私の燃え尽き症候群はこう治した!克服・回復方法をまとめるよ

燃え尽き症候群 回復 克服

私が「燃え尽き症候群」(バーンアウト症候群とも言います)を自覚したのは、平成27年5月22日です。

症状は、気分がふさぎ、抜け殻のような状態や落ち込みがひどくなりました。

最終的に医師の診断を受けたのは、燃え尽き症候群を自覚してから1ヶ月月経過してからです。

私は燃え尽き症候群を発症し、回復してからすでに数年経過しました。

今はまったく別人のように明るく元気に過ごしています。

この記事は、私が燃え尽き症候群になってから、具体的にどのように克服・回復できたかを克明に書き記したものです。

燃え尽き症候群は、そのままにしておくと「うつ病」に発展する病気です。

このページであなたが抱える状態を、解決することができれば嬉しく思います。

それでは、まとめていきましょう。

燃え尽き症候群を回復・克服するための7つの行動と考え方

私が燃え尽き症候群を発症した時に、実際に行った行動や考え方を7つのポイントでまとめていきます。

完全に回復するまでは最低でも4ヶ月はかかった。早目に処置をしよう。

私は燃え尽き症候群から、完全に回復するまでに実質4ヶ月がかかっています。

4月に徐々にやる気がなえ始め、マイナス思考(あれば自分のせいだ、自分が悪いからだ、自分はダメな人間だ・・など。)が頭の中を書け巡り、5月の連休前には「軽度うつ」かもしれないと思うようになりました。

そして、5月の連休が終わったと同時に「燃え尽き症候群」を自覚しました。

その頃の気持ちは、

・会社に行きたくない・・

・自分はもうダメだ・・・

・転職したい・・・

・やる気がない・・・

・自分はなんてダメな人なんだ・・・

という、「思考の負のスパイラル」におちいっていることに気づきました。

以前も働きすぎて「うつ病」(軽度)になったことがあるので、すぐに同じような状況だと気づきました。

色々な対策を行って、燃え尽き症候群の症状や気分の落ち込みがなくなったのは9月に入ってからです。

実に回復まで4ヶ月かかっています。

以下の記事は、完全に自分が元気になった喜びをかみしめながら書いた記事です。

時間が経過するのが楽しみに思えるのは、大人になって初めてだと思う 

以上のことから、精神的な症状は目に見えないだけでなく、自覚するまでに時間がかかります。

家族や誰かから言われて、初めて気付くこともあるでしょう。

燃え尽き症候群は、早目早目の処置で治しましょう。

気持ちを書き出すために「日記」や「ブログ」を書こう

燃え浮き症候群になりやすい人は、息の抜き方が分からず、ストレスを抱え込んでしまう人が多いように思います。

私が実際に行った方法は、気持ちの整理をすることでした。

具体的には、今自分は何を思っているのかを文字化し、文章としてまとめていくことです。

他サイトさんを紹介させていただきますと、

記述治療の研究によると、文章を書くことは人間にとって色んなメリットがあるとか。

嫌な体験やモヤモヤした感情を文章として書き著すことで客観的に自分を眺めることができ、嫌な感情が整理される。そうするとストレスから解放されるということだ。

(引用:文章を書くと健康になるらしい – 田舎で底辺暮らし

私はこの「イキルメディア」というブログでした。(以前は、サラッと生きログというタイトルでした。)

公開したくないなら、日記でも良いです。

私は人に何かを伝えたい欲求が大きく、以前からブログを書いていたので、ブログにしています。

大事なことは、自分の思いをひたすら書くことです。

最初のうちは、本当の気持ちを隠すような文章が出てくるでしょう。

繰り返し書いているうちに、本当の自分の気持ちが現れて、余計な文章がそぎ落とされてスリムになっていきます。

そして、自分の本質や本当の気持ちに気付くのです。書かないと気づかないです。

さらに燃え尽き症候群の原因がはっきりと分かり、その問題を取り除くことができれば、燃え尽き症候群は回復します。

燃え尽き症候群が、きれいサッパリ回復したつもりになって、書いてみるのも良い方法です。

「もう元気になった!」「自分は大丈夫!」など。

いつの間にか元気になっています。

ブログを書きたい方で初めての方は、以下の記事が参考になると思います。

初心者でも5分でできる!はてなブログ(無料)の始め方

医者に薬を処方してもらおう。

燃え尽き症候群 薬

燃え尽き症候群で、うつ状態や抜け殻状態が2週間以上続く場合は、医者に行くことをおススメします。

私も実際にメンタルクリニックに行き、薬を処方されて治療できたと思います。

心療内科(メンタルクリニック)は男女かかわらず、普通のビジネスマンも、学生も数多くいます。それだけ精神的にまいっている人が多いことが分かります。

参考までに、以下の表は社会実情データ図録さんから、引用させていただきました。

うつ患者 数

(引用:うつ病・躁うつ病の患者数 – 社会実情データ図録

グラフを見て分かるように、2014年現在で約1,00万人がうつ病に悩まされています。

数全人口でいえば、120人に1人いることになりますが、医者にかからない方も数多くいるので、もっと数は増えるとの見解もあります。

メンタルクリニック(心療内科)の通院に抵抗がある人がいますが、別に変なことじゃありません。

元気になるならそれが一番。メンタルクリニックも一般的になってきました。

一番ダメなのは燃え尽き症候群を隠し、ガマンしすぎて悪化してしまうことです。

それは、自分でリスクを作っているようなもの。

症状が出ているうちは、正常な判断はできないと思います

でも、「自分は健常者だ!」という勝手なプライドを持つよりも、プロの手を借りて治した方が絶対に良いです。

実際に治りも早いです。

私は燃え尽き症候群1回、うつ病2回を発症していますが、医者の手を借りて完全に回復しています。

ただし、お医者様も色々な方がいますので、知人や友人の紹介があった方が安心感がありますし無難です。

転職したくなるが、回復を待ってから動いた方が良い。

燃え尽き症候群は、今の職場からどうしても抜け出したいという強い衝動が生まれてきます。

私は実際に行動を起こすまでは多少時間がかかりましたが、いざ動き出すと、行動を起こしている自分に満足していました。

ただ、今は転職をするよりも回復に専念した方が良いです。

症状をわずらったまま、転職をするのはやめた方がいいです。

ただ、どうしても会社を辞めたい場合は、私のようにあらゆる転職サイトに登録しておき、回復したときに行動に移すのが良いと思います。

参考までに、その一例を挙げておきます。

転職サイトも多種多様ですが、知名度があり、メジャーなサイトに登録する方法が良いと思いますし、提携企業の多いサイトに登録すると良いと思います。

私はキャリコネ転職サービス や、リクナビNEXTなど、数社に登録しました。

私も燃え尽き症候群を発症した際は、毎日スマホで求人情報を検索し、ハローワークに通い、相談もしました。

ただ、エージェントから声がかかったとしても、まずは回復を待ってから行動に移しましょう。

休暇を取って心身を休めよう。

例えば、土日を混ぜて2週間くらい休むことができれば、その方が治りが早いです。

私はうつ病もわずらったことがありますが、その際も夏季休暇と薬で治しました。

無理に職場に行くよりも、家でゆったり過ごす方が良いです。

ぜひ、上司に相談してみましょう。

サラリーマンは長いキャリア人生です。

今無理して後々働けなくなったら困るのは、あなた本人でもありますし、家族でもあります。

ぜひ、休んでください。

仕事の生産性は普段の半分以下で「良し」としよう。

仕事をどうしても休めない場合は、仕事のペースを落としてみましょう。

というのも、燃え尽き症候群を発症すると、仕事の生産性が半分以下になります。

手作業、足作業を伴わない「知識・交渉ベース」の仕事なら、さらに生産性が落ちます。

さらに意識的に生産性を落とすことによって、1日に必要な体力を温存することができます。

今まで熱が入り過ぎた仕事への向き合い方を、トーンダウンさせるとも言えます。

燃え尽き症候群の症状はつらいので、仕事のペースを落として自分を休ませましょう。

例えば、あなたの努力が周囲に理解されていれば、誰も文句は言わないと思います。

定時ですぐに帰ろう。

私は燃え尽き症候群になるまでは、ほぼ毎日夜8時、9時まで残業していました。

平日に3~4時間くらいの残業ですので、月に60時間~80時間です。

その中で、新規事業など、道を自分で作る仕事を複数持ち、責任者不在の中でリーダーとして働くのは大変ストレスがかかっていました。

これは、残業時間の多さではなく責任が過大な中で「熱を入れすぎて働いた結果」と思っています。

発症前後は、定時で即帰るようしました。

そうしないと、体が持ちません。

すぐに帰りましょう。

休日は家で何もしない。寝る、食べるでとにかく休もう。

休日は何もせず、休むことに専念しましょう。

私も寝る、食べる以外はほぼ寝て、ひたすらボーっとしていました。

私はジョギングが好きでしたが、運動もする気力も起きませんでした。

誰とも会いたくない、話しもしたくないとう状態にもなりました。

燃え尽き症候群は、うつ病と似ていますね。

それも良しとしましょう。

エネルギーが落ちている時は、何をやったって上手くいくはずありません。

体をできるだけ動かさず、薬を服用し、寝ていれば、そのうち元気が出てきます。

記事の続きはこちらです

記事の続きは、私の燃え尽き症候群はこう治した!症状事例、回復、予防法まとめ(その4)です。

(その4)では、燃え尽き症候群を発症しないため、未然に防ぐための考え方、思考方法、働き方をまとめています。

前回の記事は、私の燃え尽き症候群はこう治した!症状事例、回復、予防法まとめ(その2)です。

(その2)では、私が実際に経験した具体的な、燃え尽き症候群の症状をまとめています。

今回と同じような記事で「うつ病」になった時の対策記事をまとめています。

仕事でうつ病になり、やる気起きが起きなくなった時の対処法

この記事は、以下のまとめページに掲載されています。

あなたの症状を回復できる記事に出会えると思います。参考にしてみてください。

燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)の回復方法・克服方法まとめ

The following two tabs change content below.
けぴお

けぴお

ブロガーイキルメディア・ラボ
新しい【生き方】×【働き方】を探求する「イキルメディア」の運営者。ブログメディアを運営しつつ、㈱KADOKAWA(角川出版)新ウェブメディア「スタディウォーカー」への寄稿や英国Adapt Worldwide社のプロジェクト参画、電子書籍出版など幅広く活動を展開中。ブロガー、ビジネスマン、アーティストで「人生アートに生きる」がモットー。 >>詳しいプロフィールはこちらです
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

私の燃え尽き症候群はこう治した!克服・回復方法をまとめるよ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス