。

☑ 休日でリフレッシュできるようになったこと

→ メールを見ることが無くなり、休日はリフレッシュでき、ゆっくり休めるようになりました。

私は以上のような経験をしているので、休日にメールを転送しない方が自分にとっては良いと思っています。

今後も転送することはないでしょう。

世界各国の状況

では、世の中の動きはどうなっているのでしょうか。

情報を集めてみました。

米ギャラップ社の調査によると、労働者の36%は仕事のメールを頻繁に見ると回答

アメリカの世論調査会社で精度が高く、有名なギャラップですが、労働者の働き方調査を行ったところ36%は仕事のメールを頻繁に見ているとのこと。

8割の人は便利と思う一方で、弊害もあるようですね。

それが「仕事のメールがストレスになる」ということです。

日本のビジネスメール協会の調査でも、2010年から2015年の5年間で、タブレットは10%、スマートフォンでも20%ほどメールを見ている人が増えています。

調査によって便利だと思う一方でストレスを感じ、心が休めない状況にあることが分かります。

これで、私だけ感じているわけでは無いんだなと分かりました。

フランスでは、時間外のメールは対応義務がないことが協定されました

一方でフランスでは、時間外のメールは対応の義務がないとの協定が締結されました。

もし、時間外にメールをすることとなれば労働時間と認められ、給料が発生します。ということは企業は削減に転じるハズ。

これによって、18時以降は携帯電話の電源をオフにすることとされたようです。フランスでは、労働者の権利保護が強い国のようです。

この辺は、cul-onさんも参考にさせて頂きました。

仕事の熱心さゆえに「自ら共有設定はしない」ようにした方が良いと思います。

以上、「自宅のPCやスマホには、会社メールは転送するな!その理由とは」でした。

ではまた^^

▼「休み方」に気を配り、メリハリをつけていきましょう!

top image is Design vector created by freepik – www.freepik.com

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

自宅のPCやスマホには、会社メールは転送するな!その理由とは
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス