課長の「上司として感情的にならない」7つの技術

上司 感情的 ならない

課長に昇進したものの、いつも感情的になってしまい、チームの運営に支障が出ている・・・。

課長の感情的な浮き沈みは、部下を疲れさせるだけでなくチームの生産性の悪化にまで発展するものです。

私の経験から、課長が上司として感情的にらない7つの技術を説明していきたいと思います。

それではいってみましょう!

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
スポンサーリンク

課長が感情的になるのはコミュニケーション不足から起きやすい

感情的になりやすいのは、部下とのコミュニケーション不足が原因です。

なたからの一方通行や部下からの一方通行が多くなり、意思疎通ができず、思い違いや勘違いが増幅し感情的になっていきます。

コミュニケーション不足を解消するためには、上司側から積極的に話しかけるしか方法はありません。

部下からの会話を待っていては、コミュニケーション不足が解消されることはありません。

コミュニケーションの始まりは、

☑ 挨拶をきちんとする

☑ 返事をする

☑ 声をかける・フォローする

以上がスタートです。

ぜひ、初めの一歩を踏みだしましょう。

物事は多面的で表裏があることを知っておけば、感情的にならない

課長が感情的になる場面は、何かマイナス面の出来事が発生したときです。

具体的には、

☑ 普段ミスをしない部下がミスをした

☑ 部下が声を荒げて意見をする

☑ 何もしていないのに、機嫌が悪い

目の前のことをそのままストレートに受け止めるのではなく、「今日は何かあったのかな?」、「今日は機嫌が悪いけど、体調が悪いのかな?」という裏面を見るクセをつけてみましょう。

多面的な視点を持つことで、感情的になることが無くなります。

もちろん、その後は様子を見ながらコミュニケーションをとっていくことで、自分の中の思い違いを解消していきましょう。

大事なのは、「様子だけでは判断しないこと」です。

様子だけですべてを判断すると、コミュニケーションミスが生じるために「相手のことを分かっていたつもりが、実は全く分かっていない」という状況につながります。

曖昧に指示すると、部下は曖昧に仕事を進めてしまうもの

部下に対する曖昧な指示は、望まない結果につながりがちです。

望まない結果になると、自分が思い描いていたものと違うものになってしまい、結果、感情的になるのです。

曖昧な指示ではなく、的確な指示を意識するようにしてみてください。

的確な指示をすることで、思い違い、行き違いが無くなっていきますので、感情的な場面は減少していきます。

ただし、部署異動したばかりや、課長に昇進したばかりではなかなか難しいと思います。

徐々に仕事を覚え、的確な指示につながるよう意識していきましょう。

感情的になってしまったときに冷静になるコツ

感情的にカーッとなったときは、

☑ 「キレたら負け」と頭で唱える

☑ 一旦席を立つ

以上で、冷静さを取り戻しましょう。

私の経験上でも一度キレてしまうと、人間関係の修復が面倒だからです。

注意しなければならない時は、冷静さを取り戻した後にすると良いでしょう。

ただ、我慢の連続はストレスを増大させ、免疫の低下や病気につながります。

同じことが繰り返されると、また感情的な場面が訪れるだけですので、伝えるべきことは伝えましょう。

それが、冷静な状態であれば良いのです。

感情的にならない働き方

長時間労働が続き、疲労やストレスがたまっていくと、心に余裕を持つことが出来なくなります。

心に余裕がなくなれば、イライラし感情的になることが増えていきます。

課長は非常に忙しい立場ですが、長時間労働は避けるようにしてみてください。

私がいつも言葉にするのは、「課長であっても管理職であっても1人の人間」です。

他にも感情的にならない働き方として、

☑ 部下や上司に過大な期待を持たない

☑ 客観的に自分を見る(自分の感情の揺れ動きを客観視する)

☑ 適度に休憩を入れる

☑ スケジュールを詰め込み過ぎない

☑ 笑うことを意識する

どれも、身体的、精神的に余裕を持つためです。

以上が、上司として感情的にならない働き方のポイントです。

感情的にならない休日の過ごし方

課長が上司として感情的にならないためには、意識的にリフレッシュすることです。

管理職になると、自分に裁量がありますので「働き放題」になります。

ただ、意識的にはストレスを感じていないつもりが、いつの間にか体や精神がボロボロの状態になることもあるのです。

私の経験では、「体と精神を休めるために意識的に休む」ようにしています。

いつでもオンの状態では、後から疲れがジワジワとやってきます。

休日の過ごし方としては、

☑ 平日と同じ時間に寝て、同じ時間に起きる。睡眠は削らない

☑ バランスが良く、美味しい物を食べる

☑ ジムで運動をする

☑ 趣味に打ち込む

☑ 本を読み、ゆったり過ごす

どれも、休日で心と体の健康を取り戻し、感情的ならずに平日にバリバリ働けるようにするためです。

自分に自信が身に付くと感情的な自分はいなくなる

感情的にならない方法は、自分自身に「自信」があることです。

異動したばかりや課長に着任したばかりの頃は、仕事の進め方がわからなかったり

、部下のマネジメントに苦労する時期です。

自分の思うような成果もなかなか出せず、感情的になりがちです。

ただ、年月が経ち経験が積み上がってくると、仕事が上手く回せるようになります。

仕事が上手く回ると成果も出るようになりますので、感情的な自分はいなくなります。

少しずつ自信を付けていきましょう。

以上、『課長の「上司として感情的にならない」7つの技術』でした。

ではまた^^

課長・管理職の役割や仕事術をまとめたページを作りました!

課長の役割と仕事術まとめ

部下や上司との人間関係、問題やトラブル、課題、新規事業、人材不足による長時間労働など、多岐にわたる問題にお役立ていただければ幸いです
(※この記事も掲載しております。)

▼感情的にならない方法を身に付けましょう!

top image is Abstract vector created by pch.vector – www.freepik.com

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

課長の「上司として感情的にならない」7つの技術
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス