残業しないで定時で帰宅!現役管理職が編み出したチームの定時退社方法まとめ

2019年4月1日から「働き方改革関連法」が施行されました。

簡単に言いますと、

残業時間が月45時間、年360時間が上限値(原則)に設定。

ということです。

その他にも、有休休暇を5日取得させなければならないことや、正規社員と、非正規社員の不合理な待遇差の禁止などがありますが、今回は省略します。

ちなみに、私は「就職氷河期世代」であり、社会的には大変な状況で会社員人生をスタートしました。

当時は、ダラダラ残業や理不尽な働き方が蔓延していました。

反対に、私は入社当時から残業が嫌いだったこともあり、「先輩同僚の仕事を大量に引き受けても良いし、成果も上げるので早く帰らせて欲しい。」と発言し、周囲を困惑させたこともありました。

そのスタイルを持っていたので、組織内部では衝突が激しかったように思います。

でも、私は仕事を極限まで早くこなし、残業をほとんどせずに定時退社してきました。

今回、2019年4月1日から働き方改革関連の法律施行にともない、私としては何も困惑することなく素直に受け入れたように思います。

今は、管理職としてどうやったら残業を減らすことができるか、当事者の立場にあります。

私が管理職として仕事をする中で実践した方法を、かなり突っ込んで具体的にまとめていきます。

ではいってみましょう^^

スポンサーリンク

基本的スタイルや考え方

まずは、基本的なスタイルや考え方から説明していきます。

仕事の中でムダ話も少しできる時間も作りつつ、生産性を上げて笑いながら成果を出すという方針を立てる

現代のサラリーマン社会には、違和感を覚える方も多いと思いますが、私の考え方は以下のとおり整理しています。

・極限まで仕事を効率化させることで、時間が生まれる。

・その時間は「ムダ話」にあて、人間関係を円滑にする。

・もう1つの時間は、考える仕事や前向きな仕事(新規事業、アイディア構築、企画)に頭を使う。

・1年を通せば、生産性が上がり業績は上がる。

という考え方であり、方針です。

だからこそ、「笑いながら結果を出す」ということが言えると思います。

取りたい時にとれる有休

有休はとりたい時にとれるように、仕組みを変えます。

職場で思うように有休がとれないということは、

・仕事の配分や仕組みが間違っている。

・組織として仕事が機能していないか、どこかに欠陥がある。

・人間関係が悪化している。

人手不足の場合も、もちろんあるでしょう。

ただ、子供が風邪を引いた、家庭内の急用、子供の授業参観など、どうしても休まなければならない場面があります。

そんな時に、気兼ねなく有休をとれるようにしていきます。

管理職が残業を減らす意思が無いと、残業は絶対に減らない

管理職が「残業を減らしたい」という意思や意欲が無ければ、部署の残業は絶対に減りません。

ある程度トップダウンの意味合いが強いからです。

というのも、部下の中には、

・給料が少ないので残業して稼ぎたい。

・家庭内に問題があり、家に帰りたくない。

という部下もいます。

ですので、定時で仕事を終わらせるという気持ちが薄く、ダラダラ仕事をしがちです。

だからこそ、管理職が強い意思を持って残業を減らすという気持ちが無いと、絶対に減らないものなのです。

合理的に仕事を進めないと残業は減らない

私が就職したのは、就職氷河期時代です。

当時は、合理的な働き方は一切無く、現代よりも非合理な面が多かったように思います。

例えば、

・仕事以外に必要のないことを強要する

非合理な面では、意地悪やイジメも同じです。

生産性が減少すること念頭に

・仕事をしながら、常に効率よくしながら

具体的な方法

・残業代は払えないので、徐々になくしていきます。と宣言

付き合い残業をする雰囲気(忖度)から部下が解放される

反対に少しでも残業したい部下(収入アップ、仕事を覚えたい、家族問題)を望む部下は不満を持つ。

残念だが残業規制がある以上は、悠長なことは言ってられない

・役割と担当を明確にする

・管理職が仕事のレールを敷き、部下ができるように難易度を落とす

平社員やパートに効果がある

自分で考えたい部下(レールを敷きたい部下)や役職を持つ人は不適合

・朝早く出勤する

・生活がだらしない部下は、仕事もだらしないのでいつまでも会社にいる。リセット。

・即決で判断する

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

NO IMAGE
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス