係長10年、課長2年を経験した私が「課長と係長の違い」を説明するよ

課長 係長 違い

私が課長と係長を経験し、学んできた実体験から「課長と係長の違い」をリアルに解説していきます。

スポンサーリンク

係長はリーダーであり、課長はマネージャーである。

係長は「リーダー」です。

誰も嫌がることや課題解決のために率先して仕事をし、チームの旗振り役になります。

頼れる兄や姉のような存在が「係長」です。

係長の上司に、課長代理や課長補佐がいれば課長の補佐はしなくても良いですが、いない場合は「課長を助ける頼れる存在」になります。

ところが、課長は全く仕事が違います。

課長は、数字をベースに部署の目標計画を立て、どうやって目標達成できるかを考え、部下に実行させる立場にあります。

達成できなければ、どんな問題があり、今後どうすれば良いのか考えなければなりません。

係長は、リーダー(自ら率先して行う)の役割
課長は、マネジャー(数字を計画に落とし込んで、人を動かす)の役割
仕事と役割が、根本的に違うことが分かりました。

「係長の役割」は、以下の記事で分かりやすくまとめていますので、参考にしてみてください。

参考  係長・主任になったら知っておきたい役割「5つのルール」

係長の視点は「自分の仕事が中心」であり、課長の視点は「経営者そのもの」

係長は、部署の担当者レベルの視野で仕事をします。

自分の仕事が中心となります。

一方で、課長の仕事は「経営者そのもの」です。

自分の部署のことだけでなく、組織全体の動きが分かるようになります。

面白いもので、管理職の会議や取締役会議など、全体会議に出席しているだけで、課長の視点が手に入ります。

ただし、立場が勝手にそうさせるだけですので、自分の力を過信しないようにしましょう。

係長は「好かれ、頼られる存在」であり、課長は「嫌われ、煙たがられる存在」である

係長は管理職ではなく、一般社員側の存在です。

だからこそ、部下から好かれるリーダーであり、頼られます。

反対に、課長は仕事を部下に割り振り、仕事をさせ、結果を出す立場にあります。

仕事ができなければ、できるように仕向けさせなければなりません。

課長はリーダーには不適当です。

なぜなら、仕事はやって当たり前。できて当たり前。

もし、率先して仕事をしていても、心を動かされる部下はいません。

シラけて見ているだけです。

課長は管理職なので、部下からすれば「煙たい存在」なのです。

係長はプロセスや行動力で評価される。課長は数字に表れる結果がすべて。

係長は、仕事のプロセスや行動力も評価の対象になります。

どれだけ課題の解決にチャレンジしたかも、プラスの要素になるでしょう。

ただし、課長は月次、年次、決算期で出る数字がダメなら、×評価でしかありません。

なので、課長は職務的、技能的にも能力値が高く、部下の能力を客観的に把握して動かす力が無いと厳しいと思います。

私も発展途上です。

何度くじけそうになったか分かりません。

部下の面倒を見るのが係長、部下を冷静に評価しているのが課長

係長は、兄貴的で頼れるリーダーです。

部下の面倒を見ながら、叱咤激励しつつ仕事を進めます。

部下からプライベートな面で相談されたら、部下から慕われている証拠です。

その反面、課長は多面的に部下の能力を把握し、常に評価をしています。

自分が立てた目標に向かって仕事をし、結果を出してくれれば「最高の部下」になります。

反対に、期待値よりも低く、能力も低く、仕事もロクにせず給料だけもらっている部下は「不要」と思うようになります。

部下の様子を見ながら仕事を依頼するのが係長。ポーカーフェイスで冷徹に仕事を振るのが課長。

係長はリーダーとして、部下の面倒や様子を見ながら仕事を依頼します。

共に協力し、時には叱咤激励をし、目標に向かって走ります。

ところが、課長はそんなことをしている暇はありません。

難題や問題が次々と発生するため、悠長に仕事をしていれば、いつになっても仕事は片付きません。

私は課長になってから、夏季休暇などの連休はとっていませんし、毎日一番に出勤し、夜遅く帰ります。

肉体的、精神的に自分の身が危うくなります。

そうなると、ポーカーフェイスで冷徹に仕事を投げなければ身が持ちません。

係長は第一の壁。課長は最後の砦(とりで)

問題やトラブルが起こったとき、係長は第一の壁になってくれます。

係長で解決できることは、係長が判断して解決します。

係長が判断できなければ、課長代理や課長補佐が判断します。

そこで判断できなければ、最終的に課長が判断します。

つまり、課長が最後の砦なのです。

課長が判断する案件は、結構ヘビーな状態になっている場合が多いです。

係長が有能であればあるほど、課長に上がってくる案件のレベルが高くなります。

top image is Designed by Rawpixel.com

スポンサーリンク
ブログ用アドセンス
ブログ用アドセンス


お仕事依頼はこちらから

係長10年、課長2年を経験した私が「課長と係長の違い」を説明するよ
この記事が気に入ったら、いいねして今後の記事もチェックしよう!
こちらも読まれています
関連記事
スポンサーリンク
ブログ用アドセンス